日本裁判官ネットワークブログ
日本裁判官ネットワークのブログです。
ホームページhttp://www.j-j-n.com/も御覧下さい。
 



クレジットカードの立替金の請求は簡裁では、とてもメジャーな事件なのですが、その事件もそうした立替金の請求事件でした。 
被告は、カード利用の金額が多過ぎる、毎月相当な額が口座振替になっていたので、残額はもっと少ないはずだと主張していました。被告から提出された銀行口座の入出金一覧を見ると、確かに毎月7、8万円ほどがカード会社に口座振替になっています。
私は被告の言い分にももっともな点があると思い、原告に利用明細を出してもらい、二つの表を対照してみました。すると、符合しないものがたくさん出てきました。 
そこで、弁論準備手続に切り替え、さらなる説明を原告に求めることにしました。
弁論準備期日で、原告の担当者から仔細に話を聞くと、どうやら毎月口座振替になっていたのは、1回払いの分とボーナス払いの分だけで、リボ払いのものは定額の引き落としだけで残りは負債として残っていることが判明しました。
しかし、被告に説明しても、なかなか納得してもらえません。私は、カードの利用やリボ払いで陥りがちな勘違いを辛抱強く説明しました。原告のカード会社の担当者も丁寧に説明してくれ、和解案を提案してくれました。
首をかしげながら、不満そうな表情を浮かべる被告に次回期日までによく考えてきてほしいといって弁論準備手続を終えたのですが、被告が納得しなくても次回で弁論を終結し、判決を言い渡すつもりでした。もっと上手に説明できなかったのか、もう少し時間をかければわかってくれたかもしれない、などと弁論準備手続の様子を思い出し、私は少し憂鬱な気持ちで弁論期日に法廷で被告を待っていました。
ドアを開けて入ってきた被告は、傍聴席から私の顔を見るなり照れ臭そうに笑いかけます。その顔を見て、私は前回の手続が無駄ではなかったことを一瞬にして悟りました。被告はニコニコしながら「あれから、いろいろと考えてみて、裁判官の仰る事がよくわかりました。私の思い違いでした。分割で支払っていくようにします。」と言ってくれました。私もホッとして、つられて笑顔になり「いやぁ、私も社会人になって初めて作ったカードをついつい使い過ぎて、30万円以上の請求が来て、返済に苦労したことがありますよ。カードは便利だけど、怖いですよね。」と告白をしてしまいました。さらに遅れてきた原告の担当者もほっとした顔で、被告に対して「何かわからないことがあったら、いつでも言ってください。」と応じます。
和解案は、元金のみを被告が毎月支払えるといっていた額で分割弁済し、しかも、過怠した場合も遅延損害金の支払いを求めないという、被告にとって寛大な内容でした。
被告は、タクシー運転手をしていたのですが、健康を害して仕事ができなくなり、支払いが滞ったようです。税金の滞納もあり、困っているというので、今回、成立した和解調書を徴収担当者に見せて分納をお願いしてみてはどうかとアドバイスをして、閉廷しました。当事者は双方はともに笑顔で、法廷を後にしてくれました。
書記官が「裁判官、せっかく準備した判決が無駄になりましたね。でも、誤解が解けて、納得してくれてよかったですよね。」と言ってくれたので、私も「いや、ホント良かった。手間と時間はかかったけど、喜んでもらえたし。これこそまさに、当係のモットーである期日に出頭した当事者に笑顔で帰ってもらうということだよ。和解調書の作成、よろしくお願いします。これからもこの調子で頑張ろう。」と答えました。
まったく些細なことですが、こうした小さな喜び、笑顔を大切にして頑張っていきたいと思っています。
 
 


コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )



« 「小椋佳の公... 公務員を志す... »
 
コメント
 
 
 
クレカ・使い過ぎは[暮れにジットしている事]になりかねず!私は持ってません。先日の引っ越し料等→急な出費時こまります (秦野真弓 しんのまゆみ)
2015-07-05 18:48:29
先日・引っ越しました.新たに購入した不動産への引っ越し料は,極めて高く→[裁判官の転勤の大変さ]わかりました。幸い,外債が大幅に上がり、そこから引っ越し料金→捻出。安倍政権には問題点ございます。でも,あと暫くだけ[アベノミクス=好景気]=続いてほしい
 
 
 
Unknown (はるな)
2015-07-06 12:03:24
昨日、テレビで眺望がよく価格も安いタワーマンションは北千住ていってたけど、いくらね、安くても北千住には住めない。
最近の不思議、某会社の代理人が作成した訴状、根拠となる証拠の添付がなかった。準備書面にでも次回付けて来るんだろうと思ったが、これもなかった。戦う武器も持たずになにしたいんだか、おまけに事件名まで間違えてて最近の代理人のレベルて恐ろしい
 
 
 
はるな様の言われる通り、東京下町付近は[関東大震災大+東京大空襲大火災]の教訓にもかかわらず、未だ構造物、ひしめき合い→住む気なれません (秦野真弓 しんのまゆみ)
2015-07-06 20:53:11
私!東京三多摩地区に、今回、引っ越しました
いつか起こる首都圏直下型地震の際
ココなら関東労務層の上にある為→<液状化・火災旋風>ない筈
ただ,東京三多摩地区は道路状態良くない。尊敬する浅見裁判官様の御担当=
[自転車が側溝に挟まり怪我した事象→市の責任か?裁判]重く見て,<私の住む街の危険箇所>→ダウン道路したい
 
 
 
Unknown (はるな)
2015-07-09 09:56:03
あら奇遇。以前、物件探ししてたとき、三多摩地区は安全基準が高いことがわかり、今、購入リストにあがってるのが三多摩地区なのよ。でもマンションではなく戸建て。けちなもんんで、修繕積み立てと管理費、毎月払う事に抵抗だあるんだけど、賃貸にすること考えるとマンションの方が貸しやすい。全国的に賃料は下がっているのに対し売買価格は上がってる。だからオーナーチェンジ物件は売れない。したがって今は不動産は買い時ではないが、現金もってる人は、指値して安く買える時期でもあるんだ。所詮、世の中、お金のある人中心に得するようできてるて事。
 
 
 
私,他人とのコミュニケーションが苦手な人物.過日の進歩ジウム懇親会→変なタイミングで人様に話かけた過ち→反省 (秦野真弓 しんのまゆみ)
2015-07-11 17:45:31
昨日,東京地裁地下1階にて,堀禎男裁判官様に
「あなたは民事37部・村上正敏ブ総括判事様の陪席の方ですね。村上さん,今、大分地裁所長です」と言ったところ
総務課長の風貌した一般職員様に
「そういうの,ココで言う場ではない」と注意され自己嫌悪
Aフランクフルト地裁前での道場康介判事補様
B日弁連での,中村慎最高裁総務局長様等
相手側から話かけてくださるのが一番良いな
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。