♪高校生のブログ♪柏発信

YouTube=chako3491&「高校生の歴史」

かれらは限りなくAnglo-Saxonの社会に誘導している【これに協力する日本政府である】

2017-05-05 19:12:06 | 新興宗教科学教
かれらは限りなくAnglo-Saxonの社会に誘導している【これに協力する日本政府である】

かれらは必死にAnglo-Saxon優位社会に向かっている だから日本の女の子は金髪にし、栗色の髪にし、必死にマイケルジャクソンになろうとしている
 しかし白人に言わせると日本人がこのような努力をしても南米の混血女性にしか見えないということ Anglo-Saxonが力を持っており美人の基準もAnglo-Saxon女性である ま、こんなもんだ! 昔はふっくらとした女性が美人だったが今ではツイギーのガリガリが美人だという?食事が豊富になって太りさんが多くなり細目が美人となったことらしい?

 Anglo-Saxonとは喧嘩しちゃダメだよ?というお方もいるがAnglo-Saxonはユダヤ=キリスト教に洗脳されており俗姓(カネ、物)そのものが身についてしまった(精神は全くない 人類生まれての霊性をこわされた=唯物論)、それに肉食であるので攻撃性がギンギンになってしまった! 肉食は攻撃性を増すことは間違いないらしい?

 太田龍氏は牧畜がいけない!と言っている しかし彼らの環境が牧畜でないと食料を得られないのだ これが古代中東で生まれた種族の縠撃(こくげき こすれ合い)の中からうまれた習性である ギンギンのミーイズムである シナ人とウマが合うとはこのことなのだ

 しかしEUから英国が抜けると英語は公用語ではなくなる 英語はかつてのラテン語になる!のは遠い将来かもしれないがホントらしい?


東インド会社は海賊そのもの!
海賊そのものの彼ら 食物の乏しい土地で生活する彼らは略奪が本業なのだ
女王様の臣下への儀礼絵画 黒い貴族ヴェネチア憲法
彼ら黒い貴族はサイレンス・グループとも呼ばれている 姿形(すがたかたち)が見えないのである その起源はバビロニアにまでさかのぼる
スイスは彼ら黒い貴族の本拠地だ!と言われるのはホントのことらしい? 千年間も戦乱に巻き込まれることなく永世中立国などというタルムード<ひとをだますこと>をやっているからだ スイスの永世中立国を素晴らしい?と感激しているのは彼らのだましに引っかかっているのである
アメリカを支配しているのは黒い貴族である 黒い貴族とはなんだ? そのバックにはフリーメーソン、イルミナティ、無数の秘密結社が控えている これが黒い貴族である アメリカは建国当初から彼らの手の平であった 今でもそうだ アメリカは英国、イスラエル、の奴隷国家なのだ 白人研究者は「三百人委員会」と言っている その頭脳は英国チャタムハウスRIIAタビストック研究所なのだ 世の様々な出来事はこのタヴィストックがやっている 女王様が1946年に命令された「静かなる戦争」である
東インド会社は生きているのだ NWOなんてスピン(そらし情報)をやっているが・・・東インド会社による「新植民地主義」である 彼らの得意技は正体を隠すことだ
ロスチャイルド、ロックフェラー、は彼らの現場要員である 現場かんとくなのだ
黒い貴族を守っているのはフリーメーソン、イルミナティ、数かぎりない秘密結社である
英国崇拝者の国際組織は昔も現在も健在である そりゃそうだ?太陽の沈まないなんとか?と言われたからだ!
「ウィンザーという名称は1917年にジョージ五世が考え出したもの(ドイツと戦争するため)だが、彼らは単独で動いている訳ではない。影から、めまいのする程多くの秘密結社を操っていて、しかも、どの結社も互いに密接に絡(からみ合い、繋(つな)がっている。これが、一般に言われる「王座の背後にある力」である。」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かつての中国のように社会が... | トップ | われわれは闇の支配が正当化... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

新興宗教科学教」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL