♪高校生のブログ♪柏発信

YouTube=chako3491&「高校生の歴史」

ルーズベルトとチャーチルのハイドバークルーズベルト私邸の私的約束【米軍はタヴィストックの指示に従うこと】

2017-06-15 09:58:56 | 歴史
ルーズベルトとチャーチルのハイドバークルーズベルト私邸の私的約束【米軍はタヴィストックの指示に従うこと】


これは白人の研究者が述べている 「ハイドパーク協定」というらしい?1944年9月18日だ(これは「日支闘争計画」(第二次世界大戦遂行計画書)の日付と同じだと私には思われる?)


第二次世界大戦中の米軍行動はすべてタヴィストックの指示であったのだ ドイツ兵の100万人だか200万人だかの捕虜の飢餓殺戮もタヴィストックの命令だったのだ(アイゼンハワーが命令した)

 タヴィストックの命令(指示)はそのままロスチャイルド(=イルミナティ)らの指示であること 朝鮮戦争で川向こうに爆撃するな!という命令、橋を爆撃するな!という命令、すべてこんなもんだ ベトナム戦争の爆撃できない場所もかれらの命令(タヴィストックの指示)だった そういえばノモンハンで川向こうに攻撃してはならない!という天皇陛下命令があったということを思い出した
 現在でもこの約束は生きているのである 信じられないことだ
 日米合同委員会もこのタヴィストック指示下にある!ということになる どういうことか?共謀罪がタヴィストックの指示であることだ!




Babyloniaオネシス(魚)ローマ教皇かぶりもの ・・・ということはBabyloniaのかぶりものということ Babyloniaはどんな?国だったか? ユダヤ人を捕虜として連れて帰ってユダヤ人が100年近く(60年くらいらしい)日本軍兵士のシベリア抑留みたいになってTalmudを生み出したところだと覚えているが?? Babyloniaと同じ帽子をかぶっているのはBabyloniaが今まで続いていることになる? その伝統が続いている なんか?なんか?ぞっとする感じである Babyloniaが現在までその伝統があるということが・・・ それもローマ教皇さまが・・・ ヴァチカンが・・・ 魚の帽子








羊たちは何の考えもなく戦闘の羊に従って進むのだ谷底に向かっているとも知らず・・・牧童犬と陰謀柵アジェンダコンスピラシー羊 囲い
 牧童主と牧童犬と羊 マスターの羊コントロール




<異族をだましにだましあげて生き残りをはかること>
<異族を毒薬で殺して生き残りをはかること>
<異族を麻薬ジャンキーにして生き残りを図ること>
<異族の子供を殺して生き残りを図ること>
<異族にウソを撒き散らして生き残りをはかること>
文明の終末を味わった民族の特性とは・・・NYユダヤ博物館 異民族を犠牲にして己達が生き残ること
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真夜中に強行採決だそうです... | トップ | 小池百合子のやっていること... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
無言。 (仏)
2017-06-15 10:18:16
何も発言したくないです。何で連行されるか分からないので。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL