♪高校生のブログ♪柏発信

YouTube=chako3491&「高校生の歴史」

第三次世界大戦は「世界軍」(世界統一政府軍)を作ることにもある【ロシア軍の日本駐留】

2016-09-18 19:24:10 | 新興宗教科学教
第三次世界大戦は「世界軍」(世界統一政府軍)を作ることにもある【ロシア軍の日本駐留】

あるお方が語っていた自衛隊を地球防衛軍とする?というような話が気にかかっていたのだが?世界統一政府軍という話だったようだ? 地域国の軍隊はなくなり、世界統一政府軍がその国を守ることになるということ

宇宙人が攻めてくるとして地球の国別軍が地球防衛軍として地球防衛にあたることになる その際に人類は現在の10%になるまで殺戮(さつりく)されることになる 彼らのアジェンダ(計画)である

アメリカでは警察がますます軍隊化しており、軍隊と警察の境は段々なくなっている 軍隊に統一される その軍隊は彼らの軍隊(傭兵)であり、民から彼らを守ることになる FEMA軍がそのスタートである 警察に軍の兵器が渡されるようになったのは、2000年前からだと記憶しているが、軍の使い古しを警察に無償譲渡し、その後、警察に予算が与えられて軍同様の武器類がどんどん備蓄されることになった 軍産議会複合体のしわざである アイゼンハワーは軍産複合体と演説したが、「軍産議会複合体」が正しい 議会での辞任演説なので議会を抜いて語ったのである

アメリカは軍事独裁の実験国家でもある アメリカ軍が牛耳る(ぎゅうじる 特定の集団の中で支配者的立場に立ち、集団の動向を左右する 牛耳を執る)NATOがそのアンテナショップとなっている 世界軍のアンテナショップである

日本は明治維新前後(後かな?)から各国に租借地の要求と軍隊駐留の要求が出されていた この軍隊駐留はロシア軍の駐留となる 明治政府はこれを跳ね返したこと そして現政権は2013年12月に英国大使館一万坪を英国にタダで朝貢してしまった(マスコミは報道しない) 彼らへの服従(女王様への服従 ガーター勲章)なのかもしれない?

英国大使館一万坪地図 ただで英国女王様に差し上げた一万坪 吹上御所の隣である


アイゼンハワーと軍産議会複合体


アメリカの警察にやられる米国民 アメリカは完全に警察国家となっている現実がある! 国家が国民に襲いかかるのだ! 日本が警察国家になるのに時間はかからない








令状なしの家宅捜索がFEMAには許可されている これはイラクで家人(主にイラクの指導者階級の軍人・官僚・医者などを皆殺しにするために使われた家宅捜索を装ったイラク人皆殺し作戦である 戦後のGHQによる<公職追放200万人>もこの皆殺し作戦と同じ発想だ! 記録では20万人となっているが、職場でいじめられて辞職したので200万人が正解であることを知らなければならない

 これが人殺し軍隊FEMAである 沖縄は軽い教練の場である FEMAの練習場なのだ

すでに東京都は棺桶を数万個用意している ↓↓これはアメリカのFEMA基地のかんおけ

もともとはこの悪魔教から出た発想である
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカ兵が「愛国心」と思... | トップ | マイクロチップは人類の監視... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

新興宗教科学教」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL