♪高校生のブログ♪柏発信

YouTube=chako3491&「高校生の歴史」

最高裁の裏金は裁判官の給料をかすめ取っているらしい?【法令審査権の放棄】

2016-11-07 10:41:56 | 新興宗教科学教
最高裁の裏金は裁判官の給料をかすめ取っているらしい?【法令審査権の放棄】

最高裁は今まで違憲だ!とした判決は一回もやっていない ドイツは500回の違憲判決を出している どうしてか?かれらの命令らしい?日本国憲法の父、ルイス・ブランダイスが定めた日本破壊憲法には表面上まともなことも書いてある しかし、彼らのやりたい放題をストップされると困るのだ だから違憲判決を出されると困るのだ この命令を実行しているのが最高裁(最高裁事務総局と言われている)なのだ どうしようもない東インド会社(英国)の思いのままのインドと同じ植民地支配状態の日本である 東インド会社はなくなった!と皆、思わされているが?とんでもない!コカコーラとか巨大会社の集合体として東インド会社(英国)はあるのだ なくなった?と思わせている(思わされている)だけなのだ

日本の植民地支配をスムーズにやるために最高裁はある! そのために裏金を作って学者とか、知識人とか、マスコミとか、のワイロに使っているのだ 文句を言って本当のことを言わせないためである

だから「衆議院解散権」が首相に無いことも、「法案提出権」が内閣に無いことも、すべて国民には知らされないことになっている

最高裁はトロイの木馬(スパイ)である最高裁判事であった三好徹を日本会議に送った(三好徹は15年間会長をやっていた)目的は、上記の憲法改正をやろうとしているからだ

それは・・・自民憲法改正案にある「首相の衆議院解散権」の条文追加と「内閣法案提出権」の追加である

両者とも「国権の最高機関」である議会の権限であるからだ アメリカでも大統領に法案提出権はない 議会である 当たり前だ





日本国憲法の父、ルイス・ブランダイス



英国植民地インド兵 インドを人口の2%に過ぎないシーク教徒がインドを支配していた 日本の現在の田布施村、田布施マフィアと同じことである
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日銀株式会社は紙幣原版と輪... | トップ | NOW新世界秩序の必須科目は破... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

新興宗教科学教」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL