とーびょうヲヂさんの好きなマンガたち

元うつ病&現パーキンソン病(笑)のヲヂさんの好きなマンガと闘病(豆苗ではない)記録を徒然に書き綴ってます

余談,というか・・・

2016年09月30日 23時38分20秒 | 本音
そろそろそういう時が来たようなので書いておきたい.

私が自死を選んでも,決して病気が原因ではない.

最近,パワハラが激化してきて,耐え切れなくなっている.
ある日衝動に駆られて自ら死を選んでも,それはパワハラが原因である.

私は,まだまだパーキンソン病と闘う意志はある.
むしろ,若年性なら完治とはいかなくても,進行を遅くすることは可能であることを実証したいと考えている.

しかし,周りの環境がその猶予を与えてはくれない.

思い返せば,就職した段階から変だった.
初めの契約内容が反故にされて,違う業務を押し付けられた.
ボンボン育ちの上役は,やんわりと私を追い詰めて行った.
挙句の果てには,昇進を楯に仕事を押し付けようとした.
しかし,慣れない仕事に残業が続き,私はうつ病になった.

もちろん,上役には内緒にした.
今ならありえないが,ばれたら辞めさせられる時代だった.

結局昇進を捨てて,できるかぎり9時5時勤務にした.
生きることを選んだ.

上役が定年退職した後,少しずつうつ病は治っていった.

しかし,新しい上役は陰湿な人物だった.
そして今は組織が変わったが,やはり上役は陰湿で執拗にハラスメントを繰り返している.

そんなストレスばかりの生活で,パーキンソン病が判明した.
ストレスが関係しているのだろう.

人間は進化した結果,巨大な脳を獲得した.
しかしその代償として,うつ病やパーキンソン病になるのであれば,これ以上の進化はありえないだろう.

そして,そろそろ時期が来た.
そろそろ私自身がストレスに耐えられなくなってきた.
近いうちに自死を選ぶだろう.

その原因は,職場の上司たちであり,病気が原因ではない.
上司に送ったメールや上司からもらった理不尽なメールは全て転送してある.
私の死後にプライベートメールやフリーメールを開いてみれば,経過はわかる.
それと文書類はスキャンしてあるので,それをつなげばどういう仕打ちを受け続けていたかが明確になる.

できれば,どこかのマスコミが拾ってくれることを切に願う...





ジャンル:
職場
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パーキンソン病(笑)という... | トップ | 当時の症状 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。