ニャン太とワン助

日頃の他愛のない事を気まぐれで書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

イチローのような野球選手に子供をしたい。お父さんの願いは叶うのか?

2017年04月23日 | 子供

今でも人気の野球、マーリンズにいるイチロー選手はアメリカでも日本でも愛されていますよね。

そんなイチロー選手も小さいときから天才ではありませんでした。

もちろん、生まれた持った素質はあったと思いますが、野球をはじめプロの世界では素質だけでは通用しません。

日々の練習と体を鍛えることで、今の偉大なイチロー選手があるんです。

 

 

でも、それでけでは超一流と言われるトップアスリートにはなれません。

イチローを始めとするプロ野球選手は体や技術だけではなく、動体視力も鍛えているんです。

 

動体視力とは動く物を見る視力、野球ならボールをきちんと見えているかが勝負になります。

バッターならピッチャーが投げるボールが、野手なら飛んでくるボールが、それ以上に凄いのはもしかすると捕手なのかもしれません。

何れにしても、自分に向かってくるボールが見えていないといくら才能があって技術が高かっても打てないし、捕ることもできないのです。

 

 

さて、子供が野球をやっているお父さんならイチローのような凄い野球選手に育って欲しいと思うのではないでしょうか?

それには、野球の技術も肝心ですが、さっきも言ったように動体視力を鍛えることが重要になってきます。

何故なら、ボールがちゃんと見えていないのにバットを出しても打つことはできないし、グローブで捕ることもできません。

 

打者なら、少々力がなかってもボールの芯にさえ当たれば飛距離は伸びてくれます。

野手にしてもボールさえしっかりと見えていればトンネルなどのエラーを防ぐことができます。

逆に、ボールが見えていればイチローのようにファインプレーもできるかもしれません。

 

野球の基本はリトルリーグに入れば教えてくれるし、高校や大学に入れば技術力も身につくでしょう。

しかし、動体視力は鍛える方法を誰も教えてくれない、それこそがスポーツの基礎だと監督さんもあまり知りません。

体を鍛えてバッティングや捕球の技術を身につけるのは本人の努力次第ですが、動体視力は今、鍛えないと20歳くらいでピークを迎えると言われています。

 

つまり、少年野球の時から動体視力を鍛えていかないとますます自然と落ちて、いくら技術力が身についたとしても打てない、エラーばかりになりかねないのです。

何時もボールを見ているから鍛えられている、これは大きな間違い、きちんとしたスポーツ科学で証明された方法で動体視力を鍛えて、将来のイチロー選手になってくれるのを期待しましょう。

 

動体視力を鍛える方法

 

 

 

ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカが北朝鮮を攻撃する... | トップ | 天皇賞春をたったの5点買いで... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

子供」カテゴリの最新記事