柄目木庵

良寛さまに思いをよせながら。

我が家のスターたち

2017年05月12日 | 日々これ好日
 
世間では、もう夏日が続いていたりしていますが、越後では雨もやみましたが曇り空です。明日はよいお天気のようです。

 この時期ご近所の、いずこのお宅でも見事な花の季節を迎えています。
我が家の庭も、ツツジやコデマリなど、その美しさ豪華さを競っているようです。








 我が家では、毎年「ベゴニアとマリーゴールド」が選ばれて花壇を飾ってくれます。
さすがに連作、連作で土も疲れたようで、今年は土を入れ替えてあげました。やがて根も活着してくれることでしょう。




 やがての登場を準備中なのは「アルストロメニア」です。散歩途中に見かけて根を分けていただいたのですが、毎年領土を広げています。


 私の足の不具合を心配して、お友達からいろいろと親身にアドバイスをいただいていました。
その一つが「温泉療法」です。じつは、「新津川の遊歩道」に沿ったところに「新津温泉」があります。
石油掘削時に温泉が湧き出たもので、かなり昔からあって、その道の人たちの間では結構有名な穴場のようです。
以前から承知をしていたのですが、いままで利用する気持ちも機会もありませんでした。

 昨日の午後のことでした。近くを通ったので、思い切って飛び込んでみました。
超古い「湯治場」という風情の家屋がそれでした。¥400を払い、ギシギシと鳴る廊下を通りました。脱衣所も湯船も前世紀の遺物のようでした。
湯船に身を沈めると、2人の先客が入っていました。ひとりの方は三条市からきましたよ、と言うことでした。
温泉の湯はかけ流しなのだそうですが、この日は「清掃のため」とかで、湯は出ていませんでした。
湯は、強烈な石油の臭いがします。熱からずぬるからず、私にはちょうどいい湯加減でした。全身がぬるぬると言う感じとなりました。
途中から半身浴として、足腰を温めました。いやー、もうほんとに温まりました。

 家に帰り着いても体中に石油の臭いがプンプンでした。もっとも、せっかくなので「温泉の薬功」を信じて、洗い流さずにそのままの体で湯上りでした。
何はともあれ、ときどきは利用してみようかな、そんな気持ちになっているところです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 牡丹の花 | トップ | 新緑を愛でて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。