♪高校生のブログ♪柏発信

YouTube=chako3491&「高校生の歴史」

彼らは人間の想像力を破壊し欧州と米国の文化を壊すこと【フランクフルト学派・ラッセル】

2016-09-18 10:14:17 | 新興宗教科学教
彼らは人間の想像力を破壊し欧州と米国の文化を壊すこと【フランクフルト学派・ラッセル】

彼らは新興宗教科学教の独裁の下で、子供達を囲い込み(学校という羊牧場の柵に入れる)、家庭の影響を嫌がる、家庭教育を排除しようとする(これがfeminism(=女権運動)により女性を家庭から排除して社会で働かせること) この発展したやり方(手口)が10歳以下で彼らの考えを子供達の身体に刷り込むことだ それは・・・ゼロ歳児保育(日本人とは思えない売国奴美濃部亮吉がやったこと)であり、売国奴連中(魔素連中)のすみつく文科省が100億円の予算でやった「三歳児神話」(3歳までの母親の肌が触れる子育て)の破壊である これらの結果が子供達が親に対して「おとうさんの考えは間違っている!」と学校から帰ってきて言うことになる これはアメリカの白人の神父様がYouTubeで語っている 雪は白いのではなく灰色か黒だと洗脳されて学校から帰ってくることになるのだ feminism(=共産主義)の恐ろしさはここにあるのだ!


 アレクサンダー・ロマノフ氏は「666」の著書の中でOWO(オールド・ワールド・オーダー)と言っている
「陰謀論者は、イルミナティが陰でニュー・ワールド・オーダー設立を企てている、とよく口にするが、実は彼らが言っているのはこの組織のことなのである。これは、実はこの組織が本当の人形遣いーーー裏で操る者ーーーであるという噂を、まんまとイルミナティの仕業にすり変えることに成功したという、最たる例なのだ。」P.278「666」
 この文章はコピーして持っていたほうがいい?これが基本であるということ・・・




曽野綾子老人は死ね バートランド・ラッセルのローマクラブに通じるもの 無駄飯食いはいらない 人口削減である かれらはアダム・スミスの時代から盛んに民を操ることがお祭りになった アダム・スミスの任務は無駄な経済学を学徒に学ばせて通貨発行権を隠す任務であった 現在の最新のマルクス同様の任務らしい?フランスのなんとかいう若い学者(ピケティ)も通貨発行権については述べていない そして環境保護というキーワードで民の資産を奪うことは最新のタヴィストックユングである ボート屋の娘と言われている? このように何の才能もない者をノーベル賞とかを与えていることが芸術文化をおとしめることである つまりサル程度の者にノーベル賞を与える 音楽でも441だか?440ヘルツ?とかのことを決めたのは彼らである(ロックフェラーらしい?実は彼らである)本当はこれではなく500台が人間の本来のものらしい? 文学とか音楽もかつての輝きを失った ズバリ言えば低級になったのだ 雑音でしかないロックとは性交そのものを意味する言葉らしい? その後のビートルズはブードゥのリズムを入れて麻薬空中浮遊状態を演出する麻薬セールスマンの役をビートルズに与えこれを成功させた サル程度に文学、音楽、をもっていくユングなのだ! 最近でもノーベル賞と騒がれていたぼやけた小説を書くぼんやりしたカモメが飛んだみたいなやつがアンデルセン賞らしい? ニセ代筆のヒトラー・マインカンプと同じアンネの日記はギンギンに作り話のシオニズムを全世界に広めることである このぼんやりさんもグローバリズム(国境なんてないのよ!というジプシー音楽)を広めるためのサル道具でしかない! 輝く才能がないのだ! 輝く才能のない者(全世界でやられていること)に地位と名誉を与え、麻薬を語らせ、麻薬と同性愛を広めることをやらせているのが彼らである 彼らは民にルネッサンスをやって欲しくないのである 民は昔ながらの洗脳された民でいてほしいだけなのだ
このおばちゃんも才能のかけらもないのにベストセラーになるのは同じようにキリスト教(=異教徒を敵とする個人主義=民族の団結力を、集団の団結力を、削いで彼らの思い通り投資、大儲け、をするため)を広めるための彼らにとってヒトラーのサル日本人に過ぎないのかもしれない?ことを知るべきである
「グローバル2000」はアメリカの公式政策として受け入れられた大量殺戮協定である ケムトレイルが国家により行われていることを日本人は知らない つまりアメリカの正式な政策として受け入れられた大量殺戮協定グローバル2000は米国植民地である日本でも有りて在るものであるということ・・・


バートランド・ラッセル共産主義者タビストック研究所LSD麻薬行動修正 余剰人口の一掃という考えを持つ ラッセル→「ペスト(黒死病)が再びもたらされなくてはならない」「無駄飯食い」人口削減 こいつは日本人から見ると乞食だな?と思われる発想をする そう、まさしくこいつは乞食なのだ! 我々は乞食に操られている! 現在の政府を観よ! まるで乞食そのものではないか? 素性さえ乞食だ ラッセルはこのような者達が好きなのだ こいつは人類からすると梅毒なのだ フランス革命、ロシア革命、アメリカ南北戦争を成功させた天才ウィリアム・ペティもこの考えそのものである 彼らは民が力を持つことが嫌いなのだ 難しい言葉で言うと ルネッサンスの果実(民が採った、獲得した、果実)が腐ることを願っている
イルミナティとは永遠の革命を世に行き渡らせることを使命としている 日々是革命ということ これら秘密結社を統合する概念がシオニズムである シオニズムが数ある秘密結社の力を統合する力の源泉なのだ
彼らにとって、白人世界にとって、古来から戦うことが生きるすべてである 異族から奪い取ることがすべて生きることなのだ この感覚を頂点まで高めたのがラッセルの無駄飯食いでありいらないやつらはいらない!という考えに到達しすることになる 日本人は地震などに備えて五重塔には隙間・余裕をもたせている この考えがないのだ 草木でさえ生きとし生けるもの ロスチャイルドが使用人の給料をギリギリまで削っていたことでもわかる 己達に益がなければ無駄!なのだ これが白人と東洋人の違いかもしれない? 彼らは正にハリアリとドレイアリのハリアリの性質を持っているのです ローマクラブ人口削減計画グローバル2000 アダム・スミスに始まり、バートランド・ラッセルまで続いている彼らのたくらみである
「グローバル2000」はアメリカの公式政策として受け入れられた大量殺戮協定である ケムトレイルが国家により行われていることを日本人は知らない つまりアメリカの正式な政策として受け入れられた大量殺戮協定グローバル2000(アジェンダ21)は米国植民地である日本でも有りて在るものであるということ・・・




インディアンの子育て この子供の笑顔は今の日本人の子供にはないことが残念である
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 彼らがやっていることはブレ... | トップ | アメリカ兵が「愛国心」と思... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

新興宗教科学教」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL