ほんちゃんの古寺巡礼

仏像めぐり(見仏)、御朱印集めの軌跡を記す、古寺巡礼ブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

月明かり観音@西阿閉

2006-09-02 16:02:58 | お寺レビュー
今回は西阿閉(にしあつじ)の観音堂(2006/08/06拝観)。
朝日山竹連寺と号しています。

こちらには第22回観音の里ふるさとまつりで足を伸ばしました。
シャトルバスを自在に乗り継いで自分の目的地を巡るスタイルがすごくよかったです。
今年(2006年)から導入したスタイルとのこと。
ぜひ来年以降もこのスタイルが定着してくれることを祈ります。

こちらの観音堂もまた、普段から集落の皆さんの手で守られています。
バスを降りると、暑い中、白テント(運動会で登場するような)で
集落のみなさんが待機してらっしゃいました。
お堂に上がってご本尊を見せてもらえることに。
ご本尊は観音様として信仰を集めていたのですが、
制作当初の姿は宝冠阿弥陀だったと近年の学術調査では推定されています。

そして、案内の方はこのようなことをおっしゃっていました。
・氏神ならぬ村仏として大切に守ってきた
・集落の皆さんもめったにお堂に上がることはない
・法要(盆暮れなど)の際は、住職を招いてお経を上げてもらっている
・ご本尊の管理は当番制でオコナイという行事で担当を決めている
・ご本尊のお顔は平らだけれど、月明かりで拝むと幻想的な表情を見せられる

月明かりに照らされた仏様を想像する。構図そのものが美しい。
どんな表情を見せられるか、ものすごく興味をそそられました。

さらに、写真撮影の許可をいただくことができたので、間近からパチリ。
西阿閉の皆様、この場を借りてあらためて御礼を。
ご本尊@西阿閉西阿閉観音堂
『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛嬌に満ちたお釈迦様@尾山... | トップ | コミカル十一面千手千足観音 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お寺レビュー」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事