Credo, quia absurdum.

旧「Mani_Mani」。ちょっと改名気分でしたので。主に映画、音楽、本について。ときどき日記。

「チェンジリング」クリント・イーストウッド

2009-02-21 21:40:14 | cinema
チェンジリング [DVD]

ジェネオン・ユニバーサル

このアイテムの詳細を見る


チェンジリングCHANGELING
2008アメリカ
監督・音楽:クリント・イーストウッド
脚本:J・マイケル・ストラジンスキー
撮影:トム・スターン
出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー、エイミー・ライアン、マイケル・ケリー他

めずらしく公開ものを早々に劇場鑑賞。
イーストウッドの新作は、実話に基づく、反権威主義的で正義と真実を信じる力作でありました。

【以下ややネタバレでございます!!!】

20年代おわりのロス警察、あんなにご都合主義で権威的でしたか。
まあ世界中が陰謀に満ちあふれていた時代ですからね。自由の国アメリカなんていったところで、その裏側は真っ黒だし、多少なりともましになっているとしたらそれはたくさんの人の努力と犠牲の賜物でしょう。

不正や収賄、捏造にご都合主義、人権無視で逆らうものは裁判もなく処刑したり、精神病院に強制収容したり。
この映画でも、息子の行方不明に対する杜撰捜査、いや、でっち上げ解決に対してあくまで反論していく女性に対して、警察の側はまともにとりあわないばかりか、厄介事として汚い手口で警察の対面を守ろうとします。警察の側を代表する警部はそれはそれは嫌なヤツの撮られています。腐敗を絵に書いたような、というか、まさに絵(映像)にしてしまったのは、やっぱりさすがの腕前でしょう。

警察の腐敗とイーストウッドといえばもう即座にダーティーハリーなわけですが、今回その腐敗をこらしめるのは、ルール無視の正義の暴力ではなくて、ひとりひとりの真実を求める信念です。クリスティンの孤独な信念だったものは、支援する神父、適正な捜査をしようとする一人の警察官、クリスティンの弁護を無償で買って出る弁護士、そしてプラカードを持って警察の怠慢に不満をぶつける街の人々、とだんだん大きく広がっていきます。そういう人々の気高いところもやはりその時代のパワーの一面なのでしょうか。

今の日本ではあからさまな腐敗のような理不尽さはまず表に経つことはない反面、社会矛盾に対して毅然と立ち上がるようなパワーも衰弱しているように思います。実話ベースなのにあまりにもフィクションめいた話に感じるのは、よくもわるくもそういう生のパワーの振幅が少ない社会に住んでいるからかなあ、と思ったりしました。

***


アンジェリーナの演技については、表情がちょっと乏しいように思えましたが、基本化粧をぐちゃぐちゃにして理不尽さに耐え涙する、そのぐちゃぐちゃ度はなかなかよかったと思います。美しい人としては描かなかったところがよいと思います。

あとよかったと思うのは、あのまがまがしい荒野にある牧場です。あれはもはや西部劇とホラー映画の領域に属しますね。
人の気配のないぼろ小屋。刑事が納屋の扉をそっと開けると、いかにも惨劇を暗示するような暗黒と、そこから不意に飛び出す鶏。ふとふりかえるとひっそりと少年が立っている。慌てて小屋の中に隠れる少年。それを追う刑事のまえには、暗い室内にカラカラ回るぼろいファン。
こういうシークエンスをどうやって撮るのだろう。あらかじめ設計しているのか、現場の直感でいくのか、あとの編集で拾い物だ!と思うのか。。

惨劇の犯人である若者も、じつに気持ちの悪い人間で、なんとなくイーストウッドが好みそうなタイプの人物像だ(笑)最初に刑事とすれ違うシーンは、観客にもまだこいつは誰だ?という段階なんだけれど、その時点ですごく薄気味悪い。こいつはどうストーリーに絡んでくるのか??という、いや~な期待をしてしまう。
ヤツが姉の家を訪ねた時の振る舞いも、逮捕された時の記者との受け答えも、法廷での発言も、刑執行前の面会の様子も、どれもこれも気色悪~
あの俳優はなんなんだ?すごいやつかもしれん。

あとは、あ、そうそう。事件から5年後になってちょっとした展開が最後にあるんだけど、それはたまたま1934年にアカデミー賞で「或る夜の出来事」が作品賞を受賞する夜のこと。ここでクリスティンは、「『クレオパトラ』が本命だなんていうけど絶対『或る夜の出来事』が獲るわ」といって賭けまでする。
期せずして、彼女に「映画を見る目」があることを披露するところは、重いストーリーのなかでもちょっと微笑ましいシーンだ。

そして、非常に贅沢なエンドクレジットで映画は終わるが、そのクレジットの背景となる30年代ロスの風景の真ん中には、『或る夜の出来事』を上映している劇場がすえられている。これもご愛嬌。というか、『或る夜の出来事』をもしかしたら観る必要があるかもしれん、とさえ思わせるじゃないですか。

エンドクレジットのバックの風景は、遠近法をフルに生かした奥行きのある30年代ロスの市街地を、かなり長い間人やクルマが行き交う長尺なカットだ。
あれはどうやって撮ったんだろう??スタジオではあの奥行きは出せないし、どこかにオープンセットをつくってやったとしたら、それはそれでものすごいことだし、う~むむ、どこかでだれか聞いてないかなあ監督に・・・
エンドタイトルのバックにあの贅沢は、さすが巨匠?といえましょうか??



TOHOシネマズ日劇?だったかな?で鑑賞。
土曜日でしたがかなり混んでました。
終わって外に出ると、次の回のチケットはもう売り切れていました。


そいから、むか~し『チェンジリング』というホラー映画がありましたなあ
タイトルしか知りませんが・・どうもそのイメージが・・


人気blogランキングへ
↑なにとぞぼちっとオネガイします。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (11)   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デイヴィッド・リンチのBO... | トップ | 言う必要があることなのか? »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (にゃむばなな)
2009-02-22 14:46:50
荒野の農場から遺骨が出てくるシーンは物凄く怖かったですね。
信じたくないものが目の前で現れるあの恐怖。
身の毛がよだつとはまさにこのことだと思いましたよ。
はじめまして (manimani)
2009-02-22 22:41:23
☆にゃむばななさま☆
コメントありがとうございます!
あの牧場は見事でしたね
ただちょっと白骨化は早すぎないかな?
あ、そうでもないのか、殺害から何年かすぎていたっけ・・
しかしあの刑事さんがまじめに取り合ってくれてよかったですよね~

またお越し下さい~
あの犯人役の俳優 (樹衣子)
2009-02-24 20:19:09
そうそう、あの俳優は登場した時から、なんとな~く薄気味悪いオーラがでていましたよね。
私もあの俳優には注目しています。

>30年代ロスの風景の真ん中には、『或る夜の出来事』を上映している劇場がすえられている

そうでしたかっ。これはマニアックなご愛嬌ですね。
私もTOHOシネマズ日劇で、公開初日の午後観ました。平日の昼間でしたが、とてもすいていてこんなによい映画なのに・・・と思っていましたが、休日は満員盛況なんですね。やっぱり。
ですよね~ (manimani)
2009-02-24 21:43:52
☆樹衣子さま☆
こんばんは~
あの薄気味悪い俳優さん(笑)は調べてみましたが他にめぼしい出演作はいまのところなく、よく見つけてきたなという感じです。

ワタシは初日の翌日土曜日に観たわけですが、席は30分前に行ってもすでにかなり前のほうしか空いてませんでした。前のほうは好きなんでいいんですけどね^^

またお越し下さい~
コメ&TBありがとうございました (真紅)
2009-02-24 22:22:50
manimaniさん、こんにちは。レスが遅れてごめんなさいね。
アンジーは、泣いてばっかりなのに湿っぽい印象はなかったですね。
強く凛とした女性に描かれていて、演出の妙を感じました。
私も『或る夜の出来事』は知らない映画なので、観てみたいなと思いました。
『グラン・トリノ』も楽しみです!
ではでは、また来ますね~。
こんばんは^^ (manimani)
2009-02-24 22:31:20
☆真紅さま☆
いえいえとんでもない。

『或る夜の出来事』はだんだんワタシのなかでは必見になってきております(笑)
『グラン・トリノ』は俳優としての引退作になるということらしいので、いや~感慨深いですねえ・・・

またお越し下さい~~
はじめまして (Any)
2009-02-25 09:40:09
manimaniさん、はじめまして♪
お返しTB&コメントありがとうございました。

長い映画でしたが、一瞬たりとも集中が途切れることなく
観入ってしまいました。(ドライアイ悪化^^;)
流石の演出ですね~ 監督イーストウッド!!
アンジーをはじめ、脇の俳優陣も素晴らしかった!
特にあの犯人がインパクト大でしたね。気色悪~
子役君達も上手かったなぁ。。。

「小さな惑星」の5曲聴かせていただきました♪
朝から心地良い、おと・ことば・うたをありがとうございます^^
ようこそ (manimani)
2009-02-25 20:54:18
☆Anyさま☆
こんにちは
コメントありがとうございます^^

ドライアイ悪化ですか~すごい集中力ですね
ワタシは白状すると前半ちょっとウトウトしちゃいました^^;
犯人君はなんというか、近寄ると汗とか飛んできそうな感じですよね気色悪~くて最高。

son*imaも聴いてくださったんですね、ありがとうございます。よかったらCDクオリティでも聴いてやってください。アマゾンで買えます(多分)(笑)

ではまたお越し下さい~
さすがの (かえる)
2009-02-26 23:55:06
manimaniさん、こんばんは。
いやはや、巨匠の風格が感じられましたよねぇ。
アンジーでさえ、クラシカルな佇まい。
イーストウッドはイーストウッドのやり方で、ムラカミハルキはムラカミハルキのやり方で。
はるき (manimani)
2009-02-27 00:12:14
☆かえるさま☆
いらっしゃいませ~^^

『或る夜の出来事』をネタに使っても違和感のない作家になってきたという感じでしょうか、なんていうと、若造が何を言うか、ってクリントさんに一蹴されそうですが。。

ハルキに比べるとイーストウッドは直球ど真ん中で勝負ですね。
TBありがとうございました (シムウナ)
2009-10-12 12:03:46
TB有難うございました。
子供を想う母の心情をアンジーは
見事に再現していました。
最近のクリント・イーストウッドの作品は
重厚なテーマが続いていて、今回も
作品にどっぷり浸かってしまいました。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

50 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画 【チェンジリング】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「チェンジリング」 クリント・イーストウッド監督による実話の映画化。 おはなし:1928年、ロスアンゼルス。クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は9歳の息子ウォルターと暮らしていた。ある日、彼女は休日を返上して仕事をしてから帰宅する...
チェンジリング (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『どれだけ祈れば、 あの子は帰ってくるの─? ある日突然、消えた息子。 5ヵ月後に帰ってきた彼は別人だった─。 1928年、ロサンゼルス。 魂で泣く本当にあった物語。』  コチラの「チェンジリング」は、クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョ...
『チェンジリング』 (ラムの大通り)
(原題:Changeling) -----これってクリント・イーストウッド監督の新作だよね。 彼とアンジェリーナ・ジョリーの組み合わせって 少し意外な気がするニャあ。 「うん。観る前はぼくもそう思ったんだけど、 観ているうちになるほどと…。 というのも、 これが思ったより...
「チェンジリング」・・・大きな”勇気”をもらった映画でした。 (逃げないほうが楽なんだよ)
今日、「チェンジリング」を見てきました。 アンジェリーナ・ジョリーは、体当たりの
チェンジリング/アンジェリーナ・ジョリー (カノンな日々)
予告編だけで物語を想像すると「幼い息子が失踪→数ヶ月後、無事発見、解決→この子は私の子供じゃない!?」というミステリー作品かなぁと思っちゃったりするんですけど、コレって実話に基づいた作品なんだそうですね。ということは謎は謎じゃなく既に明らかになってると...
*チェンジリング* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** 1928年。ロサンゼルスの郊外で息子・ウォルターと幸せな毎日を送る、シングル・マザーのクリスティン。だがある日突然、家で留守番をしていたウォルターが失踪。誘拐か家出か分からないまま、行方不明の状態が続き、クリスティンは眠れ...
チェンジリング (Akira's VOICE)
子は鎹(かすがい)。 永遠に!!  
チェンジリング / CHANGELING (我想一個人映画美的女人blog)
クリント・イーストウッド監督作にハズレなし! と思ってはいるけど過度な期待はしないで観て来ました~ 金曜日からの1日前倒し公開。ちょうどタイミングよく時間あいてたので{/shootingstar/} 何かの番組でやってて軽く内容知っちゃったし、さんざんアンジーが叫...
『チェンジリング』 (めでぃあみっくす)
衝撃の傑作。しかも3度も衝撃を味あわせてくれる骨太な傑作。アカデミーでの評価が3部門だけというのも、過小評価されすぎでは?作品賞にノミネートされていてもおかしくないのでは?と思えるほどに素晴らしい映画でした。そして改めてクリント・イーストウッドという映...
「チェンジリング」 苦さの意味 (はらやんの映画徒然草)
クリント・イーストウッド監督の作品というのは、観賞後にかなりビターな口当たりが残
チェンジリング/Changeling (描きたいアレコレ・やや甘口)
ぎゃあ~~!!怖いけど凄いです! もう、何と言ったらいいのか、あまりに理不尽すぎて、事の展開にぐいぐい引き込まれてしまいます。と...
チェンジリング (映画鑑賞★日記・・・)
原題:CHANGELING公開:2009/02/20製作国・年度:アメリカ、2008年上映時間:142分鑑賞日:2009/02/21監督:クリント・イーストウッド出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハー...
【チェンジリング】★アンジェリーナ・ジョリー (猫とHidamariで)
どれだけ祈れば、    あの子は帰ってくるの―?ある日突然、消えた息子。5ヵ月後に帰って来た彼は別人だった―。1928年、ロサンゼルス。魂で泣く本当にあった物語。チェンジリングHPチェンジリング シネマトゥデイ英題:CHANGELING製作年:2008年製作国:アメ...
【チェンジリング】 (+++ Candy Cinema +++)
【CHANGELING 】 【監督/制作/音楽】 クリント・イーストウッド  【脚本】 J・マイケル・ストラジンスキー    【日本公開】2009/02/20  【...
『チェンジリング』 (千の天使がバスケットボールする)
人間は完璧ではないから、ヒューマン・エラーが発生する可能性はゼロではないにしろ、絶対に起こしてはいけないことが、先日の香川県立中央病院で発生した体外受精卵を取違えて移植した事件であろう。つらい不妊治療をのりこえて、ようやく妊娠した喜びもつかのま、胎内に...
母の愛~『チェンジリング』 (真紅のthinkingdays)
 CHANGELING  1928年、ロサンゼルス。電話局で働き、女手一つで一人息子を育てるクリ スティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)...
チェンジリング (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ある日突然、消えた息子。5ヵ月後に帰ってきた彼は別人だった__。 物語:舞台は1928年のロサンジェルス郊外。電話会社に務めるクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は9歳の息子ウォルターと暮らすシングルマザー。息子と過ごす時間が一番大切な時間だ。 と...
映画「チェンジリング」(2008年、米) (富久亭日乗)
     ★★★★★  Clint Eastwood 監督、 実際にあった連続少年殺人事件を モデルにしたドラマ。傑作。 原題は「Changeling」で、「取り替え子」の意。 「取り替え子」とは、西欧の民話で、妖精が人間の子供をさらった後に 置いていく妖精の子供のこと。      ...
チェンジリング・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ある日突然、最愛の息子が失踪し、数ヵ月後に警察によって発見される。 ところが自分を母と呼ぶその子は、我が子とは似ても似つかないまった...
求めているのは希望。『チェンジリング』 (水曜日のシネマ日記)
1928年のアメリカで実際に起こった事件を基にした作品。行方不明になった息子を探し続ける母親の物語です。
「チェンジリング」:古川橋バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}時代屋なんて、村松友視の小説みたいな骨董屋ね。 {/kaeru_en4/}しかし、古き良き時代を感じさせるものはいいよな。 {/hiyo_en2/}1920年代のロサンゼルスでも? {/kaeru_en4/}そりゃあ、クリント・イーストウッド監督の映画「チェンジリング」みたいに息...
『チェンジリング』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
巨匠イーストウッド映画の世界では、絶好調セレブのアンジーもちゃんと非力で不憫な女に見えるよ。 1928年。ロサンゼルスの郊外で暮らすシングル・マザーのクリスティンの息子ウォルターがある日突然いなくなり・・・。クリント・イーストウッド監督の映画は素晴らしい...
【映画】チェンジリング (新!やさぐれ日記)
▼動機 名作っぽい雰囲気に。 ▼感想 格が違う。 ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ 1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と暮らしていた。ある土曜...
「チェンジリング」残酷で重いけど…イイ映画です。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[チェンジリング] ブログ村キーワード  監督クリント・イーストウッド、主演アンジェリーナ・ジョリーという、豪華なタッグが実現した本作「チェンジリング」(東宝東和)。実話を基に、“魂を揺さぶる映画”に仕上げています。さすが名監督に名女優。  1928年...
『チェンジリング』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「チェンジリング」□監督・音楽 クリント・イーストウッド □脚本 J・マイケル・ストラジンスキー □キャスト アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、コルム・フィオール、デヴォン・コンティ、ジェフリー・ドノヴァン、マイ...
♯09 「チェンジリング」 (cocowacoco)
映画 「チェンジリング」 CHANGELING を観ました          クリント・イーストウッド監督 2008年 アメリカ あまりにも出来すぎたドラマにも思えたけど、これが事実をもとにしてるというのだから、すごいお話です。 それにしてもイーストウッド監督の作品...
Changeling(2008) (犬連れ国際結婚)
オーストラリアからアメリカに帰って来て最初に映画館で観た映画は、 『Changeling』だった。監督は、ClintEastwood(クリント・イーストウッド)で、制作者の1人でもあり、音楽も担当している。主演は、Angelina Jolie(アンジェリーナ・ジョリー)で、1920年代の...
チェンジリング●○CHANGELING (銅版画制作の日々)
アンジェリーナ・ジョリーの母親魂がこもっていた!! タイトルのチェンジリングとは?「取り換えられた子供」の意。背景に、「さらった子供の代わりに妖精がが置いていく醜い子供」という伝説が宿るこの言葉は母親にとってどれほどの悪夢をもたらすものなのか?それを身...
チェンジリング (シャーロットの涙)
家族への想いに心うたれ・・・
チェンジリング (Movies 1-800)
Changeling (2008年) 監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン 1920年代のロサンゼルスで、横暴な警察権力と戦いながら、行方不明の息子を探し続ける母親の姿を実話に基づいて描く。 腐敗した警...
チェンジリング (Memoirs_of_dai)
オレ(息子)オレ(息子)詐欺 【Story】 1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の...
『チェンジリング』の光と影 (Days of Books, Films)
最近のハリウッド映画の画面には影がなく、闇もない。例えば顔をアップにしても、影に
チェンジリング (★YUKAの気ままな有閑日記★)
最近、劇場に行く時間がなかなか取れないけれど、アンジーがアカデミー賞にノミネートされたこの作品だけは、、、這ってでも観に行きたかった―【story】1928年、ロサンゼルス。ある日突然、クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)の息子ウォルターが姿を消...
チェンジリング (ルナのシネマ缶)
実話だというのが ホントに恐ろしいです。 理不尽にもほどがあります! 警察の横暴も凄いし それに精神病院も 酷すぎる・・・・。 でもそれだけではない、 クリント・イーストウッド作品は 奥が深いです! 1928年3月、クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ...
チェンジリング (Yuhiの読書日記+α)
クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー主演の、ゴードン・ノースコット事件の被害者家族の実話を元にした映画。その他キャストは、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール他。 <あらすじ> 1928年。ロサンゼルスの郊外...
「チェンジリング」のオスカー授賞式のこと (映画と出会う・世界が変わる)
この映画の中に登場したアカデミー賞授賞式のこと。「或る夜の出来事」と「クレオパトラ」が最もオスカーに近い作品のようであった。「クレオパトラ」といえば、我々はエリザベス・テイラー主演のあの愚鈍な超大作を思い浮かべるが、このときの「クレオパトラ」は、セシル...
チェンジリング (映画どうでしょう)
映画チェンジリングの感想 クリント・イーストウッド監督らしい作品ですね。 単純な...
チェンジリング (エンタメ日々更新)
映画チェンジリング見てきました。 クリント・イーストウッド監督の作品ですが、単純なハッピーエンドのエンターテイメント映画と違って、...
チェンジ・リング を観ました。 (My Favorite Things)
Did you kill my son?と叫ぶアンジーの迫力はなかなかです。
映画日記りぼーん『チェンジリング』 (CHEAP THRILL)
はーい。 今、歌舞伎町にある漫画喫茶なり。 5時間パックで1,280円。 10時に新宿で見たい映画があるので家に帰らないで近場で仮眠、というわけさ。 うん、コレが出来るうちはボクもまだまだ若いもんだな。 それで、ついさっきまで新宿オデオン座で...
チェンジリング ▲42 (レザボアCATs)
これまた素晴らしかった!最後の最後まで、ハラハラしながら、かなり面白く見れてしまった作品。
チェンジリング(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
珍しくマット(夫)が観てきた。ので、んじゃ私も! と、「チェンジリング」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー...
「チェンジリング」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
ロス市警には怒り心頭!冷静になれなかったです
「チェンジリング」(CHANGELING) (シネマ・ワンダーランド)
「ダーティハリー」や「許されざる者」「マディソン郡の橋」「ミリオンダラー・ベイビー」などの作品で知られる米映画界大御所のクリント・イーストウッド(79)が2008年にメガホンを執ったミステリー・タッチのサスペンス・ドラマ「チェンジリング」(原題=「取り...
映画:「チェンジリング」CHANGELING 間違いなく今年有数の傑作。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
まずカミングアウトすると、実は監督としてのクリント・イーストウッドはあまり好きではない。 もちろん、対で戦争を冷酷に描写した「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」は傑作だと思っているし、「ミリオンダラー・ベイビー」だって感動して観た。 彼ならではの視点...
チェンジリング (ひでの徒然『映画』日記)
Comment: 失踪した幼い息子を捜す母の闘い。 クリント・イーストウッド監督の作品です。 酷い。ロサンゼルス市警察の非人道的な対応に愕然とします。これが事実を基にした作品だというのだから驚きです。 この作品をバックボーンとして「L.A.コンフィデンシャ
【映画】チェンジリング…私程度がツッこみする隙無しな良作、高評価。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
一昨日の記事でも「朝まで仕事」{/face_hekomu/}と書きましたが、昨日の朝も同様{/face_hekomu/} 15時間労働の末に朝10:00頃に帰宅{/face_hekomu/}。お陰でそのまま夕方まで寝ちゃって{/kaeru_night/}…昨日の土曜日は無駄に{/face_ase1/}{/ase/} 今日{/kaeru_rain/}{/hi...
No.187 チェンジリング (気ままな映画生活)
アンジェリーナ・ジョリーがアカデミー助演女優賞を獲得した 「17歳のカルテ」と同じぐらいに、 今回の演技は魅了されてしまった。 実話がベースになっていて、1920年代の警察の腐敗、 体質に驚かされた。
チェンジリング (CASA GALARINA)
★★★★★ 2008年/アメリカ 監督/クリント・イーストウッド 「息子に会えずとも母はそれを希望と呼ぶ」
チェンジリング/Changeling(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[チェンジリング] ブログ村キーワードチェンジリング(原題:Changeling)キャッチコピー:どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの?製作国:アメリカ製作年:2008年配給:東宝東和ジャンル...