♪高校生のブログ♪柏発信

YouTube=chako3491&「高校生の歴史」

彼らが移民特区でもう230万人移民を入れているのは人種憎悪をあおるためである【移民一千万人計画の実現】

2017-03-30 08:58:23 | 新興宗教科学教
彼らが移民特区でもう230万人移民を入れているのは人種憎悪をあおるためである【移民一千万人計画の実現】



下記のようなprotocolがある(これは議会記録である)
「合衆国を安い下級労働力であふれさせれば、賃金を下げることになり、通常の暮らし向きの人にとっては、子供達の就学時期に、彼らに十分なカネをさくことが次第に困難となって、そのため子供の教育を、英国の貧乏人の子供の水準にまで落とさざるをえなくなろう。そうすればたちまちにして、鮮烈(せんれつ)な階級差別であるいは無学の「衆愚」を助長する結果につながろう。この後者の階級は、英国ではたいへん望ましいと見なされている。なぜなら、下層階級が無知であればあるほど、彼らを一層たやすく支配できるからである。」


タルムードとは<ひとをだますこと>である カバラとは<悪魔学>という意味だ


  国家戦略特別区域法とは移民特区のことである その他の学校とか医療とかはスピン(そらし情報)のはなしであることを知らなければならない

 けもの(日本人)がそれら特区(特別区域)に食らいついている間に移民特区がフル稼働しているという構図である これがユダヤ正反合戦略である









国家戦略特別区域法の目的はこれなのだ けもの(日本人)には分からない?複数のワナで仕留めるのだ!
 すでに230万人入っている 毎年34万人入っている フランスは毎年20万人だ 日本が欧州並みとなるのはあと数年だ!おい!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 彼らは完全に日本を潰(つぶ... | トップ | 種子法廃止法案を成立させた... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

新興宗教科学教」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL