日本裁判官ネットワークブログ
日本裁判官ネットワークのブログです。
ホームページhttp://www.j-j-n.com/も御覧下さい。
 



 私は,勤務する裁判所から約20㎞離れた自宅に住んでおり,月に一度,夜間の令状当番を自宅待機で勤める。夜9時までは裁判所に居残った裁判官が令状当番をするので(看護師でいうと準夜勤),夜間当番(深夜勤)は夜9時から翌朝8時まで当番をする。管内の警察署から令状請求(逮捕状,捜索差押許可状,鑑定処分許可状などの請求)を受けると,裁判所で当直している書記官が受付をし,記録を点検し,発布する場合の令状の準備をし,今から行くと私に電話をしてから,事務官がタクシーに約40分乗って私の家までやってくる。
 寝入る前に連絡があればよいが,寝入りはなに起こされると辛い。私は早寝早起きなので夜10時から午前2時までに起こされるのが辛いが,午前3時以後なら平気である。もっとも,そんな時間だと当直している書記官・事務官は大変だ。
 もちろん,犯人を追いかけて捕まえてくる警察官の苦労はもっと大変だが,彼らは夜勤明けはおそらく非番(休暇)だろう。
 しかし,裁判官・書記官・事務官は夜勤明けが休暇になるわけではない。深夜令状当番をした翌日に法廷立会とならないように当番を組んでいるけれども,法廷の立会だけが裁判所職員の仕事ではない。むしろ,法廷前の準備と法廷後の整理が大変であって,法廷と法廷との間の非開廷日は,大変重要な仕事の日なのだ。ここでしっかり準備し,整理していないと,法廷で良い仕事ができない。裁判官の場合は週に3日法廷を開く場合が多く,残りの2日を準備と整理にあてているから,深夜令状当番は法廷を開いた日の夜になり,翌日は法廷の準備と整理をすべき日なのに一日中眠いときを過ごすのだ。
 遠方に住んでいる裁判官は深夜令状当番を免除され,その代わりに準夜勤や日曜休日当番をしているのだが,裁判官の公平を期するためと,書記官・事務官の負担軽減を計るとして,私の勤める裁判所でも,今年中に,裁判官が庁舎に泊まり込んで深夜令状当番をする制度に移行する。これまで,警察は,裁判所の負担を気にして,夜間の令状請求を必要最低限度に押さえていた傾向があったが,裁判官が泊まり込むようになると,遠慮なく夜間に請求してきそうである。彼らは17時以後に仕事をすれば夜勤手当がつくだろうが,裁判官は夜勤も給料の内であって手当はない。夜間の令状請求に対しては,とりわけ厳しくチェックしないと,夜勤の日は眠れないことになり,翌日の仕事ができなくなりそうだ。(瑞月)

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )



« 春がきた 白洲次郎 »
 
コメント
 
 
 
夜勤明けは非番ではない (警察官)
2010-04-08 11:23:28
警察官が夜間に逮捕状請求するような事件で,
逮捕した警察官が翌日非番ということはまず考えられません。
逮捕したら,その後48時間以内に検察官に送致するための準備がですから,休んでいる暇はありません。
警察官は交代要員がたくさんいると思われているのかもしれませんが,逮捕の指示をした捜査主任が翌日休みなんて考えられませんし,人員が限られているので,その事件の捜査が一段落する約20日間,休みなんてありません。
裁判官にはもっと捜査現場を知って欲しいです。
 
 
 
Unknown (裁判官は)
2010-04-26 22:11:06
おそらく非番っておそらくで話をしてはいけない仕事が裁判官では。現場が一番キツイんですよ。幹部が暇そうなのはどこの組織も一緒です。
 
 
 
裁判所に夜よばれる理由 (タクシー ドライバー)
2013-02-09 13:52:33
たまに夜間裁判所によばれ どこかの官舎にいってしばらく待ち また戻ってくる理由がわかりました
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-04-28 13:31:30
ふざけるな、と言いたい。

警察官ならば夜勤明けの早朝に柔剣道の稽古等があるのも当たり前である。
寝不足のまま緊急配備等の発令がなされ、夜中駆け回り、あげく被疑者制圧時に受傷事故が生ずるのも日常茶飯事である。
軽い打撲傷や擦り傷などは、受傷とも認められないのである。

私は常日頃より、高い見識を持つ裁判官の方々を尊敬して参ったがこのような不見識な者もいることを初めて知った。
大変に幻滅した。
筆者には猛省を促したい。

また、司法修習において、検察修習のみならず「警察修習」を導入することも検討されてはいかがか?
文弱極まる法曹諸氏が同意なさる可能性は薄いのであろうが。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。