♪高校生のブログ♪柏発信

YouTube=chako3491&「高校生の歴史」

イルミナティのトップになるには子供を殺さないといけないらしい?【ワシントンD.C.直轄プエルトリコ破産】

2017-05-09 18:22:43 | 新興宗教科学教
イルミナティのトップになるには子供を殺さないといけないらしい?【ワシントンD.C.直轄プエルトリコ破産】


<ベンジャミン情報>

・プエルトリコは株式会社アメリカ直轄の土地らしい それが破産した

・デトロイトが破産したがこれとプエルトリコは別物である

・かれらはどんどん処分(殺し)されている ソロスは影武者だろう?

・マルタ騎士団のトップはまだ残っている(中間指導者がここで選出された)

・外交は軍がすることになった これが現在イスラエルが不利になった原因

・北朝鮮有事があったが軍は戦争はしない!と決めている

・ブラックウォーターが中国の警備契約(どんなことかはわからない)を取得した 狼を番犬にするいい方法である

・麻生太郎と小沢一郎を首相にする動きがあるがそうはならないと信じている

・共謀罪は偽旗作戦グラディオ作戦の歴史があることを知らなければならない テロの定義がないことが問題で共謀罪には反対である 組織犯罪防止で国内任侠団体を潰したい目的がある 国内任侠団体は外国から入ってくるテロ(団体)の阻止力となっており、この阻止力を潰したいことがあるのではないか どうしてか?彼らが日本に入って自由に商売する目的がある かれらは任侠団体が邪魔なのだ

・世界を対立させて喧嘩をあおる話には付き合わないでほしい(=彼らの二元論(聖なるものとそうでないもの)) 半島とも親戚付き合い、中国とも仲良く、ということだ

・北朝鮮有事を図ったネオコン連中は次々をパージされている

・日本は5,000発の核弾頭を積んだミサイルを持っている(エリツィンが言ったこと)






 タルムードとは<ひとをだますこと>である カバラとは<悪魔学>という意味だ かれらの目的は経済的野望である ひたすら経済的欲望を満たすためにやっている これらはヴェネチアで行なわれた商人国家だ 彼らはヴェネチア商人国家を目指している  英国はヴェネチア憲法丸写し(英国には憲法がないと言われているがあるのだ それはヴェネチア憲法丸写しの憲法である)

 われわれは「多文化共生」を悪魔教宗教だとは知らなかった 多文化共生は宗教なのだ!多文化共生はゲッペルスの叫んだ人間獣化計画である 多文化共生は言葉を変えて民に人間獣化計画を示しているのだ! 黒人一種化である 政府がやっている多文化共生は信じられないがこんな恐ろしいことだ!
 ナアマ計画(ロスチャイルド)とは人間雑種化計画なのだ
 そしてとても信じられないことに昭和40年(1965年)から教科書に記載された【平等権】がこのゲッペルスの人間獣化計画ということがわかった LGBTは「獣化」という意味だ
 Nobody’sPerfectプログラム(叱らない教育)・CAP教育・フリーセル保育・同性婚・合同結婚式・おんぶでないけもの抱き(前抱きのこと)・出産直後の赤ちゃんの即時隔離、よくもまあ考えたものだ 悪魔教でしかなしえない!
 ケータイで電車に乗り支払いする そして今では時計で電車に乗れる 支払いもできる アメリカでは現金ではなく駐車場もカードらしい そう、この後に来るのは・・・手にマイクロチップ埋め込みだ! かれらは時間をかけて人間獣化計画を成(な)し(最初は【平等権】=長期的浸透洗脳)、マイクロチップによる電子マネー流通をアジェンダしている(自由に使える管理出来ない現金を無くすこと) 超管理社会(近未来小説「1984年」)だ

 地球を所有する力を有するかれらである(ローマ帝国よりでけえ!モンゴル帝国よりでけえ!のだ)
地球を「金持ち主義」に変えようとしているかれらである! 右も左も関係ない!金持ち主義だ
かれらは飼っているニワトリを使って地球を「金持ち主義」に変えようとしている! もちろんテレビ新聞マスコミもかれらに飼われているニワトリだ

 なお、王族が乳母教育をするのはいびつな精神(親の愛情欠落)を育(はぐく)む話がある ピザゲート(食人・幼児なんとか)の温床でもある
 かれらは合同結婚式で生まれた者を世にさらしている シールズとか、未来のための公共とか、ミス日本とか、活動家とか、議員もいるのだろう いろいろである かれらの成果(実力=地球を所有する力)を誇っているらしい?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千葉県松戸市北部市場が業務... | トップ | 日本を仕切っているのはCSIS... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

新興宗教科学教」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL