♪高校生のブログ♪柏発信

YouTube=chako3491&「高校生の歴史」

彼らは西洋思想である三権分立を当たり前として日本人に洗脳している【通貨発行権】

2016-10-29 19:58:42 | 新興宗教科学教
彼らは西洋思想である三権分立を当たり前として日本人に洗脳している【通貨発行権】

タルムードとは<ひとをだますこと>である

三権分立は明治維新以来のことである
立法・行政・司法、という一神教のごとくこの中に閉じ込める精神監獄にわれわれをとじ込めている?のかもしれない?
通貨発行権は巨大な一権であることをわれわれは今日の状況を通じて知っている そして公知機関としてのマスコミも今日では一権としての力を持っている

彼らは東インド会社のスパイアダム・スミスを経済学者として立ち上げ、経済学徒に無駄な努力を強いている この通貨発行権を隠すことを目的とした経済学は150年にわたるものらしい? すべての経済学者が通貨発行権を隠す目的でそれぞれの理論をまとめているのだ すべて無駄な努力を課するためで通貨発行権を隠す目的に収斂(しゅうれん 一つに集約すること)する
最近では古典経済主義とかなんとかがはやりらしい?よくはわからないが民を煙に巻くのに大活躍らしい?米国留学する日本のエリート中のエリートが教え込まれるという?そして国際関係論もそうだという?

本当に三権分立なのか? 東洋の考えとは相容れない三権分立というものなのだ この考えを明治維新以来受け入れた日本が西洋文明の悪魔に犯されることになった? 江戸時代では町方同心は行政と司法を兼ねていたのだ なぜ?西洋文化が三権分立なのか?自分にはわからない?
通貨発行権を隠す為?なのではないか?という疑念がある?
かれらは明治初年から三権分立として通貨発行権を一言も述べていないのだ 現在の日本の中央銀行が定まったのは明治10何年かの年だ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 麻を葬ったのは彼らのデュポ... | トップ | 落合莞爾氏の落合秘史7を読... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

新興宗教科学教」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL