♪高校生のブログ♪柏発信

YouTube=chako3491&「高校生の歴史」

彼らはなぜ?「キャッシュレス社会」にしたいのか?【三菱銀行電子マネー人類支配NWO】

2016-09-19 22:20:07 | 新興宗教科学教
彼らはなぜ?「キャッシュレス社会」にしたいのか?【三菱銀行電子マネー人類支配NWO】

タルムードとは<ひとをだますこと>である

われわれは現金で買い物をしている しかし現金がなくなり、クレジットカードだけになってそのクレジットカードが認証されなくなったらどうだろう? つまりクレジットカードの管理者がわれわれの買い物を管理してしまうということ コンピューターの管理者がわれわれの買い物まで管理するのだ これが彼らがキャッシュレス社会をプロパガンダしていること 統一教会(=世界統一政府NWO)はすぐそこだ! カルトが世界を支配しているのである われわれはカルトをバカにするように仕向けられている(洗脳)だけなのだ!


かれらは現金をなくす!ことを目標としている? なぜか?それは・・・我々の自由に使える現金をなくしてしまうこと!我々は自由な行動(買い物とか活動)をできないことになる すべて彼らの監視する、管理する、仮想通貨を使わないとダメになる つまりかれらは監獄の囚人を監視するように番号で囚人を監視するのである(マイナンバー)
それでは、麻薬取引はどうか?これは現在は金塊(ゴールド)で取引されている 金価格を決定する場所を(ゴールデンルーム?)中国に移したのはこの麻薬売買金塊取引が一番多いのが中国のなんとか銀行、なんとか銀行、であるからだ 麻薬売買は仮想通貨はあまり関係ないらしい? しかし、民の取引は完全にかれらの管理下に入るということである 羊を管理することと同じなのだ これの発想はまさしく牧畜文化であることを知らなければならない 牧畜文化がすべての悪の根源なのだ




彼らがなぜ?仮想通貨を使うか? クレジットカードと同じことである レジでクレジットカードが認証されないとそのお方は日干しになって餓死することになる この食料を奪うことが可能となる 仮想通貨で民を管理するのだ 自分はよくわからないが、民から自由な現金を奪うことだという? これはアメリカ人の銃を取り上げることと同じことのようだ? 彼らのアジェンダは民の現金を取り上げること そして銃を取り上げること(日本の刀狩り) 日本人はすでに銃は取り上げられており、丸裸の状態である これをアメリカ人に対してやろうとしている FEMAであり国連軍である これはJAL123で生き残った何十人かの乗客をやった朝鮮人自衛隊員らしい? パイナップル軍と言われている 自国民を殺す軍隊である 東南アジアのどこだったか?日本人ジャーナリストがデモ取材で市販ビデオカメラを持ったまま銃殺されたことがありますが、あれがパイナップル軍、天安門事件でも異民族軍を使ったパイナップル軍が出動したのです 日本にもパイナップル軍がいるということ すでに警察などは中国人が署長になっている例が多いことがわかりました 以前は朝鮮人が多かったが中国人の割合が多くなったと思われます 中国総動員法のときのためのようです 日本人は副署長のようです 日韓併合のときの真逆になっているようです


日本は2016年6月3日に彼らに電子マネー通貨発行権を認めてしまったのだ!「情報通信技術の進展等の環境変化に対応するための銀行法の一部を改正する法律」
銀行法なんて大詐欺そのものである(通貨発行権のサギはパウロの贖罪詐欺(キリスト教徒を二千年間だましている)以来の大詐欺である シオニズム(ネオコン)も同じ)
実は明治憲法にも現憲法にも通貨発行権が書いてないのです 自民憲法改正案にも書いてありません これが大サギであることです
マイナンバーはアウシュビッツで左の二の腕に入れ墨をしたことです この仮想通貨(カード)とマイナンバーで日本列島アウシュビッツ収容所を管理することになっています? 玉音放送の後にソ連軍が攻め込んで来た満洲に残っていたお方が言っていました 戦車の後に徒歩でついてきた(銃撃から身を守るために歩兵は戦車の後について進む)ソ連兵はみな、腕に入れ墨をしていた!と言っていました ソ連の囚人兵だったのです 兵士の数が足りないので囚人を兵士として満洲に攻め込んだのです 入れ墨は囚人を管理するものです 日本でも囚人は名前ではなく番号で呼ばれます これは普通の日本人の知らないこと
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「西洋化」とは「イルミナテ... | トップ | TPPに代わるものが国家戦略特... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL