Credo, quia absurdum.

旧「Mani_Mani」。ちょっと改名気分でしたので。主に映画、音楽、本について。ときどき日記。

「グラン・トリノ」クリント・イーストウッド

2009-05-03 23:39:05 | cinema
グラン・トリノ [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ

このアイテムの詳細を見る


グラン・トリノGRAN TORINO
2008アメリカ
監督:クリント・イーストウッド
原案:デヴィッド・ジョハンソン、ニック・シェンク
脚本:ニック・シェンク
出演:クリント・イーストウッド(ウォルト・コワルスキー)ビー・ヴァン(タオ・ロー)アーニー・ハー(スー・ロー)クリストファー・カーリー(ヤノビッチ神父)



やられた!
完全にやられた!
この映画にはまいった!
I was knocked out conpletely by the movie!

・・といいかげんな英語を思わず吐いてしまうくらい
セリフが深く耳の奥に残っている。
言葉を大事にした、映像を大事にした、
音響を大事にした、音楽を大事にした、
映画です。

イーストウッド監督の作品はちゃんとは見ていないのですが
ときおりTVなんかでやっていると大概はみていて
西部劇系でない、現代もの?(語弊が・・)になると
しばしば、古き良き価値観を重んじ、若者のふがいなさを嘆き
結局は力で解決するみたいなところがちょっと鼻につくと思っていたのです。

自分も若かったしね(笑)

でもそれは自分の見る目がちょっと歪んでいたのかもしれない。
『グラン・トリノ』では、そういう構図、古き良き正義を重んじ、若者の退廃を嘆き、というところはまったく変わっていないにも関わらず、ワタシのほうはすっかりこの映画にまいってしまった。
イーストウッド監督は、結局そういう世代の断絶や価値観の変転を含め、総体としてのアメリカ社会を見つめて、そのうえで誤解を恐れずにある一面から切り取って映画にしていたのではなかったか?
ワタシもいまや古い人間に属するほうにまわってしまったせいもあるだろうけど、そういう過去の善きものへの思いはそれはそれで一つの生のありかたとして受け入れるようになってきたのかもしれない。

***********


【以下たぶんネタバレ含むと思います!!】



イーストウッドさん(劇中の「コワルスキーさんと呼べ!」にならい、さんづけで)は、そういう過去の価値観、戦場体験に立つ複雑な優位性、人種による蔑視、移民系仲間での毒のあるコミュニケーションへの信頼、力による解決、自立心、男性性の肯定、そういう諸々すべてを、ウォルト・コワルスキーというポーランド系アメリカ人の老人に体現させる。
そして、次の世代である二人の息子や孫たちと上手くやる事が出来ない。偏屈で怒りっぽく、妻が死んだ後も一人で家に暮らす。

それでも周囲はどんどん変わって行き、隣家にはよりによって「イエロー」が越してくる。「イエロー」のごろつきもその辺りを徘徊するし、黒人の悪そうなヤツもいるし。この状況をコワルスキーさんが快く思うはずがない。

隣人であるモン族(東南アジアあたりにいる山岳民族だそうだ)のひ弱な息子タオが、従兄弟のごろつきグループによって悪事にまきこまれ、コワルスキーさんの大事なグラン・トリノを盗もうとするが、バレバレで未遂に終わる。

失敗したタオに焼きを入れようと、ごろつきどもがやってきたところを、コワルスキーさんは銃を持ってスゴい迫力で追い返す。(「オレの庭に入るな!」という動機でね)

そんなことをきっかけに隣人と不本意ながらも交流が始まるわけだ。
この交流をきっかけに、コワルスキーさんはタオに仕事を教えたり紹介したり
女の子との付き合い方を諭したり。
偏屈なコワルスキーもタオを友人として認めることになり、そしてタオの家族の幸せを思い、ついにある行動にでるのだ・・・


で!
ワタシが感動したのはですね、
これが決してコワルスキーさんが心を開いたとか、考えを変えたとかいうのではない、という点です。
まあ、少しは心開き考えを変えてはいるんでしょうけど。
ただ、そういうメロドラマではないというところです。

コワルスキーさんは、あくまで自分自身の信念と勇気に基づいて行動していたら、自然と隣家の家族と交流が生まれたということ。そしてその結果、友人としてのタオの身の上を前に自分はどうあるべきかを、やっぱり自分の信念=過去を背負った経験と価値観に基づいて考えた帰結としての、あの最期だったということ。
そういう一本貫いた老人の生き方を見せてくれたところに感動したのです。

コワルスキーさんが実際どういう心持ちだったのかは、観客がそれぞれ考えることでしょう。昔の人らしい正義感から(ダーティーハリー!)かもしれませんし、朝鮮戦争での殺人への悔恨もあったかもしれません。タオやタオの姉スーへの友情であったかもしれませんし、上手く行かなかった自分の家族とのことに対する自分のあり方を示すという事もあったかもしれません。はたまた、自分がすでに病気に冒されていて先は長くないという見通しもあったかもしれません。
それらすべてを彼なりに決算したのかもしれません。

そう。これは決算の映画だったのです。
コワルスキーさんの体現する価値が「正しい」という主張ではなくて、そういう価値を持った人間の姿を淡々と描いたということだと思う。
しびれますね~

(それが、あまりにも西部劇のシチュエーションを思わせる・・というようなことは、きっと誰かが言うでしょうからやめておきます。)




おもえばコワルスキーさんを形作るそういうもろもろが、あまりあからさまでなくさりげなく示されるということに映画の構成のほとんどが費やされていたかもしれない。
彼の従軍の誇りと悔恨はすでに冒頭、彼の孫たちがいたずらで開けてみる大きなケースにある写真や勲章によって予感されている。
若い世代への苦い思いは冒頭の葬儀での「ヘソ出し」孫娘によって明示されていたし。
「イエロー」にも「黒」にも苦々しい思いを持っているけれども、そのイエローである隣人のスーが悪いヤツに絡まれていると、やっぱり助けに行かないと気がすまない。
そういう彼の性格は随所で描かれる。
戦後にフォード社でやはり誇りを持って働いたし、その傍らで名車グラントリノを手に入れ入念に整備してきたこと、ガレージの工具コレクション?の見事なこと、etc.

そういういっさいが、彼の生き様を示していたとともに、その最期について観客が考えるうえでの材料になるのだから、この映画は一瞬もムダがない、非常によくできている作品といっていいのではないだろうか。


*****

とにかく、タフで偏屈だけど心根は曲がっていなくて、自分は古い人間だということも知っている、そんな老人はワタシの理想とする老後なので、その魅力に参ります。我が国ではムリかなあそういう老い方は・・つうかそもそも自分、全然タフじゃねーし^^;

それから最初におもいきりビックリするのは、タオが盗みにはいるガレージでの演出ですね。
あれは、企んでやったことなのか?としたら恐るべきことですし、偶然であれば、それを逃さず採用するカンの確かさですね。
(何のことかっていうと、あのランプですね。からから揺れて二人を交互に映し出す光のことです)

女性が潤滑油としてはたらく(というとちょっとエッチな表現かしら??^^;)のがまたいいですね。スーがいなかったらタオとの友情もなかったでしょうし、モン族の女性を中心とした一族がこぞってコワルスキーさんに「感謝の気持ち」を持ってくるところなんか、笑えるし心安らぐしいいですね。
スーはすごく良い演技でしたね~
捨てがたいのはまた隣りの「バア様」で、露骨にコワルスキーさんをいやがるけれどもそのうちなんとなく受け入れてみたりする。
ミス・ヤムヤム(笑)もちょい役だけど結構重要だ。

ステキなスー↓




葬式で始まり葬式に終わる。
という円環構造も実に見事です。ワタシは最後のほうの葬儀の場面になったとたんに泣きました。見事さに泣いた。
この円環を通じて27歳童貞の神父さんもまた成長したのだ。(こちらは成長の物語)

あとはですね、
『チェンジリング』に続き、またもや見せてくれた、贅沢なエンドロールですかね。
海岸沿いの道をタオが譲り受けたグラントリノにコワルスキーさんの愛犬だった犬を乗せてずーっと去って行くシーンですが、あれ?舞台は中西部じゃなかったっけ?と思いつつ、今回のゴージャスは、そのエンドロールに流される歌。グラントリノの歌だけれど、どうやらこの映画用に書き下ろしの曲のようですね。イーストウッドさんも息子のカイルさんも関わって曲作りをしたようです。で、この曲はエンドロールにしか使われない。。。すごい贅沢。。。最近の映画ってだいたいエンドロールにはありネタのポップソング~とか多いので、なんかゴージャスな気分^^
かつ、この歌を聞きながら最後の決意をしたコワルスキーさんの胸中を振り返り、ふたたび涙無くしてはいられなかったワタシでありました;;


******


なんだか勢いに乗じて、まとまりもなく書いてしまって、
おのれの文才の無さにちょっとがっかりしつつも・・
・・ワタシが『ハリーとトント』を『明日に向って撃て!』を観ていらい憧れてきたアメリカ映画は、現代はイーストウッドが形にしていた!
ということで、おしまい。




【追記】

モン族については、ベトナム戦争中にアメリカ軍に協力したので、戦後共産主義勢力の報復を恐れてアメリカに移住したと語られている。
アメリカ軍によって組織された山岳民族はマンガ「ディエンビエンフー」にも出てくるが、要はベトナムのなかでも少数民族として低い扱いを受けていた、そういう民族感情をアメリカが利用したということですね。
そういう背景もコワルスキーさんの心を動かしたのかもしれませんね。



【さらに追記】

こういう「決算の映画」は日本においてはどのような映画になるだろう、と思いつつ観ていましたが、ガラリーナさんのところで篠崎誠監督「忘れられぬ人々」が紹介されていました。ぜひ観てみたいと思います。
ガラリーナさんありがとう。


【さらにさらに追記】
書き忘れていましたが、この映画には「街の音」が満ちていました。
遠くを車が走る音、パトカーのサイレンの音、まあそんなものですが、
音楽を極力抑制してそういう空間の息づかいを伝える事でこの映画のどこかなまなましい現実感を作っていたと思います。
このへんのセンスは若い頃のリュック・ベッソンにぜひ学んでほしい事の一つです(ということはまあ蛇足として(笑))


グラン・トリノ (クリント・イーストウッド 監督・主演) [DVD]



このアイテムの詳細を見る




人気blogランキングへ
↑なにとぞぼちっとオネガイします。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (24)   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 忌野清志郎さんが・・ | トップ | 「アントワーヌとコレット」... »
最近の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
凄い映画でした (ガラリーナ)
2009-05-04 00:56:15
>コワルスキーさんが心を開いたとか、考えを変えたとかいうのではない

全く同感です。偏屈じじいは、どこまでいっても偏屈じじいだもん。それでも、ウォルトが魅力的に映るイーストウッドの演技には凄まじいものを感じました。これで俳優業は引退と言っているので、そういう意味でも総決算なんでしょうね。
興奮冷めやらぬ (manimani)
2009-05-04 01:16:10
☆ガラリーナさま☆
コメントありがとうございます。
偏屈人間の最終型のあり方をひとつ示したということですかね
あれでよかったとかこうしたらよかったのにとかいう問題ではないところがぐっときます。
頑固爺、ばんざい (かえる)
2009-05-04 08:34:47
manimaniさん、こんにちは。
そうか、イーストウッドさんと呼ぶべきですね!
本当にまいった、やられた、につきます。
西部劇は食わず嫌いしがちな私でしたが、アメリカよりヨーロッパ派な私なんですが、イーストウッドにはひれ伏さずにはいられなくー
エンディングの歌にもしびれましたねー
こんにちは。 (えい)
2009-05-04 10:23:39
コメントさせていただくのは久しぶりでしょうか。
ちょっと嬉しくなったのでひとこと。

なにがうれしかったかと言いますと、
「決算」という言葉を発見したこと。
この映画、「集大成」言われる方が多いのですが、
ぼくは、これはイーストウッドの「総決算」と思い、
あえてそちらを選んでいたんです。

と、それだけのお話なのですが、
やはり嬉しいです。
ポリシー。 (BC)
2009-05-04 12:16:37
manimaniさん、はじめまして。
~青いそよ風が吹く街角~のBCと申します。
トラックバックありがとうございました。(*^-^*

昔堅気の老齢男性の一本筋の通ったポリシーは伝わってくる作品でしたね。

スー役の女優さん芯の強さと清らかな透明感を併せ持っていて魅力的ですね。
アメリカ好き (manimani)
2009-05-04 13:04:16
☆かえるさま☆
コメントどうも~^^
ワタシは普段は隠していますが(笑)アメリカ映画結構好きで西部劇も好きです~~どんなにアメリカが間抜けで人種差別で帝国主義で暗黒商法であろうと、好きを否定できないのです~
なわけで、イーストウッドさんにはまいりました。
どうも (manimani)
2009-05-04 13:06:51
☆えいさま☆
コメントありがとうございます
そうですね~決算ですよね
決算についての映画。
イーストウッドが総決算をしたのかどうかはわかりませんが。まだまだ撮るべきものを見つけてくれると思いたいですね。
帰結 (manimani)
2009-05-04 18:09:43
☆BCさまm☆
はじめまして。でしたっけ?^^;
コメントありがとうございます。

ポリシーというか生き方なんでしょうねえ。貫くということ自体がそういう生き方をしてきたってことでしょうね。

スーはいいですね^^

またお越しください~
お久しぶり (T)
2009-05-04 22:40:35
Tです。ごぶさたです。
manimaniさんは観た当日にブログUPしてるの?
私も観てきましたよ、グラン・トリノ。5/3に。
5年振りぐらいの劇場鑑賞。それがmanimaniさんと同じ日に同じ映画だったら、すごい偶然だよね~。
おお~ (manimani)
2009-05-04 22:57:23
☆Tさん☆
お久しぶり~
グラントリノ5/3に観ましたよ。
これは運命ですね(笑)

だいたいは観てすぐには書かなくてヒマになったときにまとめて書く感じですかね~
盛り上がるとすぐ書きますね。
泣きました! (ルナ)
2009-05-04 23:34:05
心に染みるいい映画でしたね~。
切ないけど、やさしいラストで泣けました!
最後の歌も良かったですね。
低予算でも、これだけの映画を作れる
イーストウッドはやはり素晴らしいです。
ですね! (manimani)
2009-05-04 23:39:36
☆ルナさま☆
こんばんは~
ホントに泣きましたよこれは。
こういう映画を自分が作れたらどんな気分なんだろう。
自分がイーストウッドだったらどんな気分なんだろう(笑)
見応えありましたね~
こちらでははじめまして♪ (りざふぃ)
2009-05-04 23:42:26
manimaniさん。ご挨拶が遅くなり申し訳ございませんm(_ _)m
先日は私共夫婦のブログ(ケイト・ブッシュの記事)へコメント等有難うございました(#^.^#)

この「グラン・トリノ」は未見なのですが、manimaniさんや↑の方々のコメント等を読んで非常に興味を持ちました^^これは観に行かなくては!と思いました(笑)
イーストウッド監督の近年の作品は非常に考えさせられる映画が多いので、観る際には心して観なくてはいけませんね^^;
こんばんは (manimani)
2009-05-04 23:49:16
☆りざふぃさま☆
ご丁寧にありがとうございます。
ワタシ、ケイト・ブッシュが無闇に好きなのです(笑)

グラン・トリノはいいというか、スゴいというか、よく撮った!という感じです。機会がありましたらぜひ。

また起こしくださいませ~
よく撮りました! (樹衣子)
2009-05-10 17:55:10
>manimaniさまへ

>西部劇のシチュエーションを思わせる・・というようなことは、きっと誰かが言うでしょうからやめておきます

思わず笑ってしまいました。私も「西部劇」という単語を使っちゃっています。
シンプルだけれど、とってもよくできている映画でした。だからこの映画について語るとかなり長くなりそうなので、私は車を中心に書きましたが、スーにはやられてしまいました!かっこいいです!(しっかり者の姉に、気弱で頼りない姉という設定は好みです。)彼女の人物像は、むしろ古きよき時代のアメリカの男性に近いと思っています。クリント・イーストウッド監督は、アメリカ人のためにこの映画を撮ったと思えるのに、日本人も充分共感できるます。それが、すごいと感じています。

manimaniさまの熱い感動は、充分に伝わっています。
女性 (manimani)
2009-05-10 21:56:49
☆樹衣子さま☆
コメントありがとうございます~
西部劇もそうですけど、スーはある種の西部劇に出てくる「強い女性」の再現かなとワタシには思えました。
力では確かに弱いけれども強い心を持つ女性というのはアメリカ映画には結構出てくるのでは?で、そういう女性を守る男性という形で男性像/女性像を作ってきた歴史があるのでは?
そういう意味ではこの映画はなお古い袋に新しい酒を入れているのかもしれません。
そんな事を思いました。

またお越し下さい~
TBありがとうございました (シムウナ)
2009-05-13 22:32:53
TB有難うございました。
クリント・イーストウッドの俳優業引退説も
囁かれましたが、こんなに貫禄のある演技を
観ると俳優業もそして、監督業も情熱の
続く限り続けて欲しいと思いました。
ラストの余韻は上映後も残りました。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
はじめまして (manimani)
2009-05-14 06:17:26
☆シムウナさま☆
コメントありがとうございます。
某所でのインタビューではイーストウッドは、俳優やめるともやるともいってなかったので、きっとよい脚本があればまた姿を見せてくれるでしょう。
たのしみです。

こんどぽちっとしに行きますね。
決算映画 (真紅)
2009-05-16 08:46:50
manimaniさん、こんにちは。
休止のとき、いち早くコメありがとう~~。。うれしかったです。
再開しますんで今後ともヨロシクです。

さて。この映画、決算映画か~。なるほど!
あのエンディングが沁みましたね。。数日は浸ってしまいました。
それからあの「海岸沿い」ですが、湖ですね。エリー湖?
 (manimani)
2009-05-16 09:43:48
☆真紅さま☆
コメントありがとう。
再開^^ですね
無理せずにいきましょう。

あ、そうそう。ワタシもついこのあいだ、あ、あれは湖だ!と気がついたんですよ~^^;
見てる最中は舞台が地理的にイメージできてなかった。いや~なさけな~
TBありがとうございました (masktopia)
2009-06-10 01:07:39
なるほど。。。
この頑固なコワルスキーさんは
生きなおそうとしたのではなくて
自らの生き方を貫き通したのですね。
偏屈じいさんが信念を貫き通すと
こんなにもカッコいい最期を迎えられる――
個人的に憧れるような生き方です。
彼のように誰かの人生に、こんなにも
すばらしい形でリンクするような自死には
とても感慨深いものがあります。
こんばんは (manimani)
2009-06-10 21:42:05
☆masktopiaさま☆
生き方を貫いたというより、貫くことがこの人の生き方なんだろうなと思いました。
ここではコワルスキーさんの示した様々な性質(たとえば警察を信用しないとか)を貫くとこういう最期にならざるを得ないという帰結を描いていて、その死はヒロイズムとはちょっと違ったところにあるように思います。

正義も、ある場合には勝って生き残ることは不可能なんだという、ある種の敗北としてとらえるほうがよい。
モン族の彼らには今後もなお暗い暮らしがあるでしょうし、あのごろつきどもだっていずれは釈放されて戻ってくるかもしれない。ヒロイズムでは世は救えないということまで見越しているように思えるのですが・・・
考え過ぎかな?^^;
なるほど・・・決算ですか。 (Ageha)
2009-10-25 02:32:55
コメントは、はじめまして・・でしょうか。
TBありがとうございます。

コレが最後っていうてますけど
もっと出てほしいですね。
監督&主演てのは大変でしょうが・・・。

生き方を変えたわけじゃない。
あくまでも一本筋が通ってる。
多分、モン族に対する偏見もあったろうに
困ったやつをほっとけない。
結果交流が生まれるわけですが
それでもあの口の悪さは変わらないのに
それ以降のウォルトに対するこちらの気持ちが
どんどん変わってく。

ああいうジジィに私もなりたい。
いや、女だからババァか。(笑)

かっこよすぎ。
それは、形こそオールドタイプでも
みなが憧れていた、グラントリノそのものでしたね。
こちらの変化 (manimani)
2009-10-25 02:46:00
☆Agehaさま☆
コメントありがとうございます^^
そうですね。変化はこちら側の気持ちの変化でもあるんですよね。そう考えるとなかなかに深い映画ですよこれは。
さすがと言わざるを得ません。

あれぞ老後の理想の姿かも。。
あ、いや、あんなに強くはなれないのは明らかなんですけれど^^;

またお越し下さいませ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

50 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
グラン・トリノ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『今、 大人が迷う時代。 でも、この男がいる。』  コチラの「グラン・トリノ」は、もうすぐ79歳を迎えるクリント・イーストウッドが主演&監督を務め、アメリカでは彼のキャリア史上最高となる興行収入をあげた4/25公開のヒューマン・サスペンスなのですが、試写...
『グラン・トリノ』... ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:アメリカ映画、クリント・イーストウッド監督&製作&主演。
グラン・トリノ (ルナのシネマ缶)
渋い! シブくて、カッコイイ! まるで、彼の生き様のようで 72年型のグラン・トリノが それを象徴しているようで…。 派手なアクションも 高額なCGも有名な俳優も 起用することなく これほど、心に迫る作品を 撮れるなんて・・・・ やはりイーストウッドは す...
グラン・トリノ (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
ウォルト・コワルスキーは、朝鮮戦争の帰還兵で、フォード社に工員として長く勤めて退職し、妻と二人で生活していましたが、その妻も亡くなります。彼の妻は、ウォルトが懺悔することで心に抱えた重荷をおろすことを願っており、その妻の願いを託されていた神父が、彼の元...
グラン・トリノ (B級パラダイス)
もの凄い土砂降りのあめのなか、行ってきました~。悪天候にもかかわらずかなりの盛況っぷり。心なしか年配の方が多かったような。
グラン・トリノ/クリント・イーストウッド (カノンな日々)
もうすっかりハリウッド映画界の巨匠の座を揺るぎないものとした感のあるクリント・イーストウッドが監督・主演を務めた最新作です。出演はこれが最後の作品なんて話も聞こえてきましたけど、その一方でいつもこれが最後と思って取り組んでいるというコメントも耳にしまし...
『グラン・トリノ』 Gran Torino (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
How Grand!偉大なるグランパ。偉大すぎる映画人。みんながミック・ジャガーになれないのと同様に、みんながクリント・イーストウッドになんてなれやしないのだけど。せめて、みんながイーストウッドのメッセージを、その男の生き様を心に刻みつけるべしだよね。俳優引退...
グラン・トリノ (Akira's VOICE)
道に迷う全ての人に向けた人生講座。  
『グラン・トリノ』(@「シネマのすき間」) (ラムの大通り)
-----今日は、朝からgooがメンテナンスとかで、 なかなかここにはこれなかったのニャ。 もう、ずっと前から話したくてたまらなかった 『グラン・トリノ』だけに、 えいもあせあせ。 でもフォーンは カタログハウス「シネマのすき間」で一足お先に聞いてきたのニャ。 今年...
『グラン・トリノ』 (めでぃあみっくす)
信じられないほどの傑作。この作品を最後に俳優業を引退するかも知れないクリント・イーストウッドが『許されざる者』のさらにその先の境地に達したかのような素晴らしき映画でした。雨の中での母の愛を描いた『チェンジリング』とは真逆の年老いた父親の乾いた映画ではあ...
映画 【グラン・トリノ】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「グラン・トリノ」 『ミリオンダラー・ベイビー』以来、4年ぶりにクリント・イーストウッドが監督・主演を務める。 おはなし:妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は単調な生活を送っていた。そんなある日、愛車...
「グラン・トリノ」すべての人へ…見てください! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[クリント・イーストウッド] ブログ村キーワード   クリント・イーストウッド4年ぶりの主演、そして監督作、「グラン・トリノ」(ワーナー・ブラザース)。終焉の時を迎えた男が選択する“人生の幕の降ろし方”に、熱い涙がこぼれます。  妻に先立たれたウォル...
グラン・トリノ (青いblog)
あらすじ。 朝鮮戦争の帰還兵ウォルト・コワルスキーはフォード社を退職し、妻も亡くなりマンネリ化した生活を送っている。彼の妻はウォルトに懺悔す
[グラン・トリノ] 映画 (映画鑑賞★日記・・・)
原題:GRAN TORINO公開:2009/04/25製作国:アメリカ上映時間:117分鑑賞日:2009/04/25監督:クリント・イーストウッド出演:クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー、コリー・ハードリクト俺は迷っていた、人生の締めくくり...
グラン・トリノ (LOVE Cinemas 調布)
前作『チェンジリング』のみならぬ、数々の名作を世に送り出したクリント・イーストウッド最新作。監督、主演ともにイーストウッド本人が務める。本人曰く俳優としてのクリント・イーストウッドはこれが引退作だとのこと。そんなことを言わないで欲しい、俳優としても監督...
グラン・トリノ・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
どんなに巨匠と言われる映画作家でも晩年は創作ペースが鈍るものだし、作品のクオリティも最盛期には及ばない場合が殆どだ。 ヒッチコックも...
グラン・トリノ (映画の国のチヒルカ)
お気に入り度 ★★★★☆ こんな話 偏屈な老人ウォルトは、妻に先立たれ、息子ふたりの家族とも折り合いが悪く、近所に増えてきた東洋人たちを苦々しく思いつつ、独りで暮らしていた。隣の家の、ベトナム戦争後に
グラン・トリノ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
予告もチラシも見ずに、予備知識なしで鑑賞―で、、、≪グラン・トリノ≫って車のことだったのね~【story】朝鮮戦争の退役軍人で、自動車工の仕事を引退したウォルト(クリント・イーストウッド)は、妻に先立たれ、息子たちとも疎遠で単調な生活を送っていた。そんなあ...
グラン・トリノ (Yuhiの読書日記+α)
クリント・イーストウッドが監督・主演を務めたヒューマンドラマ。その他のキャストはビー・バン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘーリー他。 <あらすじ> 朝鮮戦争の帰還兵ウォルト・コワルスキーはフォード社を退職...
グラン・トリノ (Memoirs_of_dai)
イーストウッドのトリの最高傑作 【Story】 妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、自動車工...
Gran Torino (2008) (犬連れ国際結婚)
ハズと、やっと最近、Clint Eastwood(クリント・イーストウッド)監督、制作、主演の映画、 『Gran Torino』を観た。かなり前に、この映画の予告編を観て、私は、単に、アジア系の俳優達が、たくさん出ていて、ストーリーの中で重要な位置にい...
グラン・トリノ (CASA GALARINA)
★★★★★ 2008年/アメリカ 監督/クリント・イーストウッド <TOHOシネマズ二条にて鑑賞> 「継承の美学」
グラン・トリノ ▲63 (レザボアCATs)
圧倒的な傑作。これは絶対今、見ておけ!
「グラン・トリノ」 信念を託す (はらやんの映画徒然草)
人は長い間生きてくると、その人にとって生き方の信念を持ってくるようになります。
グラン・トリノ (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[グラントリノ] ブログ村キーワード ↓クリックしていただけると嬉しいです↓ 評価:9.0/10点満点 2009年42本目(37作品)です。 かつてはフォードの作業員として働いており、朝鮮戦争で体験した傷が癒えないウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)...
GRAN TORINO☆クリンスト・イーストウッド俳優としての最後の作品 (銅版画制作の日々)
クリント・イーストウッドが“人生”を賭けた作品 遠くの家族より、近くの他人。昔の人はいいこと言いました。まさにこのことわざどおりだ。 クリント・イーストウッドが、この作品以降、俳優業から、監督業中心とする活動を意向したそうです。残念ですね。でも素晴ら...
『グラン・トリノ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「グラン・トリノ」 □監督 クリント・イーストウッド □原案 デヴィッド・ジョハンソン □原案・脚本 ニック・シェンク □キャスト クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カリー、コリー・ハードリ...
グラン・トリノ (犬・ときどき映画)
衝撃・・・・ グラントリノを観ました。 観終わった直後は「なんか重いな」と思いました。 でも、じわじわと「こんな大きくて深い優しさがあるのか」と考え、次第に心に沁みてきます。自然に涙が出ます。 ストーリー 妻を亡くしたウォルト、孤独で頑固な老人、息子...
★「グラン・トリノ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは・・・といっても、 まだまだGWが続いてるみたいな雰囲気の木曜日にチネチッタで鑑賞。 平日のチネチッタは割引なしなので、 駅地下のアゼリアの金券ショップで1300円の共通前売り券を買ってから、 チケット入手するのが賢い選択!!
映画「グラン・トリノ」(2008年、米) (富久亭日乗)
   ★★★★★  Clint Eastwood 監督・主演の、 孤高の老人と移民の少年の交流を描いたドラマ。 原題は「Gran Torino」。        Walt Kowalski (Clint Eastwood )は デトロイトに住む孤独な老人だ。 ポーランド系で、 若いころは朝鮮戦争で武勲をたて、 退役...
グラン・トリノ (C'est joli~ここちいい毎日を~)
グラン・トリノ ’08:米 ◆原題:GRAN TORINO ◆監督・製作・出演:クリント・イーストウッド「チェンジリング」「硫黄島からの手紙」 ...
「グラン・トリノ」プチレビュー (気ままな映画生活)
クリント・イーストウッド監督の最高傑作!!と チラシなどに書かれていました。 自分の中では、”最高傑作”と思ってません。 確かにすばらしい作品であったことは認めますが、 まだ、これからも良質な作品を生み出してくれる そんな可能性があるから・・・ 何本も...
『グラン・トリノ』 (千の天使がバスケットボールする)
クリント・イーストウッド主演兼監督作品『グラン・トリノ』が、全米で興行収入1億1千万ドルを突破し、本人の作品で過去最高となる興行成績を達成した。米国人の心をつかんだ『グラン・トリノ』のタイトルは、主人公のウォルト・コワルスキーが自らステアリングを取り付け...
グラン・トリノ (eclipse的な独り言)
 正直言いますと、イーストウッドの映画はどれもこれも同じに思えます。それでもやら
『グラン・トリノ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「グラン・トリノ」 □監督 クリント・イーストウッド □原案 デヴィッド・ジョハンソン □原案・脚本 ニック・シェンク □キャスト クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カリー、コリー・ハードリ...
巨匠の遺言~『グラン・トリノ』 (真紅のthinkingdays)
 GRAN TORINO  妻を亡くしたウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)は、偏屈で差別 主義的な悪態をつく「頑固ジジィ」。...
「グラン・トリノ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Gran Torino」 2008 USA/オーストラリア ウォルト・コワルスキーにクリント・イーストウッド。 タオにビー・ヴァン。 スーにアーニー・ハー。 ヤノビッチ神父にクリストファー・カーリー。 監督、製作に「チェンジリング/2008」のクリント・イーストウッド。 ...
グラン・トリノ (Addict allcinema 映画レビュー)
俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。 少年は知らなかった、人生の始め方を。
グラン・トリノ を観ました。 (My Favorite Things)
会社帰りに観ちゃいました…。クリントさんすっかりおじいちゃまですね。
♯25 「グラン・トリノ」 (cocowacoco)
映画 「グラン・トリノ」 GRAN TORINO を観ました         クリント・イーストウッド監督 2008年 アメリカ 何故? イーストウッド監督の作品なのに、一館でしか上映してないよ・・・。 ちょっと場所が遠かったので、やっと観れました。 観るまでに時間が...
グラン・トリノ /Gran Torino (描きたいアレコレ・やや甘口)
クリント・イーストウッド!今でもカッコよくて、いつまでも男の色気がある人だと思います。 朝鮮戦争の退役軍人、フォードの組み立て工...
グラン・トリノ◆偏屈老人が見せつけた「死にがい」の美学 (好きな映画だけ見ていたい)
   画像:Gran Torino (Widescreen Edition)DVD(amazon.com)   「グラン・トリノ」 (2008年・アメリカ)    GRAN TORINO ゆうべ、先行上映の「ターミネーター4」を見た。これまで「ターミネーター」シリーズの主役は1作目の悪役、T-800だったわけだが、今回は...
映画「グラン・トリノ」 (おそらく見聞録)
監督:クリント・イーストウッド(最高っす) 出演:クリント・イーストウッド(最高っす)ビー・ヴァン アーニー・ハー  出演:クリストファー・カーリー ブライアン・ヘイリー ブライアン・ホウ  妻に先立たれ息子たちにも邪魔者扱いされる孤独な老人と、...
「グラン・トリノ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
ずっと前に亡くなった私の祖父を思い出しちゃいました
mini review 09400「グラン・トリノ」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
『ミリオンダラー・ベイビー』以来、4年ぶりにクリント・イーストウッドが監督・主演を務めた人間ドラマ。朝鮮戦争従軍経験を持つ気難しい主人公が、近所に引っ越してきたアジア系移民一家との交流を通して、自身の偏見に直面し葛藤(かっとう)する姿を描く。イーストウ...
「グラン・トリノ」(GRAN TORINO) (シネマ・ワンダーランド)
米映画界の大御所、クリント・イーストウッドが製作、監督、主演の三役をこなした感動のヒューマン・ドラマ「グラン・トリノ」(2008年、米、117分、ニック・シェンク脚本、ワーナー映画配給)。この映画は、妻に先立たれ息子家族とも折り合いがつかず、孤独な暮ら...
偏屈ジジィの自己犠牲?~「グラン・トリノ」~ (ペパーミントの魔術師)
すいません、サブタイトルむちゃくちゃ言うてますけど、 感動もんでした。 ロードショー段階ではね、 孤独な老人が隣の家の少年と仲良くなることで 心を開いていく、単純にそういう話かと思ってたんで パスしてしまったんですが。 うわ~~、見とくんでした。(コロッと...
グラン・トリノ/Gran Torino(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[グラン・トリノ] ブログ村キーワードグラン・トリノ(原題:Gran Torino)キャッチコピー:俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。少年は知らなかった、人生の始め方を。製作国:アメリ...
【映画】グラン・トリノ…俄かイーストウッドファン復活(半年以上ぶり) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/hiyoko_cloud/} 先週頭から喉を中心に体調不良{/cat_8/}だった私。 割と良くはなってきましたが…まだ完全健康体では無い感じですかね{/face_gaan/} で、昨日{/kaeru_fine/}までのお休みのほとんどは睡眠{/kaeru_night/}{/ase/} 寝るのが一番薬になるっていうのは多分...
『グラン・トリノ』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 グラン・トリノ 』 (2008)  監  督 :クリント・イーストウッドキャスト :クリント・イーストウッド、ビー・バン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー、 コリー・ハードリクト、ブライア...