♪高校生のブログ♪柏発信

YouTube=chako3491&「高校生の歴史」

彼らは1694年に英国を乗っ取り通貨発行権を手に入れると10倍の紙幣発行を実行した

2017-01-30 16:19:47 | 新興宗教科学教
彼らは1694年に英国を乗っ取り通貨発行権を手に入れると10倍の紙幣発行を実行した

タルムードとは<ひとをだますこと>である カバラとは<暗殺>という意味だ


10倍の紙幣発行は2年間のことである すべて利息と返還金をふところにしたのである
 現在、彼らが無から作った金(マネー)で利息だけをふところすることだと世間では分析されている? 有名な書籍もそのように言っている

 英国に借金はなかったが通貨発行権を彼らに渡した4年間で100倍(1600万ポンド)の借金となった どのくらいの借金かは基礎金額を忘れた?

 公認会計士でさえ 銀行帳簿は複雑でむずかしい? と言っている 簿記を知っているお方にもさっぱりわからない銀行帳簿なのだ

 そうではないのだ 返還金もふところするのだ 坊主丸儲けとはこのこと!

 ただし銀行帳簿は簿記式で返還金はゼロになる しかし、帳簿上では返還金は消えるがそうではなく彼らのふところに消えること(銀行帳簿はゼロになる)になっている これが彼らの魔法 だから歴史的大詐欺と言われているだけあるのだ 簿記でゼロになる魔法は簿記を知っている知能の高い方々をだますにはかっこうのだましとなっている

 ただ?ここら辺のことはまだわからない?返還されたカネを利用することだけは確かである? 彼らが『無から生み出された金という金から利息をふところする』と言っているので利息でやることだけは確かである 手形の預金をどうする?とか?も?あるらしい?

 これら無から作ったマネーで実物を手に入れているというわけ・・・

 彼らの赤十字である日赤は寄付の際に6割は職員などの給料と活動費に使わせていただきます?と言われるらしい? 残り4割がその救援物資とか救援金に行くのだ たしかに言われてみればその通りである? 一千万円の寄付まるまる使われるわけではない?のはそうである? しかし銀行の場合は返還金は銀行員の給料とか運営費に使わせていただきます?とは言わない? しかし発想は彼らの発想で日赤も銀行も同じ発想なのだ

 月々返済されるマネーは無から発生したマネーであり(コンピューターのキーを叩くだけ)その返済された紙幣(マネー)は銀行が土地を買ったり、銀行員の給料、月々の運営費、に使われるのである この土地買収によって銀行は丸儲けなのだ 無から土地所有が転がり込んでくるというわけである
 フォードはこう言っている「国民が国の銀行制度と金融システムを理解していない事はよいことだ。もし、理解していたらきっと明日の朝までに革命が起こるはずだ。」

 この、利息だけをふところする限定した言説は、自分は今のところ懐疑的である どの論者も白人の研究者も返済されたマネーの行き先を語っていない? どういうことか?考えてみなければならない? 利息だけで銀行が運営できるわけはないのだ?

たしかに紙幣を刷りまくって市場に出回っているマネーの価値を落とすという市場操作でインフレを引き起こし抵当にとっていた土地をふところにすることもある? 自由自在に大衆をあやつることもできる? 魔法の力とはこれなのだ?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日銀株式会社は政府とグルで... | トップ | テロに加担するのはどの国で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL