♪高校生のブログ♪柏発信

YouTube=chako3491&「高校生の歴史」

彼らは完全に日本を潰(つぶし)しにかかっている!【移民一千万人・種子法廃止・共謀罪・農協】

2017-03-30 00:32:28 | 新興宗教科学教
彼らは完全に日本を潰(つぶし)しにかかっている!【移民一千万人・種子法廃止・共謀罪・農協】


下記のようなprotocolがある(これは議会記録である)
「合衆国を安い下級労働力であふれさせれば、賃金を下げることになり、通常の暮らし向きの人にとっては、子供達の就学時期に、彼らに十分なカネをさくことが次第に困難となって、そのため子供の教育を、英国の貧乏人の子供の水準にまで落とさざるをえなくなろう。そうすればたちまちにして、鮮烈(せんれつ)な階級差別であるいは無学の「衆愚」を助長する結果につながろう。この後者の階級は、英国ではたいへん望ましいと見なされている。なぜなら、下層階級が無知であればあるほど、彼らを一層たやすく支配できるからである。」





 シオニズムはユダヤ人の歴史的悲劇を利用しています ユダヤ人の利用です ユダヤ人は関係ないのです
 安倍晋三はシオニストです 橋下徹・辻元清美・小沢一郎・習近平・サッチャー・レーガン・オバマ・などすべてシオニスト(つまり、mammon教=カネだけ教なのです イスラエルとか、ユダヤ人帰還運動とか、すべて関係ないのです シオニズムという通名(別名)がマモン教なのです 上記の者たちすべてマモン教(カネだけ教)ということです これがシオニズムです ロスチャイルド=イルミナティはシオニズムという別名を使って民をマモン教に誘導したのです これが唯物論によるシオニズムの正体です 人類が産まれてけものと区別できる大切な精神(霊性)がひとかけらも入っていないシオニズムであります
 思い切り肉のエサを投げ与えて食らいついてる間(森友学園とか、加計学園とか、国際医療福祉大学とか、医学部新設とか、獣医学部新設とか、医療特区、などのエサ)に、夢中にエサにくらいついている間に、移民が大量に入る構図である 多数のエサにホンチャン(目的とする)をわからないように紛(まぎ)れ込ませるのだ
 これは・・・日本人の発想ではない ゲットーが発想の原点であることを知らなければならない 彼らはとっておきの特別区域(ゲットー)を日本において歴史的実験をしているのである これがCIA要員であったホメイニが自慢していたホード(ひっかけ)なのだ
 この安倍政権ではじめて出た特区(特別区域)の話は特区を許可すると魔法ができることである 特区に指定すれば大学もできるし病院もできる 小学校さえできてしまう すべて特区だ
 こんなことはそらしなのだ そう、ホンチャンは移民特区である
 かれらは銀本位制をなくすために法案の中に密かに銀本位制廃止の条項をまぎれこませて金本位制一本にしてしまった このクソだめ政治手法が今回の特区のやり方である つまり特区で大騒ぎさせて移民特区にはたどり着かせないこと






アメリカの学生が学内で路上生活者になっているらしい? 向こうの大学は広いのでなんとか夜に寝る場所があるのだろう? 

 寮には4人で生活するのだが一ヶ月36万円 一人あたり9万円くらいの負担なのでローンを組むことになるらしい?


 昔の国立は二人一部屋で朝晩の食事がついて1万5千円だったそうだ

日本でこの状況(アメリカ並み)になるのは10年くらいらしい? そう、医療関係がアメリカ同様になるのも10年くらいだろう? 救急車は民間のタクシー会社のようなところになってしまう 消防署を民間委託にしようとする話もある 

しかし消防は江戸時代の火消しからの伝統と警察と密接な関係(他人の財産に権力を行使しなければならないこと)があるので日本ではいまのところそこまで国民を誘導することは難しい?


 すでに共謀罪は今回ダメだとしてもそのうち成立する 司法取引は現実の話である 実現されている




大学生の貧困





女性の貧困
 女性の貧困は信じられないくらいである






中国人留学生の日本支配階級予定化 生活費はタダ 日本でこれから死ぬまでとどまるのだ 子供を平均3人産んで日本人以上の人口となる予定である
 実は彼らは退役軍人ですたい! 若いから日本人は退役軍人だと信じられないがそれは日本人が軍事を知らないからである(無知か無邪気かという英語があることを思い出した)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 森友学園籠池氏証人喚問(参... | トップ | 彼らが移民特区でもう230万人... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

新興宗教科学教」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL