♪高校生のブログ♪柏発信

YouTube=chako3491&「高校生の歴史」

本来の煮干しは国内ではもう?ないようだ?【添加物】

2016-10-11 11:23:30 | 新興宗教科学教
本来の煮干しは国内ではもう?ないようだ?【添加物】

日本は許可添加物は800種である こんなこと考えられな〜いっ!!
アスパルテームはアメリカで15年かけて落とされた!賄賂と脅しと殺しでやられた 日本なんて何の問題にもならなかった バカみたいに簡単にやられた! 認可されたということ
ドイツは10数種の添加物を努力して10種まで削減したという? 北欧では添加物禁止(添加物ゼロ)の国もある どこだったかは忘れたが・・・

小学生の頃、学校の先生の家に遊びに行って、子供を遊ばせてくれということで近所の店でアイスキャンディーを買ってあげた それを見て先生はすぐキャンディーを子供から取り上げたのだ その時は子供には毒なのだろう?と思った しかし最近になって分かったことだがサッカリンを先生は毒物とわかっていたのだ サッカリンは昔に禁止になったが国は最近かどうか?知らないが認可して使われている 夏に自転車で来たキャンディー屋さんから1本買った 200円くらいだったと思う おいしかった サッカリンだろう?

厚労省審議会売国奴連中 ワクチン 厚生省は麻薬を国家が流通させるために作った役所(興亜院)である 彼らはわれわれの行動変更(=洗脳)部隊である ナチス「世界シオニスト連盟」特攻隊である 羊の頭数の管理はこいつらがやることになる
こいつらはシオニズムを世界中で実行する実行部隊(あらゆる場所、あらゆるところに配置する精神科医などの突撃部隊=シオニズムを実現する)のひとつであることを知らなければならない GHQマッカーサーの作った日教組はナチス武装突撃親衛隊である なぜ?武装なのか? それは教師という武装(武器を持っている)をしているからだ かれらはこうしてシオニズムを確実なものとするやり方(手口)を手に入れたのである
 この子宮頸がんワクチン接種も水俣病同様、ヒトラーの予言した「日本人をモルモットにする!」なのかもしれない?
 これがタビストックの言うナチス精神科医突撃部隊(地域の精神科医の行動部隊=集団行動変更精神科医部隊)らしい? こいつらは部隊として行動しているのだ コンバットのサンダース軍曹医療班731部隊なのだ もちろん不逮捕特権を約束されている エイズのあの普通の民は住めない二階建て入母屋に住んでいた者と同じである すべて朝鮮人の血流つながりであるとも推測されるが、統一教会(=世界統一政府NWO)つながりとも推測される 日本会議を乗っ取ったなんとかの家原理主義者とも言える 厚労省がRIIAの許可の下に選んだので詳細は不明で推測するしかない
彼らは大得意の絶頂である ひと昔なら闇討ちに遭っていたところだ それほど日本人はフッ素で大人しくなってしまったのだ(これは古来からの日本人のDNAと言う方が正しいとも言える=天皇異民族支配である)
今の学者連中はかつての、450年前のザビエルなのだ 頭は天才だが、底意が、ローマカトリック教会の軍団である 軍団員なのだ ガーター騎士団員英国陸軍元帥殿と同じである


ドイツ添加物は30種から10種に減った


ラーメン 添加物 味の素 なぜ?ラーメン屋なのか? MSGたっぷりなのです これを知らなければなりません 故郷が懐かしい方々が多いようですが?どんでもないのです カップラーメンと変わらないのかもしれません? MSGは毎年増産に増産を重ねています それだけ食品に使われています 味覚を壊してしまいます 脳に感じる味覚だと思います この記事を6年ほど前に動画にアップしたら次の日にはニコ動アカウント削除されました MSG一つの言葉だけで削除されました それだけのことがあるのです なぜか?彼らはわれわれ日本人一億人を対象にMSG実験(日本人の人体実験)をやっているのである


味の素 添加物


朝食でパンを食べることが脳を狂わせる添加物パーマ液


MSG味の素グルタミン酸















MSGは毎年増産に増産を重ねています それだけ食品に使われています 味覚を壊してしまいます 脳に感じる味覚だと思います この記事を6年ほど前に動画にアップしたら次の日にはニコ動アカウント削除されました MSG一つの言葉だけで削除されました それだけのことがあるのです なぜか?彼らはわれわれ日本人一億人を対象にMSG実験(日本人の人体実験)をやっているのである














ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 死刑廃止は彼らの金儲け商売... | トップ | 米国人はロスチャイルドは過... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

新興宗教科学教」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL