それはまた別のお話

観劇とか映画とかの感想文を少しずつ

「武曲」

2017-06-23 | 映画

『日本で一番悪い奴ら』『怒り』などの綾野剛を主演に迎え、芥川賞作家・藤沢周の「武曲」を基に描く人間ドラマ。鎌倉を舞台に、境遇の違う2人の男が剣士として鍛錬を積み、本気でぶつかり合う姿を活写する。『私の男』や『ディアスポリス』シリーズなどの熊切和嘉が監督を務め、綾野と相対する高校生を、『2つ目の窓』などの村上虹郎が熱演。綾野の鍛え上げられた肉体も見どころ。


質実剛健、という言葉が似合う映画でした。
物語の運びに一切の抒情性なし。
時代の匂いとか、「あるある」的な共感とかからも程遠い。
女性の登場人物(前田敦子や風吹ジュン)も重要な役どころではあるが霞んでいる感じ。

…というぐらい「綾野剛にはじまり綾野剛で終わる」。
こういう劇画調の作品はあまり好まないんですが、彼の魂込めた演技に「血湧き肉躍る」気持ちになりました。
泥酔し続けるクズっぷりから、父親との対峙、そこからの変貌、ラストシーンの美しさ。
綾野剛といえば私は「そこのみにて光輝く」がベスト作品だと思ってますが、匹敵するぐらいの魅力でした。

内容が劇画なので、「そりゃないだろ」という暴力シーンや救いのなさが続き、
正直ストーリーは中だるみするのがちょっとアレなんですが、
コレ、思いがけず「地元映画」でした。
鎌倉学園はわかるとしても、まさか大船駅のデッキがあれだけフィーチャーされるとは!
鎌倉(と思われる)古民家も雰囲気あったなぁ。
地元でも上映館が少なくてあまり注目されないまま上映期間が終わりそうですが、もっと評価が上がってもよさそうな…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これからのあっきー予定を考える【6月下旬】

2017-06-14 | 日記
(自分のための覚書きにしています)

9月から10月のコンサート、Seasons of loveが発表になりました。
新歌舞伎座や明治座、これはもしやして花道を使うジャパネスクな演出?
「I Sing」ではなく「LIVE ACT」と銘打ってますが、演劇的要素が加味されるのでしょうか。
(追記:LIVE ACTという謳い文句は外れている模様)

夏のミュージカルのあと9月はコンサートが続き、「HEADS UP!」の準備を考えても、恒例のアレはどうなのかな。
そうですアレとは「THE WIZ」のことです。
久しぶりに聞きたいなぁ。
原点回帰ってことで12月はいかがでしょうか。


【6月からの公演とこれからの出演予定】 

6/9 オリンピックコンサート2017(東京国際フォーラム ホールA)
6/11 「うたに恋して!〜歌がつむぐ名曲ものがたり〜」出演(BS日テレ)
6/24 「グリーン&ブラックス」第3話出演 初回放送(WOWOWプライム)

7/26~8/26 ビューティフル The Carole King Musical Beautiful(帝国劇場)

9/9 一路真輝35th Concert(ゲスト出演)(シアタークリエ)
9/14 中川晃教コンサート2017 Seasons of love 名古屋公演(中日劇場)
9/17 岡本知高Concerto del Sopranista 2017-2018(ゲスト出演)(東京オペラシティコンサートホール)
9/24 中川晃教コンサート2017 Seasons of love 大阪公演(新歌舞伎座)

10/1 中川晃教コンサート2017 Seasons of love 東京公演(明治座)

11/12 中川晃教シンフォニックコンサート(豊中市立文化芸術センター 大ホール)
11/25 ミッキー吉野×中川晃教 スペシャルライブ(八ヶ岳高原音楽堂)

11月 NHKドラマ・大河ファンタジー精霊の守り人シーズン3 出演

12/14~12/17 HEADS UP!(KAAT神奈川芸術劇場)

2018年
1月 シアタークリエ10周年記念公演「TENTH」(シアタークリエ)
1月~2月 HEADS UP!(地方公演)
3/2~3/12 HEADS UP!(TBS赤坂ACTシアター)
9月 ジャージー・ボーイズ(シアタークリエ)
10月 ジャージー・ボーイズ(地方公演)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「オリンピックコンサート2017」 6/9

2017-06-10 | ライブ


「オリンピックコンサート2017 つなごう情熱、輝く未来へ!」6/9(金)19:00 東京国際フォーラム・ホールA 2階23列上手サブセン

【出演者】
指揮:藤岡幸夫
オーケストラ:THE ORCHESTRA JAPAN
ナビゲーター:藤本隆宏
合唱:NHK東京児童合唱団
ナビゲーター:藤本隆宏
ゲストオリンピアン:小谷実可子 / 小塚崇彦
ゲストアーティスト:新妻聖子 / 中川晃教

2014年にStarSが出演したとき以来のオリンピックコンサート、今回はB席で参加しました。
フォーラムAの2階席に初めて座りましたが、、、いやー遠かったよ
2階のB席は(おそらく)聖子ちゃんやあっきー目当ての人々が大半、肉眼でステージを見るとあっきーは3cmぐらいになってしまい、オペグラが大活躍でした。

【プログラム第1部】
第一部は、「交響曲第9番『新世界より』第2楽章(ドヴォルザーク作曲)」や「だったん人の踊り(ボロディン作曲)」などのオーケストラ演奏に合わせて、過去のオリンピック映像がスクリーンに投影されます。
毎年思いますが、この映像の完成度が素晴らしいんですよね。今年は、「オリンピックで重要なことは、勝つことではなく参加することである」という言葉に合わせ、勝者の影にいる敗者の涙やアスリートを支えるスタッフに焦点を合わせた名場面が映しだされて感動的。

ゲストオリンピアンの小谷実可子さんと小塚崇彦さんのトークも面白かった。
「日々のトレーニングに集中していると、オリンピックは特別なものではなく一つの試合という感覚だった。むしろ全日本選手権や世界選手権のほうが次期出場枠がかかっているので、意識せざるをえなかった」という小塚くんの言葉が印象的でした。

【プログラム第2部】
さて目的の第2部です。

「止まらない一秒」中川晃教
あっきーは、小さ目の蝶ネクタイにフォーマルなスーツと黒エナメルの靴…だと思う(なんせ3cmだからよく見えない)。
アルバム「decade」ではEDMっぽいアレンジなので、この日のオーケストレーションはとても新鮮でした。あっきーは実に正統的な歌い方で、高音のきらめきもラストの囁きも魅力が凝縮されていて「この1曲で中川晃教を知ってください」という意思が込められたように思えました。
スポーツイベントを意識したような曲調と歌詞ですが、「特にオリンピックに当てて書いたわけではないですが」と言いつつも、後のトークではデビュー15周年を迎えたことやアルバム「decade」に収録されていることをさりげなくアピール。さすが。

曲終わりで「中川晃教と申します」と自己紹介、ここのトークは(たぶん)きっちりとした台本があり、硬いながらも淀みがありませんでした。

「GOLD」新妻聖子
聴いたことある曲だなぁと思ったら「カミーユとロダン」の中の曲なんですね。赤を基調とした豪華で煌びやかなロングドレスでした。

このあと、二人だけで少しトークがありました。
あっきーが「今日のドレスも素敵です」といつもの褒めっぷりなのに対し、聖子ちゃんは「いっぱい光らせてきました」と応酬。
この二人のやりとりを「夫婦漫才」と称していた人がいますがその通り文字では再現できません

「You Raise Me Up」中川晃教・新妻聖子
ワタシ的には本日のメインでした。
ソロの2曲は本人映像がスクリーンに映っていましたが、この曲は競技の映像が使われていたので両方見るのが忙しかったです。
音域的にはあっきーに寄ってくれたのかな?あっきーが控え目な感じでワンコーラスまるっと歌ったあと、聖子ちゃんが朗々としたハイトーンのソプラノを駆使して本領発揮。
ハーモニーを聴かせるというよりもお互いがユニゾンで響きを合わせるという形でしたが、あっきーのフェイクも炸裂していてとてもよかったです。テレビで放映するときもトーク含めて残ってくれるといいなぁ。

最後になってMCの藤本隆宏さん登場。
「何なんですかコレ!」と二人のデュエットを大絶賛してましたが、ミュージカル出演もしている藤本さんならではの素直な感想なんでしょうね。

それから3名でのトークが続きます。藤本さんから「お二人ともミュージカル界のスター、いや音楽シーンのスターでいらっしゃいますが、こうなるためには毎日何時間も練習が必要なんですか」という質問に対し「ぼく、練習、だいっきらいなんです」と告白するあっきー。聖子ちゃんは「この人天才ですから」と受けると「いやいや歌姫といったらこの人以外には誰も」「てなこと誰にも言ってんじゃないですかー」的なやりとりに発展。

ここのトークは台本がなかったのか、あっきーの顔つきも自由度が増して平常運転になってきました。(いや本当は3cmだからかなり脳内補完してます)
どの流れだったか忘れたけど、「You Raise Me Up」は「あなたが私を支えている」という歌詞ですよね…というのを受けて、日頃からマネージャーやスタッフがどれほど気を遣っているか、ミュージカルはカンパニーと呼ばれるチームでの作業が多いので雰囲気作りがいかに大切か、…だからもっとミュージカルを観に来てください!と紆余曲折して着地。
私の座っていたB席はゲストアーティスト目当てが多かったからか、二人の歌に対する拍手や前のめりっぷり(本当はいけません)が2割増しぐらいでしたが、「あっきーのトークがやっと着地した!」と万感籠った拍手でした

「オリンピック賛歌」
このあとゲストオリンピアンを舞台に呼び込んでトーク(荻原兄弟がホントに似ているのに改めてびっくり)、
最後は「オリンピック賛歌」を児童合唱団と一緒に斉唱。直立で楽譜を持って歌っているのに誰よりも動きが大きい晃教くん

アンコールでは、オケが演奏した「糸(中島みゆき)」をもう一度合唱団とともに。
敢えてなのかマイクバランスなのか不明ですが、ここでは主張せずに合唱団の声に紛れておりました。ステージへの出入りをするときは、常にお手振りをし、児童合唱団のメンバーには気軽に話かける。1階席を占拠していた関係者の方々にもそのハートは伝わったんじゃないかなぁ。

そうそう、藤本さんが「お二人が2020年になにかの形で関わられることを願っています」というようなことを仰っていて、これにも大きな拍手が起きていました。可能性なくもないよね…よいご縁につながりますように。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「中川晃教meets小沼ようすけ ~Music is wonderful~」 5/20 18:00~

2017-05-21 | ライブ
中川晃教meets小沼ようすけ ~Music is wonderful~
5/20(土)18:00 HAKUJU HALL B列

【出演】中川晃教(Vocal&Piano) / 小沼ようすけ(Guitar)

白寿ホールは、私たちにとっても特別な場所です。
あっきーは「小宇宙のよう」とステージの頭上を見上げながら表現していましたが、
今日は、お二人の部屋に招かれたようなリラックスした雰囲気でした。

ようすけさんがソワレ後の写真をアップしてくれていますが、 → ここ
あっきーのこの衣装は「ピアノの鍵盤」とのことで、グレーのパンツにも黒鍵をイメージした切り替えが。
両耳にキラリと光るものがピアス?マグネット?と議論になりましたが、ひっさびさの短髪黒髪にとても似合ってました。

【セットリスト】
(お友達ブログにより加筆訂正させていただきました。hildaさんありがとうございました! → こちらを参照ください)

1. It Don't Mean A Thing
2. 恋のフーガ
3. 君は薔薇より美しい
4. One Way Ticket
5. Bohemian Rhapsody
6. Coffee Please(with 小沼ゆうじ(ジャンべ)) 
7. Songe Mwen (remember me) (3名で)
8. Duo Ka(ようすけさんソロ)
9. Will You Love Me Tomorrow
10. Smile
11. Can't Take My Eyes Off You

(En)
マイウェイ
I WILL GET YOUR KISS あっきー弾き語りソロ


全体的には去年の取手ライブを踏襲してましたが、アレンジが違っていて別のライブみたい。
(2016年10月の取手ライブの記録は → ここ )
いつの間にかシームレスに曲になった「It Don't Mean A Thing」、切なさ倍増の「恋のフーガ」。
恋のフーガの「泣きながら外したの 真珠の指輪を」という歌詞を歌いながら、左手の薬指からリングを外して、そのリングをじっと見つめる仕草をするあっきー。でも2コーラスめに入るとぽいっと捨ててた(笑)

二人の初めてのライブは2015年の渋谷大和田さくらホール。
そのときからセトリに入っている「Coffee Please」ももうお馴染みになってきました。
ようすけさんがソロで弾いた曲のギターの音が面白かった。オルガンのような音が同時に聞こえてくるのね。

「和製キャロルキング」と銘打っていた五輪真弓の話から、「五輪真弓と言えば…」とピアノを探りながら「恋人よ」をうろ覚えに歌う。
探り探りなのにきちんと歌になっていて、一曲得した気分だったけど、これは時代的にあっきーさんはご存知なのでしょうか…
このあたりからさらにリラックスしてきて、小沼さんとの会話もマイクを外してました。すっかりご自宅にお邪魔してますモード。

小沼さんが上手の椅子に座り、あっきーはピアノとボーカル椅子を行き来してましたが、実は「二人で立ってステップ踏みながら演奏」も考えていたそうです。
こんな感じで…とCoffee Pleaseを歌いながら右と左にステップするあっきーに促され、無茶ぶりされる小沼さん(悲)
「ギターは(ネックの上で)左手を左右に動かすから、その動きに足の動きがつられてしまう。練習が必要」と小沼さんが言ってるのに、「じゃあ左手が動かないようにストロークで弾いたらいいんじゃないすか」ってアナタ!ストラップもつけずにギターを抱えながらステップを踏む小沼さんに、ワタクシは心の中で(…なんかすみません…)と平謝りいたしました。
でも結構いい感じだったので、次回のライブでは漫才さながらのお二人の動きが見られると思われます(笑)

「見ていると手に汗をかいているんですね」とあっきーは小沼さんを観察していました。小沼さんによると、ギタリストも手に汗をかくタイプとそうでないタイプがいるらしいですが、「僕は手にガッと力が入って汗かくので、ギターの弦をすぐ取り替えなければならなくてコスパが悪いです」とのこと。
あっきー「僕は歌うから顔付近に汗をかくんです」。なるほど~!
逆に小沼さんから「あっきーはいろいろなミュージカルに出演したりこういうライブをやったりしているけど、(向き合い方は)どう違いますか?」との質問も。「ミュージカルなどは脚本も音楽も先に決まっていて、演出家の指示でピシッとやるけどこういうライブは違いますよね。あ、僕はピシッとやってなかったけど」まーここで会場大爆笑でした。さもありなん…

アンコールの「マイ・ウェイ」はあのマイウェイです。
「今日はこれを皆さんの手拍子と一緒に、アカペラ(マイクレス)で歌います。ピッチは444で」
「へっ?」となる客席を無視して、ピッチ444についてフツーに語るあっきーと小沼さん。
(微力ながら解説させていただくと、通常のチューニングはA(ラの音)を440Hzの周波数で調整するところ、444HZにすると癒しの音階になるというお話…)
小沼さんがチューニングマシンを使って準備している間に、客席はゆうじさんのジャンべに合わせて手拍子の練習。
これが裏拍子でパパン!と叩くかなりの高難度で、あっきー先生は手拍子させながら「はじめは弱く!じゃあ次は強くっ!ああーそんなにいきなり強くしないっ!」と容赦がありません。
というわけで、マイクレスの「マイウェイ」は実に素晴らしかったのですが、手拍子が気になってちゃんと聴けなかったのが心残りでした…

あっきーのヴォーカルの魅力は、ファルセット(と言っていいかどうかわからないけど)の高音と、歌い上げるフォルテから囁くピアニシモまでの自在な表現だと思っています。
その消え入る直前の静かな声が、綺麗に響いてきたのが本当に素敵でした。
やっぱりこのHAKUJUホールに愛されているんだね。
歌うときに心臓のように動く彼の左手が、その歌声とシンクロして実に自在に音楽を表現していました。今日は裸足に履いたフォーマルな靴もよく動いていた。こんな動きは、お行儀のよいライブでは見られません。
小沼さんのduoはまだまだ進化するとのこと。楽しみにしてます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「グレート・ギャツビー」 5/19 マチネ

2017-05-20 | 舞台


ミュージカル「グレート・ギャツビー」
5/19(金) マチネ 日生劇場 2階I列下手

【原案・原作】F・スコット・フィッツジェラルド
【音楽】リチャード・オベラッカー
【劇作・脚本・演出】小池修一郎

【出演】井上芳雄 / 夢咲ねね / 広瀬友祐 / 畠中洋 / 蒼乃夕妃 / AKANE LIV / 田代万里生 / 他

大好きな日生劇場B席でリーズナブルに観てまいりました。

私の中の「華麗なるギャツビー」はディカプリオ主演の映画をうっすら覚えている程度なんですが、
ミュージカルとしては宝塚版が有名なようですよね。(ジャニの内くんが錦織さん演出でやっていたような)

で今作も、予想以上に宝塚チックでした。
脚本や音楽は一新、ということだけど、音楽の使い方がヅカっぽいし、リアリティより煌びやかさを重視した衣装や、聞き取りやすい台詞回しとか。
何より芳雄さんのメイクが…
カテコで階段降りてくるときに羽根を背負っていても違和感ないレベル。
酒場に現れるギャツビーはいつもコートの袖を通さないままスーツの上に羽織って歩くんだけど、
その「落ちそうで落ちない肩に羽織ったコート」を上手に着こなし、脚を組んで椅子に座る姿勢のカッコ良さ!
何着もパターンがある三つ揃えのスーツ、わりかし露出部分が多い水着、ゴルフウエア、どれも大変お似合いでした。

芳雄さんの歌もたっぷり聴くことができて、「グリーン・ライト」がとても印象的でした。
オーソドックスに展開していく中、2幕ラストで「ララランド」になったところが驚愕(観てきた人には伝わるはず)。

ヒロイン役の夢咲ねねさん、「女はバカで可愛くてナンボ」みたいな台詞通りに少しすれっからしな感じがあってよかったです。
万里生くんがコメディリリーフになったり狂言回しになったりで大活躍だったのも嬉しかったけれど、
畠中さんの老いぼれっぷりが見事でした。
全体的に出演キャラの誰にも共感できないんだけれど、表情や手の震え、歩くときのヨタヨタした感じ、下層階級ながらひたむきに生きてきたことが背中に現れていて、唯一「あんただけがマトモだよ!」と声をかけたかった。

とまあB席価格でとっても満足できたんですが、
上から見下ろすので舞台機構(円形のスクリーン)の後ろが見えてしまったり、セリが上下するときの機械音が異様に響いたりするのは、末席だから仕方ないのかな。
舞台美術もすごく豪華に作られていると思うのですが、退廃的な空気や下町にある工場の殺伐感がイマイチ希薄に感じました。B席あるあるなのかも…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加