柄目木庵

良寛さまに思いをよせながら。

舞子高原にて

2017年06月19日 | 旅行など
 
16日(金)、「国営越後丘陵公園」での撮影の後、「関越道」を「塩沢石打IC」まで走りました。

 以前にも、おじゃましていたのでスイスイと若者のメッカ「舞子高原」に到着。
スキーやスノボーのシーズンには若者天国でしょうね。しかし、この季節、静かなものです。






 ホテルにチェックインしたら、何と受付には行列でした。そして、シニア、シニア。
この季節、ホテルの宿泊客はシニアばかり。この時期、ホテルの経営を支えているのは、我ら年配者なのだと気が付きました。


 温泉も楽しみ、やがて夕食時、ここでもビュッフェ(バイキング)式でした。
こんなところまできて「お刺身」と言うのもなんですが、私の大好物なので余計目にいただきました。
地元「八海山酒蔵の焼酎ハイボール」で乾杯。そして、もう一度温泉入浴、おやすみなさいとなりました。








 朝方、カーテンの隙間から強烈な朝日が差し込んで早々と目が覚めました。


 さてさて、せっかくの「お出かけ」ですから、帰り道はどのようにと考えましたが、近くに「雲洞庵」があることに気づきました。
何度か、おじゃましていましたが、いつも「秋の雲洞庵」でした。「新緑の雲洞庵」はどうでしょうか。写欲がもりもりとなってきました。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花の季節4 | トップ | 雲洞庵にて1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行など」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。