♪高校生のブログ♪柏発信

YouTube=chako3491&「高校生の歴史」

一般人が対象で条約の批准ではなくテロ防止でもなかった【共謀罪】

2017-05-16 07:29:16 | 新興宗教科学教
一般人が対象で条約の批准ではなくテロ防止でもなかった【共謀罪】

 国会審議で上記のことが国会中継からわかったのだ!完全にタルムード<ひとをだますこと>だ!悪魔教のタルムードだ!西田昌司は悪魔教だ!

タルムードとは<ひとをだますこと>である カバラとは<悪魔学>という意味だ


政治家と警察官の犯罪行為は対象とはしない もっとも職権乱用している職業は政治家と警察官は除かれている 共謀罪は一般人が対象である(疑われると一般人ではなくなり共謀罪で捜査される)

痴呆症老人から500万円を奪う警察官
電車の中でスカートの中を盗撮する警察官
電車で女子高校生の胸を触ってキスする警察官
公金横領して女性警察官がホストクラブに通う

 国民の5割が共謀罪の真実を知らされていないのだ!(国民の5割が賛成らしい?)

ヘイトスピーチ法はおかしいぞ?という話が広がりつつある! 新大久保のデモで「いい韓国人も悪い韓国人も皆殺せ!」と叫んだのはスパイだったのだ! デモに参加した者はだれもそんなことは考えてなかった ただ多数ある在日特権の一つに抗議して集まったのだ ただ叫ぶ言葉は過激だったことは確かだ これを利用されたのだ ヘイトスピーチ法を成立させる最後の運動だったのだ 在特会は日本人を利用してヘイトスピーチ法を成立させるための団体だったのだ

 かれらはある法律を成立させるに・・・反対運動をするのだ そして時間をかけてそのことを大衆の頭の中に浸透(しんとう)させ、大衆の知るところとなり、機が熟したら法律を成立させることが米国でも常道としてきたのだ 欧州でも同じことである これを日本でやったのが在特会である 在特会はジョージ・ソロス資金(ロスチャイルド=イルミナティ)だったのだ

 国連規則にもヘイトスピーチ法は反している 国連規則は国民も移民も双方、ヘイトスピーチしてはなりませんよ?ということだ それをマッソン西田昌司は外国人は思いっきり日本人をヘイトスピーチしてもいいが日本人はヘイトスピーチしてはダメだ!という現在のヘイトスピーチ法を成立させてしまった あの有田芳生(ありたよしふ)でさえ国連規則のヘイトスピーチ法を成立させようとしていた しかし売国奴西田昌司はこれをひっくり返してしまったのだ! こいつは知の宗教=悪魔教だと思われる 悪魔教信徒であるのだ 背乗り悪魔教英国の手先(スパイ)であると思われる



 朝鮮大学校(数年前)で「殺せ!!」と短く叫んだスピーカーのでかい声を聞いて私は、自分は、震え上がった!これは?逮捕されるぞ!と直感した ビデオを回していた私はその場から離れようか?と思い始めた、デモから離れる行動をしようかと、短く考えたことを覚えている みんな「殺せ!」なんて考えてなかった ただ、多数ある在日特権に抗議して集まった在特会だったのだ その多数ある在日特権にの一つに抗議して集まった在特会員だったのだ 自分も初期からの在特会員だ



 ここの会長はデビュー前(在特会を立ち上げる前)にデビューしていた橋下徹とジャパンハンドラーかなんかが二人を呼び出して一緒に酒を飲んだ?という短いネットの話があった つまり二人して日本をひっくり返そう!という密談だったのだ 二人は最初から知り合いだったのである





ラスボスはアメリカだったのだ アメリカから命令されただけなのだ その背後は背乗り悪魔教英国である(=ロスチャイルド=イルミナティ)


最高裁判所と星条旗 米国国旗 米国司法長官 平成27(2015年)年7月15日
共謀罪、つまり密告そのもの、はイエスさまを裏切ったユダの時代からあるのだ これが密告である なんの罪もないのに警察に踏み込まれることになるのだ!日本人は・・・ だれでも監獄に入れられ?一生出てこれない?あるいは社会生活から抹殺されるのだ! 密告である 共謀罪は密告ということだ
 マスコミはこの密告ということをひたすら隠している もちろん学者さまがた?知識人?も?である
特に麻薬犯罪でアメリカで多用されており、口頭での密告によりただちに無線一本の命令で踏み込んで逮捕できる? 証拠はいらない? 収監者数(囚人)は200万人どころか?・・・わからず? FEMAに分散しているのかも?しれない?
 司法長官は司法取引を指導したと言われている
 司法長官は日本人にタルムード<ひとをだますこと>を教えるために来日したのだ



共謀罪は米国の要請である
 1990年から始まる構造改革要求は続いているのだ
2015年7月の米国司法長官来日の1年後からこのようになったのだ かれらの海賊法(海賊のルール)に近づけるためである
 そしてヴェネチア商人国家(大商人がすべてを決める国家)への誘導だ 英国憲法はヴェネチア憲法丸写しである 英国に憲法はあるのだ





裁判員裁判(平成22年(2010年)9月14日撮影)
 だれもやりたがんなかったところに俺がやる!なんて売国奴がいたらしいです だれかはわかりません 間違いなくマッソンです
ラスボスはアメリカです アメリカに命令された裁判員裁判です








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 条約締結するためではない!... | トップ | 在特会の会長はデビュー前(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL