気弱なウルフの山のあしあと

一度きりの人生 前を向いて歩く。山は登るのは大好きだけど、下るのは苦手。苦手を克服するために、休みの日は山に登ってます。

低山でもたっぷりと歩けます 経ヶ峰 vol. 1

2017年03月20日 | 地元の山


   【 乗鞍岳を歩くのは また次回 … と言うことになりました (^▽^;) 】


       春ですね~

  


 2017年3月18日(土)


  先週末 金曜日と土曜日の二連休


  金曜日は 姉と姪っ子と一緒に 名古屋でランチ


  で 


  ランチをしてから 翌日歩く予定でいた 乗鞍岳まで移動するつもりが


  諸事情により (^▽^;) 自宅へ戻ることに ( 笑 )


  ん~~~ 乗鞍岳は諦めましょう…


  と言うことで


  土曜日は 朝 自宅からの出発


  どこの山を歩こうかなぁ~~と いろいろ考えていたのですが


  1 月に歩いた経ヶ峰を 稲子山 → 経ヶ峰 → 北笠岳 でぐるりっぷすることにしました


  それほど急ぐこともなかったので


  朝はゆっくり 自宅を出発


  ( 笹子林道 までのアクセスは こちら をご参照ください )


  笹子林道の分岐にある に 9 時過ぎに到着


  サクサクと準備をして


  9:25 駐車地を出発

   駐車地

  

   笹子第二・第三の二つの橋を渡って行きます

    

   ミツマタは まだ蕾

  


  駐車地から 舗装路をテクテクと歩いて行きます


  道路脇には ミツマタの木がたくさんあって


  ミツマタが咲いている頃に また歩きに来たいなぁ~~~  なんて思いながら歩いていると


  道路のど真ん中が 陥没してしているのを発見


  いろんな発見があって 短い車道歩きも 飽きずに歩けました ( 笑 )


  舗装路が終わった先に 稲子山への登山口案内板があります

   取り付き地点

  

  


  案内板に従って 登山道へ


  登山口から 急坂を少し上がると 尾根に乗ります

   右へ進んで 尾根道歩き

  


  この先 杉やヒノキの植林帯を歩いて行くのですが


  木の根っこが剥き出しになった 細尾根を歩く箇所もありますので


  慎重に歩いて行きます

   登山道

    

    

   J ・ ピークの大木

  

   J ・ ピークの少し先から見える 稲子山

  


  登山口から 稲子山 ~ 経ヶ峰までは


  何度もアップダウンを繰り返す登山道となっております


  上りも下りも 急峻な個所もありますので


  滑らないように慎重に歩いて行きます

   登山道

    

    

     名もないピークからは 激下り

  

   登山道

    

      
  10:10 稲子山 ( 547 m ) に到着

   北東の展望のみ

  

   亀山市方面

  

   シャープ亀山工場と仙ヶ岳・宮指路岳方面

  

   雨乞岳には 雪たっぷり

  


  稲子山からの展望は


  春霞の影響なのかな ?


  木曽御嶽山とかも見えそうなのですが 遠望は利かず… 


  ではでは


  先へ進みましょうか 

   稲子山から下って 分岐

  

   登山道 

    

    


  稲子山から先の尾根道は 自然林 ( かな ? ) を歩いて行きますが


  登山道沿いには 大きな桜の木があったりして 


  サクラが咲く頃に歩くのもいいかなぁ~~ なんて思いながら


  アップダウンを繰り返しながら歩いて行き


  10:35 720 m ピーク ( 稲子山南峰 ) に到着

   展望は それほど… (^▽^;) 

   


  あまり 展望もないので


  ではでは 先へ進みましょうか 




  と


  長くなりましたので


       低山でもたっぷり歩けます 経ヶ峰 vol. 2 に続きます 

 
『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仕事を終えてからの 春探し | トップ | 低山でもたっぷりと歩けます... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。