♪高校生のブログ♪柏発信

YouTube=chako3491&「高校生の歴史」

第二の森友学園の親戚加計学園には176億円あげたってよ〜っ!【彼らの麻薬血流=安倍晋三】

2017-04-04 16:12:53 | 新興宗教科学教
第二の森友学園の親戚加計学園には176億円あげたってよ〜っ!【彼らの麻薬血流=安倍晋三】


加計学園に176億円あげちゃった! しんせきだもんね?




岸信介の外孫(そとまご) 加計孝太郎さま
 妾の孫らしい?
 安倍晋三にとっては鼻高々だったんだろう? なにしろ親戚に錦の御旗を飾ったのだから・・・ 親戚中ではこの錦の御旗の自慢となっているのだ
 たしかに安倍晋三が第二次安倍内閣を組閣した時に、在日が「もうこれで安心だ!」と言った意味がこれでわかった 在日が一番情報が早いのだ 土人(=日本人)はこのような吹き出物が出てから初めてなにか?病気がある?と分かる程度なのだ
 これが明治維新からの田布施マフィアということである
 そういえば武見太郎も田布施マフィアの一員だった





昔から、子供の時から、安倍晋三と加計孝太郎は一緒に遊んでいたのだ
 そして岸信介はパククネ(日本名 高木桜子(たかぎさくらこ))一家とも家族ぐるみの付き合いだった
 高木桜子は日本語はネイティヴであり安倍晋三と遊んだ? だから高木桜子も嫁さん候補のひとりだった
 高木桜子が彼らのひどい命令に不満を安倍晋三に漏らした?という話がチラとあった こんな関係だったから言えた話である
嫁さんの安倍昭恵は韓国語ペラペラであるが安倍晋三もそんななんだろう? 子供の時から韓国語で育ったらしい?
 なにしろ安倍晋太郎氏はワイは朝鮮人や!と常日頃言っていたそうだから安倍晋三もそうなんだろう?
 そして岸信介はパククネ(日本名 高木桜子(たかぎさくらこ))一家(日本士官学校出身の朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領・日本名高木正雄殿(日本軍将校である))とも家族ぐるみの付き合いだった


























摘発された4トンの麻薬 オバマ元大統領は米軍特殊部隊に逮捕された(ベンジャミン情報)





オバマ所有の船の名はレディ・ミッシェル






安倍晋三オウム地下鉄サリン事件安倍晋太郎新幹線内親子写真安倍晋太郎
 安倍晋三殿がサイコパスであるという記事を見たことがある 安部殿は支配階級朝鮮人のよくやる中国・算命学で政治をやる! 父親殿はオレは朝鮮人だ!と常日頃口にしていた 安部殿もまさしく朝鮮人であるらしい? しかしヴィルヘルム二世のなにが入っている?かもしれない? 鷲鼻だ!別の写真でも確認できる かれは鷲鼻なのだ!
  彼も竹下登首相のヘリコプター裸逆さ吊りのようなことをされたのかもしれない? その時の精神障害(情性欠如者?)が残っているのかもしれない? そして彼らの目先の欲望を満たす気質が安倍晋三殿に乗り移ったとも考えられる? 母親の洗脳が彼を自分の子供にすら愛情を抱かない者と同じように国民などは目に入らない行動をとらせているかもしれない? 己の欲望(母親から洗脳された岸信介が果たせなかった仕事)を満たすだけの行動なのだ まさしく彼らの行動そのものであることは間違いない 安倍殿はかれらの望む理想的なコンプラドール(お人形さん)であるらしい?
 そして己の指先の一振り一つですべての事が動く夢のような力(権力)に酔っているとも思える? 酔っ払いをこれ以上あの地位に置いておく事は危険である  昭和天皇陛下が酔いしれた世界であるかもしれない?





地下鉄サリン事件現場航空写真
 実は・・・ 地下鉄サリン事件同様311は300人委員会の命令だった 教会、政府、政治家、創価学会、その筋の日本人は311を前もって知っていたことが証拠である 人工地震を信じられないお方はこの状況証拠を知らなければ311の真実にはたどり着けないのだ 311人工地震を信じないお方は知能が高いお方であるが軍事についてはまるで知らないしろ~とである 諸外国の学生が軍事学概論の一年間履修を終えているのとはだんちだからだ!気象兵器があることをまるで知らないからだ 軍事を知らないといつまでもやられる日本人となる 軍人を毛嫌いすると命がなくなるのだ! 最後に助けてくれるのは軍人だ 諸外国の子供でさえ知っていることだ
 311の直接命令者はイスラエル・ネタニヤフだ 311はロスチャイルド一族がやったのだ! 現場指揮官はクリス・スティーブンス(クリストファー・スティーブンス)である
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 遺伝子組み換え生物等の使用... | トップ | 第二の森友学園である特区(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

新興宗教科学教」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL