♪高校生のブログ♪柏発信

YouTube=chako3491&「高校生の歴史」

日本で現在行われている彼らによる強奪はロシアでの「カパーフィールド作戦」である【エリツィン時代】

2016-10-14 11:33:07 | 新興宗教科学教
日本で現在行われている彼らによる強奪はロシアでの「カパーフィールド作戦」である【エリツィン時代】

タルムードとは<ひとをだますこと>である

ロシアの1991年から1995年までヒドかった! これが日本で行われていることである
彼らのとっておきの教育をほどこされたゴルバチョフが出てからもペレストロイカという民営化に見せかけた国家資産の強奪が続いた これが現在の日本である

貧困は若者だけではなく老人にまで及んでいる ロシアでは別荘の土地で作物を収穫し食糧を確保した

水道の売り渡し、地下鉄の売り渡し、民営化とは「私物化」なのだ!改革とは同じである「私物化」ということ



この男はロシアで言えばエリツィンでありゴルバチョフである 売国奴!ということ 彼らはこの男をエリツィンとゴルバチョフになぞらえて選んだと思われる
かれらが気に入ったのは特に子供が10人くらいいることである ロスチャイルドがそうだった 糞ロスの妻が言ったことは、五人の息子が望まなければ戦争は起きません!ということ それで2009年のダボス会議でグローバルヤングリーダーに選ばれ「日本の国主」と認定された 日本の国主は創価学会の国主さまなのに国主様を差し置いてこんなこと称するのは許せない!ある!





小池百合子カジノパチンコ都知事


IMFの水道事業買収宣言










































ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベアテと付き合っていた高貴... | トップ | 彼らは今、人類を恐怖で統治... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL