気弱なウルフの山のあしあと

一度きりの人生 前を向いて歩く。山は登るのは大好きだけど、下るのは苦手。苦手を克服するために、休みの日は山に登ってます。

春の忘れ物を探して… 鎌ヶ岳~御在所岳 vol. 3

2017年05月17日 | 地元の山


   【 イワザクラに始まって アカヤシオで〆る 鈴鹿の春を満喫できました 】


       アカヤシオ

  


       春の忘れ物を探して… 鎌ヶ岳~御在所岳 vol. 1

       春の忘れ物を探して… 鎌ヶ岳~御在所岳 vol. 2


  武平峠に到着して


  まだ 雨も降ってる様子がなかったので


  ではでは


  御在所岳を目指して 歩いて行きましょうか 

   登山道

    

   時々振り返って 鎌ヶ岳とちょっぴりのアカヤシオ

  

   スミレ

  

   岩場の登山道

    

    

   天指岩

  


  天指岩まで歩いてくれば


  御在所岳までは もう少し… 


  登山道脇に咲く スミレや


  時々上を見上げて アカヤシオを探しながら


  のんびりと歩いて行きましょうか 

   スミレ

  

   アカヤシオ

  

  


  12:00 下山口に到着

   この辺りは シロヤシオが咲きます

  


  ここからは


  舗装された道を テクテク歩いて行きます


  途中 アゼリアの建物の南側の斜面や


  御在所岳山頂三角点の南側斜面に咲く


  アカヤシオを眺めながら


  のんびりと歩いて行きます

   アゼリア南側のアカヤシオ

  

   山頂方面

  

   鎌ヶ岳方面

  


  お昼の時間となりましたので


  どこでお昼ご飯を食べようかなぁ~~~ 


  と 頭の中で いろいろ考えて ( 笑 )


  富士見岩か  八合目手前のテラス


  行ってみてから 決めましょうか

   国見岳方面 ( アカヤシオ少なめですね )

  

   スキー場

  

   朝陽台に咲く アカヤシオ

  

   富士見岩

  


  富士見岩で お昼ご飯も何だかなぁ~~ ( んっ


  と言うことで


  八合目手前のテラスまで歩いて行って


  誰もいなかったら お昼ご飯としましょう

   登山道

    


  富士見岩から 10 分ほどで


  八合目手前のテラスに到着


  誰もいません ( 笑 )


  では


  大岩のテラスに腰を下ろして お昼ご飯としましょうか 

   カップラーメン

  


  お湯を沸かしている間 アカヤシオの撮影タイム 


  今年は 少し控えめのアカヤシオたちですが


  花付きのよい木もあったので


  十分楽しめましたよ~~ 

   テラスから見える アカヤシオ

  

    


  アカヤシオも楽しみ


  お腹も満たされたので


  雨が降ってくる前に 下山しておきましょうか 

   八合目

  

   八合目から テラス方面

    

   アカヤシオとロープウェイ

  

   六合目キレット

  

    

   八合目と六合目は 標識が新しくなってました

  


  五合目下の 落石危険箇所は


  新たに迂回路ができていました

   通行止めの道の 右側に迂回路

    


  あと


  おばれ岩から 少し下にある岩が


  浮いている状態となってましたので


  通行される際は ご注意ください 

   大雨の後など 落石の可能性があります

  


  三合目を過ぎた辺りで


  空から パラパラっと雨が降ってきましたが 


  少しパラついただけで


  ほとんど気にせず 歩いて行き


  14:50 無事下山






  次回は


  本日 ( 5 /17 ) の山行をご報告いたしまぁ~~す 

 
  
『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の忘れ物を探して… 鎌ヶ岳... | トップ | 天気が良い日はのんびりと… ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。