♪高校生のブログ♪柏発信

YouTube=chako3491&「高校生の歴史」

ピースサインは悪魔教である【子供達、大人までやるピースサイン】

2017-05-09 19:51:44 | 新興宗教科学教
ピースサインは悪魔教である【子供達、大人までやるピースサイン】

ピースサインで写真を撮るのはヤバいぜ!


「ピース」 / 「ピースマーク」は悪魔崇拝でした。
https://www.youtube.com/watch?v=EXgowB4D-JY


ピースサインはオカルト ルシファー崇拝


民をだますのはかんたんだね?









 タルムードとは<ひとをだますこと>である カバラとは<悪魔学>という意味だ かれらの目的は経済的野望である ひたすら経済的欲望を満たすためにやっている これらはヴェネチアで行なわれた商人国家だ 彼らはヴェネチア商人国家を目指している  英国はヴェネチア憲法丸写し(英国には憲法がないと言われているがあるのだ それはヴェネチア憲法丸写しの憲法である)

 われわれは「多文化共生」を悪魔教宗教だとは知らなかった 多文化共生は宗教なのだ!多文化共生はゲッペルスの叫んだ人間獣化計画である 多文化共生は言葉を変えて民に人間獣化計画を示しているのだ! 黒人一種化である 政府がやっている多文化共生は信じられないがこんな恐ろしいことだ!
 ナアマ計画(ロスチャイルド)とは人間雑種化計画なのだ
 そしてとても信じられないことに昭和40年(1965年)から教科書に記載された【平等権】がこのゲッペルスの人間獣化計画ということがわかった LGBTは「獣化」という意味だ
 Nobody’sPerfectプログラム(叱らない教育)・CAP教育・フリーセル保育・同性婚・合同結婚式・おんぶでないけもの抱き(前抱きのこと)・出産直後の赤ちゃんの即時隔離、よくもまあ考えたものだ 悪魔教でしかなしえない!
 ケータイで電車に乗り支払いする そして今では時計で電車に乗れる 支払いもできる アメリカでは現金ではなく駐車場もカードらしい そう、この後に来るのは・・・手にマイクロチップ埋め込みだ! かれらは時間をかけて人間獣化計画を成(な)し(最初は【平等権】=長期的浸透洗脳)、マイクロチップによる電子マネー流通をアジェンダしている(自由に使える管理出来ない現金を無くすこと) 超管理社会(近未来小説「1984年」)だ

 地球を所有する力を有するかれらである(ローマ帝国よりでけえ!モンゴル帝国よりでけえ!のだ)
地球を「金持ち主義」に変えようとしているかれらである! 右も左も関係ない!金持ち主義だ
かれらは飼っているニワトリを使って地球を「金持ち主義」に変えようとしている! もちろんテレビ新聞マスコミもかれらに飼われているニワトリだ

 なお、王族が乳母教育をするのはいびつな精神(親の愛情欠落)を育(はぐく)む話がある ピザゲート(食人・幼児なんとか)の温床でもある
 かれらは合同結婚式で生まれた者を世にさらしている シールズとか、未来のための公共とか、ミス日本とか、活動家とか、議員もいるのだろう いろいろである かれらの成果(実力=地球を所有する力)を誇っているらしい?
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本を仕切っているのはCSIS... | トップ | GHQ=神社本庁は中国人【私日... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
魔のピースマーク (モレモレ)
2017-05-10 06:32:49
広島、長崎投下の後「おめでとう、これで日本はいただき」が始まり。
http://nueq.exblog.jp/iv/detail/?s=22235225&i=201403%2F10%2F43%2Fb0221143_15242977.jpg

伊勢志摩のすぐ後、安倍ようこ地元(函館)の近くで起きた不思議に大げさな事件。英国連邦各国の有名紙のそれぞれ一面に掲載された。
https://vipper-trendy.net/yamato-1week/
魔のピースマークをやめよう。 (モレモレ)
2017-05-10 06:43:06
それほどの事件か〜〜?一体誰が掲載料払う?13日金曜日の新聞。ニュージーランドでは、同紙別面に魔素のオベリスクの写真が大々的に。〜ということだろう。おっと中国にも出たそうだ。
http://livedoor.blogimg.jp/scienceplus2ch/imgs/4/d/4df8c6c9.jpg

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL