ニャン太とワン助

日頃の他愛のない事を気まぐれで書いています。

30代の転職はたんなる暴挙か成功への階段か?

2017年04月18日 | 仕事

30代の転職となると、やはり経験か経歴が重視されることになります。

新卒者と比較した時に、30代になってからの転職が不利になるとは限りません。

 

 

求人を出している会社の中には、新人ではなく、社会人としての経験を積んでいる30代を戦力として採用したいと思うところがあります。

人生の中でも30代は、一番仕事のできる時期でもあるので、30代というご自身の年齢を気にされる必要はありません。

 

転職活動を開始する時には、過去の自分の棚卸しをすることが大事です。

転職活動をする前に、自分の過去を総ざらいして、有利に働きそうな部分を探します。

 

どんな仕事がしたいのか、今までのキャリアをどう活かすことができるのか、チェックしてみることで自分の強みを把握できます。

自分の持っている能力や、実績、資格、経歴を、全て書き出すところから着手しましょう。

採用面接を受ける時に、うまく自分を売り込めるようにしておくためには、自分が過去にどんな仕事や経験をしてきたのかを、整理しておくことです。

 

やりたい仕事と、やれる仕事が異なることも良くありますが、30代の転職となると新卒の時と比べて、選択肢が広くないもの事実です。

希望に沿った仕事ができる転職先が見つかることが望ましいですが、期待どおりの結果にならないこともあります。

転職を30代でするつもりなら、過去の自分の経歴を見直して、どんな業種なら採用の見込みが高いかも検討する必要があります。

ジャンル:
転職
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子育て中のママさんが仕事と... | トップ | ポイントで選ぶクレジットカ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む