♪高校生のブログ♪柏発信

YouTube=chako3491&「高校生の歴史」

ユダヤ人の親は子供に裏切って見せることが子供のしつけ【バルフォア宣言】

2016-12-31 19:41:01 | 新興宗教科学教
ユダヤ人の親は子供に裏切って見せることが子供のしつけ【バルフォア宣言】

タルムードとは<ひとをだますこと>である カバラとは<暗殺>という意味だ

かれらの歌切りは当たり前である そして裏切られた方も頭が悪かった?と反省する?これが彼らの生態なのだ こんな連中が世を仕切っているのだから普通の民はたまんない!

 自分は永田町のなんとか会館で講演会を聞くために列に並んでいた その時にアメリカとかで長い間住んだことのある女性にこんな話を聞いた ユダヤ人は子供に高い高いバー!をやって最後に身をかわして子供を床に叩きつけることをする これがユダヤ人が子供を普通にしつける教育です と言ったのだ ユダヤ人はすべて子供にこの教育をやる!というのだ? 生来の人間の性質をねじ曲げるためにやっているはずだ?

 このお話をしていただいた女性は長年の外国在住で日本に帰って浦島太郎のごとき日本になっていた(考えられない惨状)ことにびっくりしたのだと思われる パリで40年くらい住んだ女性も同じような?ことを言っていた 日本を離れる前の日本人とはまるで違う日本人であり、日本になっていた?のだ これがかれらのサイオプス(心理操作)の結果であることは間違いないのだが・・・ タヴィストックの静かな戦争、音の出ない戦争である

 この話は何回も自分の中で繰り返しなんだろう?という疑問を抱かせた? それでなんとなく今のところの結論が かれらはハリアリとドレイアリ のハリアリの性質を維持するためにそのようにする?ということだ ここのハリアリの性質はネットでは消されているので調べても無理です かれらの性質を知られないために消してあるのでしょう? なんとなく?アリストテレスの生来的奴隷人説を思い出してしまった かれらの牧畜文化がそのような性向を作り出しているのかな〜?なんて・・・

 かれらは裏切りはなんでもないこと?殺しもなんでもないこと?ウソなんか息をするみたいな?もの?

 われわれはかれらの生態を研究しなければなりません 大学に悪魔教学部を作ることが防衛につながります 現在の研究所はすべて我々をターゲットとする研究機関なのです だからかれらの攻撃はオーケストレーション(総合的な仕掛け)でうまくいくのです 現在の世界の?日本の?惨状が証拠です


バルフォア宣言



コイツラ!!が日本を売っているのだ!
悪魔教の方々である これは日本人には信じられないことだ!
田布施マフィアの面々 あの狭いエリアである田布施村から7人の首相が出ている(安倍首相含めて8名) インドを人口の2%に過ぎないシーク教徒に支配させるやり方(手口)である これがカースト制だと気づかなくてはならない 彼らはロスチャイルドのコンプラドール(お人形さん)なのです 田布施マフィアと呼ばれています フリーメソン革命の明治維新からです 明治維新はフランス革命と同じフリーメソン革命だったのです 田布施マフィアの面々 あの狭いエリアである田布施村から7人の首相が出ている(安倍首相含めて8名) インドを人口の2%に過ぎないシーク教徒に支配させるやり方(手口)である もしもの話だが?明治維新の留学五人組が一番強いというロスチャイルド=イルミナティのユダヤ教徒に改宗していたとしたら?どうだろう? キリスト教徒を装うことなど平気の平左!この仮説が当たらないことを願う?現政権の行動はこんな?タルムード<ひとをだますこと>だとしたら?辻褄(つじつま)が合うかもしれない? 日ユ同祖論=日本侵略がとても恐ろしいものに見えてきて不気味この上ない! 梅毒にかかっている連中をすごい!とは思わない スパイが首相になっている?なんて?日本人は夢にも思いません
どうも?欧米同様?ロスチャイルドの血流が入っていると思われるフシがある? 欧米のことを考慮に入れるとそうとしか?思えないのだ 鷲鼻とか?その顔写真比較とか・・・
この連中は伊藤博文同様、割礼(悪魔教)していると思われるが、いかかが? そうでなくては命をかけて日本人を守るはずである?


英国植民地インド兵 インドを人口の2%に過ぎないシーク教徒がインドを支配していた 日本の現在の田布施村、田布施マフィアと同じことである


かれらの混血ぶり
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かれらは無意識化という手法... | トップ | やはりアイゼンバーグはロス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

新興宗教科学教」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL