♪高校生のブログ♪柏発信

YouTube=chako3491&「高校生の歴史」

安倍政権の危険なセキュリティ・ダイアモンド構想である【中国とは仲良くしなければならない!】

2017-05-13 20:51:37 | 新興宗教科学教
安倍政権の危険なセキュリティ・ダイアモンド構想である【中国とは仲良くしなければならない!】

タルムードとは<ひとをだますこと>である カバラとは<悪魔学>という意味だ

このことはだれも言及していないらしい?


かれらは常に二元論(聖なるものとそうでないもの)を使って安全を図る なにしろ支配層は一万人の99%に囲まれるだけで命が無くなるからだ! そのためには常に民を分裂状態にしておかなかればならない だからグループ内の対立をあおり、家族でさえ対立させることをする!

 かれらの「ほのめかし」に夢中になってはならないのだ 明治維新の際に日本国内のかれらの子分に送られた文書にはこう書かれてある「かれらがおのずからそうしたように思わせなければならない そう見えなければならない」ということである なんということだ!!かれらの目的はあくまでも経済的野望の満足である 主に経済的欲望でかれらは動いている





ユダヤ人のほのめかし(武士への) ほのめかしとは、おべっか、ささやき、そそのかし、ほめそやし、おだて上げ、自己の考えであると錯覚させること 彼らがこうやって日本の戦国時代を作り出したという? ホントだろう? 欧州の30年戦争とかなんかのやり方だろうと解する
「かれらが自らそうしたように思わせなくてはならない」ということ なぜ?宣教師が殿様とか武士と付き合えたのか? それは南蛮貿易であり火薬だ 火薬1ダル50人の生娘と交換すること 武将は勝たなくてはならないので宣教師と付き合ったのだ 豊臣秀吉でさえかぶれてベットで寝起きしていた はべりの女がたには西洋風名前をつけて呼んでいた 戦国時代から「mammon教=カネだけ教」に犯されていたのです じゃ~?武士がなんで?キリスト教徒になったか? それは・・・明日をも知らぬ命の魂の安らぎを武士も求めていた 精神病院一歩手前の精神状況があったのです これに宣教師は「じゃ~?精神病院に入ってください」とほのめかしするのです 実は・・・キリスト教は精神病院なのです 病気の患者を必要としている精神病院で精神病患者を必要としています 武士は武士で殿様に絶対的に従う作法を身につけています そしてその殿様の上に居るお方がいるのですよ?とささやかれ?精神病院に入ります 武士はこの絶対者に忠誠を誓うことになります それが武士の習性だからです 主君より偉い人がおり、みな、その偉い人(イエスキリスト)の前では平等であると洗脳するキリスト教 それは・・・キリスト教徒の仲間うちでは平等であり異教徒はブタ!だという本音があることを武士は知らなかった これがタルムード<ひとをだますこと>であるユダヤキリスト教(侵略するための洗脳宗教)である 「徹頭徹尾、日本的性格という特徴を帯びていなければならない」「其れは日本人だけから端を発しているように見えなければならない」「日本において体制の変革が起きるとすれば、それは日本人だけから端を発しているように見えなければならない」「かれらが自らそのようにしたように思わせなければ、見えなければ、ならない」ということだ このようにイギリスが幕末の日本を陰からコントロールしていたことである
 明治時代の明治元勲(げんくん 国家に尽くした大功ある老臣)は確信犯だった 欧米列強のように強くなるにはだまされることにしておこう!ということ しかしかれらがいなくなるとその騙しが本物になって現在のどうしようもない状況(政府はだまされることを強制されているし騙されていることも自覚しない)になっている これはどの国でも同じである




安倍政権の危険なセキュリティ・ダイアモンド構想 中国包囲網
 これがかれらの第三次世界大戦を引き起こす!というアジェンダだと思われる 大戦争はかれらに莫大な富をもたらす!



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スターリンはシベリア抑留を... | トップ | 移民の人権を考えているのは... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL