それはまた別のお話

観劇とか映画とかの感想文を少しずつ

「ハドソン川の奇跡」

2016-09-30 | 映画


俳優としても監督としても著名なクリント・イーストウッド監督と、名優トム・ハンクスがタッグを組んだ人間ドラマ。2009年1月15日、突然の全エンジン停止という危機に見舞われながらも、ハドソン川に不時着して乗客全員が生還した航空機事故のてん末に迫る。『サンキュー・スモーキング』などのアーロン・エッカートらが共演。機長の手記を基に描かれる、奇跡の脱出劇の背後に隠された真実に言葉を失う。


飛行機は年に1回か2回乗るぐらいなので、乗り慣れているとは言えないワタシ。
なので未だに離陸の時間はなぜか緊張します。

この映画の題材になった事件、ニュースで見た記憶があります。
なので「乗客乗員155名が全員助かった」という事実は、映画を見る前から知っていました。

映画の中では話は時系列に並びません。
トム・ハンクス演じる事故機の機長サリー(映画の原題も「SULLY」)が見る墜落の悪夢から始まります。
事故調査委員会からは執拗に厳しく「ハドソン川に着水する必要が本当にあったのか」と尋問され、街を歩けば過剰に英雄扱いされ、悶々とする時間。
バードストライクにより両エンジンが停止し、コックピット内での逡巡と決断の末、近くの空港に緊急着陸するよう指示されるも川に不時着するまでの208秒、この緊迫する映像は後半になってからインサートされ、結末がわかっているのに見ていてドキドキ。
映画の構成力が高いんだなぁ。

CAの女性が落ち着いて機内の乗客に声をかける態度、離れ離れになった家族が救助されて再開する経緯、川を航行していた巡視船が不時着機に駆けつけるスピード、そして事故発生時から誘導にあたる管制官の表情、
必要以上にドラマチックにせず、でも当時記録された実際の映像と同じ角度で表現しているところなどが凄い。
それぞれがそれぞれの仕事を全うしていることが過不足なく伝わりました。

日本でも、新聞の片隅に「不測の事態に見舞われ引き返した」という記事を見かけます。
今まで何気なく見ていたこのニュースの裏で、名もない人々がそれぞれの仕事をしているから大事に至らなかったんだなぁ…と改めて思いました。
そしてこの映画で取りざたされた「人為的なミス」への対処も。
これからも私は離陸のときに緊張すると思うけれど、きっとこの映画を思い出すんじゃないかな。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「怒り」 | トップ | 「中川晃教meets小沼ようすけ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。