♪高校生のブログ♪柏発信

YouTube=chako3491&「高校生の歴史」

西郷隆盛の写真の抹消(残っていない)は生存を隠す為らしい?【長州幕末歴史検定試験】

2016-10-31 07:37:06 | 新興宗教科学教
西郷隆盛の写真の抹消(残っていない)は生存を隠す為らしい?【長州幕末歴史検定試験】

タルムードとは<ひとをだますこと>である

なぜ?西郷隆盛の写真が残っていないのか?死ななかったのだ その後の生存を隠す為だ
ロシアに渡ったという?落合莞爾氏はヨーロッパに渡った?というが?ロシアに渡ったという話が真実味が強い なぜか?と言うと息子と親戚がロシアに渡って会いに行ったということがある ロシアに行ったことは間違いなく記録に残っているらしい? 会ったかどうか?は知らない? 会った!というのは推測の話のようだ?

西郷隆盛はキリスト教徒?でありフルベッキの助言もあったはずだ? なにしろ英国の王政復古にならった(これを彼らはモデルとしたようだ?)明治維新だったからだ 西郷隆盛は聖書の一節を色紙にするのがお好みだった つまり西郷隆盛はタルムード<ひとをだますこと>するということ・・・ 聖書にはタルムード<ひとをだますこと>満載(まんさい いっぱいのせること)である

1815年にウィーン議定書が決まり、同年にロスチャイルド=イルミナティが通貨発行権を英国からもぎ取った そして同年三ヶ国の神聖同盟である この三ヶ国は第一次世界大戦後に王様がなくなってしまった イルミナティとは「日々是革命」であるのでこの神聖同盟をぶち壊したのだ 青年トルコ党など各国にイルミナティが革命団体を作り、日本の明治維新がこれのこと(下級武士によるフリーメーソン革命)だった(落合莞爾氏)ということは正しいのかもしれない? フルベッキ、グラバー、という英国諜報員(彼ら黒い貴族の直参)がこれに呼応したのだ 神聖同盟に英国が加わっていないというところがミソでこのやり方が英国諜報員の英国女王様(現場要員としてのロスチャイルド=イルミナティ)である この女王様(東インド会社)がすべて事を成し遂げたのだ

落合莞爾氏は大室寅之祐の鹿島説を否定しているが現在まで田布施システムと言われる田布施マフィアから8人の首相が出ていることを無視している 田布施システムを嘘だとしてもこんなに8人も首相が出るわけがない 田布施共産党の松重正が嘘をついていると言っている しかし田布施の住民のうちのじいちゃんは天皇になった!という話がある これは鬼塚英昭氏の話である(YouTube) 現在の田布施安倍首相がこのことを証明している あの田布施の狭いエリアから8人の首相が出ているのだ 安倍首相で8人目だ この事実が証拠である


アメリカを支配しているのは黒い貴族である 黒い貴族とはなんだ? そのバックにはフリーメーソン、イルミナティ、無数の秘密結社が控えている これが黒い貴族である アメリカは建国当初から彼らの手の平であった 今でもそうだ アメリカは英国、イスラエル、の奴隷国家なのだ 白人研究者は「三百人委員会」と言っている その頭脳は英国チャタムハウスRIIAタビストック研究所なのだ 世の様々な出来事はこのタヴィストックがやっている 女王様が1946年に命令された「静かなる戦争」である

東インド会社は生きているのだ NWOなんてスピン(そらし情報)をやっているが・・・東インド会社による「新植民地主義」である 彼らの得意技は正体を隠すことだ

ロスチャイルド、ロックフェラー、は彼らの現場要員である 現場かんとくなのだ

黒い貴族を、守っているのはフリーメーソン、イルミナティ、数かぎりない秘密結社である 英国(東インド会社)の栄光を崇拝し、賞賛する、者たちである




キリスト教徒の西郷隆盛 聖書の一節





田布施マフィアの面々 あの狭いエリアである田布施村から7人の首相が出ている(安倍首相含めて8名) インドを人口の2%に過ぎないシーク教徒に支配させるやり方(手口)である これがカースト制だと気づかなくてはならない 彼らはロスチャイルドのコンプラドール(お人形さん)なのです 田布施マフィアと呼ばれています フリーメソン革命の明治維新からです 明治維新はフランス革命と同じフリーメソン革命だったのです 田布施マフィアの面々 あの狭いエリアである田布施村から7人の首相が出ている(安倍首相含めて8名) インドを人口の2%に過ぎないシーク教徒に支配させるやり方(手口)である もしもの話だが?明治維新の留学五人組が一番強いというロスチャイルド=イルミナティのユダヤ教徒に改宗していたとしたら?どうだろう? キリスト教徒を装うことなど平気の平左!この仮説が当たらないことを願う?現政権の行動はこんな?タルムード<ひとをだますこと>だとしたら?辻褄(つじつま)が合うかもしれない? 日ユ同祖論=日本侵略がとても恐ろしいものに見えてきて不気味この上ない! 梅毒にかかっている連中をすごい!とは思わない スパイが首相になっている?なんて?日本人は夢にも思いません


英国植民地インド兵 インドを人口の2%に過ぎないシーク教徒がインドを支配していた 日本の現在の田布施村、田布施マフィアと同じことである



彼らはターゲットにほのめかしターゲットに吹き込んだ考えを己が考えたものだ!と錯覚させることを得意とする 美濃部達吉の天皇機関説が有名である 明治維新もそのことだったのだ 英国からの機密書簡にはこう書いてある「かれらが自らそうしたように見えなければならない」 彼ら黒い貴族が長い命脈(めいみゃく 命の続くこと)を保っているのもこのことなのだ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バブルの時、三菱は日銀株式... | トップ | 彼らがやっているのはアメリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

新興宗教科学教」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL