♪高校生のブログ♪柏発信

YouTube=chako3491&「高校生の歴史」

安倍晋三のやっていることは共産主義政策(NWO)である【我々がとても信じられないこと】

2017-04-25 00:35:43 | 新興宗教科学教
安倍晋三のやっていることは共産主義政策(NWO)である【我々がとても信じられないこと】

タルムードとは<ひとをだますこと>である カバラとは<悪魔学>という意味だ




安倍首相人口の穴埋めは移民20万人(フランスがEU本部に命令されている20万人とおなじなのだ!)これがOWOの連中の考えであり命令である ナアマ計画(ロスチャイルド)なのだ
 まっ!まさか!!国家戦略特別区域法が移民一千万人計画の別名だとはホンマ!知らんかったし?これが騙しの究極やな~~?
 すでに移民年間34万人となっている そして230万人居る!(2017年3月現在) スピードオーバーや!・・・
移民一千万人は目の前やで!
 直近の在日、移民(帰化した日本人)も服めて500万人が日本国内にすでに現存することを日本人は知らないのだ そしてこの数年ですでに230万人だ
 この安倍晋三という人物は極左(共産主義者)であること(安倍晋三の正体)も日本人は知らない? 安倍政権が民主党以上の極左政権であることも・・・





 国境の無い世界=これが安倍晋三個人がが極左である証拠なのだ つまり・・・魔素(まそん フリーメーソンのこと)であることだ かれらにあやつられるコンプラドール(お人形さん)ということ





  くわしくお知りになりたいお方は彼等の考えを知るためにもジョージ・オーウェル「一九八四年」という小説を読んでください 事実は小説より奇なり P.200あたりにこのようなことが描(か)いてあります
 ジョージ・オーウェル「一九八四年」は全部見る必要はない ところどころ見るだけでだいたいわかるので是非みてほしい かれらの考えがわかるようになる
これが旧ソ連をつくり、EUをつくり、NATOをつくり、これからそのような映画マトリックスの世界を作ろうとしているかれらなのだ 世界平和維持軍という白人の研究者が苦労して発掘した彼らの考えもこの世界平和維持軍という軍隊(世界の国々の軍隊の統合参謀本部(大本営))を彼らのコンプラドール(お人形さん)が仕切ってその陰で彼らが民の略奪をするという寸法である 今回の北朝鮮有事でもこの考え(手法・手口)が使われている
 日本の才能のかけらもないなんちゃらが同じような小説1984なんたらがベストセラー?となったのかもしれない? しかし同じように才能が凡人である曽野綾子(=ジェズイットである)らがベストセラーになるのは10億円単位の費用と人員を動員してこのようなベストセラーを生み出すのだ これが彼らが望む映画マトリックスの世界だ 日常的に、毎日、われわれの常識を書き換えること、過去の歴史を消去すること、これが彼らがマトリックスを作り出すことである
 特区とは自由移民法であること 国家戦略特区・総合特区・構造改革特区・地域再生特区・中心市街地活性化特区・都市再生特区・環環境モデル都市環境未来都市特区はすべて移民を入れるためのもの
 国家戦略特別区域・総合特区・構造改革特区・その他、で移民入り放題である(植民であること) 入管は大股開きになっている 入管はガバガバになっている 現在230万人移民がいる そして年間34万人の移民が日本に入って来ている 帰らない日本に生涯住む移民である これは移民ではなく植民である
 高度人材を入れると言いながら3億八千万円の強盗テロをやらせていることが証拠である 移民を入れることはテロが野放しになるのだ 自民党はマトリックスの世界そのものである
 警察発表とか公的な発表はマトリックス(幻想)の世界を作り出す一番有効な手口である タルムード<ひとをだますこと>の嘘でマトリックスの世界を作り出すこと そういえばミッドウェー海戦の大本営発表(まったくの嘘)もこの手口だった
 彼らは現地民をして扇動し、裏切らせ、飢餓を起こす、ことによって混乱を生じさせる!これが現在日本がやられていることである 1946年に女王様がRIIAタヴィストックに命令した静かなる戦争(音の出ない戦争)である これが長期的浸透戦争なのだ ジョージ・オーウェルはこの長期的浸透戦争(長期的浸透洗脳 音の出ない戦争 静かなる戦争)を描いたのである






ジョージ・オーウェル「1984」まんが
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 50年前の政治家は愛国者だっ... | トップ | 移民を入れると人種間の縠撃... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

新興宗教科学教」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL