はちきんIzyのアメリカ丼

料理にすると丼カップル
はちきんイジーとアメリカンいごっそうバッキーの
山あり谷ありの国際結婚ブログ

遺伝子検査への夫の興味と湿板写真と、、

2017-08-13 | 日本の家族

先祖のルーツが分かるDNA検査キットを売っている Ancestry.com で

  30%引きセールがされていると

  コメントで教えて頂いたので

早速 その話をバッキーにすると、、、


  予想以上の興味を示す。




”クリスマスプレゼントに買ってやれ”  と

けいちゃんとカメ君への贈り物にしようと言い

私の顔を覗き込んで

”お前も欲しいか?”  と

私の分もオーダーして良い と

あのケチおやじが

  いきなり気風のいい男に早変わり 




セールと言っても

 一つのキットが70ドル近くするので

 躊躇った私が


”そうやね、、ちょっと考えてみるわ、、”  と云うと



”今すぐオーダーしなかったら

 お前の事だから すぐ忘れてセールを見逃す

今すぐオーダーしろ!” 
 と

  私の性格をよく知っているバッキーにせかされ


 2人分のキットをオーダーした。





私の分は 又 いつかしてみる事にし

 まずは

 持っている日本の家系図を何とかする事だ、、と

久しぶりに

 ファイヤーボックスから それを取り出してみた。




家系図と一緒に箱の中に入っていたこの写真


  


明治3年に撮影されたもので

  ガラス板の後ろに布を置くことで

   写真の像がはっきり見えるように出来ている。


ググると”湿板写真”と言うのがあり

  それではないかと思われる。


 


布を取ると

 こんな感じ 


 


考えると 

この布も多分 明治3年以前のものだから

  随分古い

もう少しで150歳になる。

 布についた埃も古い物なのかと思うと

  そのままにしておきたくなる。

  



 
古いと言うと 

 家系図が書かれた江戸時代の和紙

  
   質が高く 綺麗なままなのが凄い。

  

 


信州から長州  そして 土州に渡ったご先祖たち、、。



 時をさかのぼると 

 どこかで繋がっている方も沢山分かるんでしょうね。


貴方とも親戚だったりする事はありますよね。
 
にほんブログ村
『北アメリカ』 ジャンルのランキング
Comments (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クイーンが帰って来た | TOP | 結婚式へ、、 »
最近の画像もっと見る

9 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふき)
2017-08-13 01:22:31
毎回興味深く拝読させて頂いています

人類は5人の母からスタートしたとの説があります
何年も前に1人の日本人女性の
ルーツ(共通の遺伝子)をたどるドキュメンタリー番組を観た事があります
辿り着いた先は カザフスタンの山奥に住む女性でした 
なんと2人の顔がそっくりでした 

ちょっと話は飛びますが
我が実家は江戸後期に建てられた古民家です
150年の時間が流れています

人も物も 過去があっての今です
壮大で 愛おしい存在です

イジーさんのご先祖様は
どの母と繋がっているのでしょう




圧巻 (れいこ)
2017-08-13 02:12:43
本当にいつ拝見しても、垂涎物です。系図はDigitalizeなさるとよろしいと思います。カメラでもスマートフォンでもよろしいですが、コピーなさって、原本はarchival safe acid-freeの箱などに保管なさるとよろしいと思います。ファイアセーフボックスは良い考えですね。そしてそのコピーを使って、現代でも英語でも通じる家系図にお名前を入れていかれるとよろしいかと思います。先日お話ししたコンピューターでどんどん情報を入れておけるPedigree Chartなどで作成していくと楽だと思いますが、時々プリントして日本名を書いてくと良いでしょう。又漢字の読み方については日本国立国会図書館http://www.ndl.go.jp/jp/data/catstandards/yomi/index.htmlに問い合わせてみるのも解読の一つの手段かと思います。DNAテストの結果が楽しみですね。
写真の保存 (れいこ)
2017-08-13 02:27:43
湿板タイプのお写真は、貴重ですから、その保存をNational Archives and Record Serviceにご相談なさってみてください。あなたのお持ちのお写真も家系図も大変貴重なものであると思います。Nastional Archivesはhttps://www.archives.govでホームページです。
Unknown (小父さん)
2017-08-13 13:53:01
ひゃー、凄い凄い!

私が育った家にも古いものがたくさんあったのですが、先月帰って聞いたところ何もなさそうなのでがっかりでした。
引っ越しをするたびに処分しますよね。

ところが、イジーさんも確か四国で生まれて転々とされてアメリカに渡られそして引っ越しを繰り返されて
明治3年の写真やら諏訪家の家系図やらを持っておられるって驚くほかないです。

>信州から長州  そして 土州に渡ったご先祖たち、、。

すばらしいですね。
もうイジーさんにとっては宝中の宝物だと思います。

家系図の文字もりっぱですし、鮮明ですね。

感動的です!
そうだったのか! (ようちゃんばあば)
2017-08-13 14:36:39
湿版写真?
子供のころ たくさんの白黒反転したような 小さな写真が 祖父のタンスの引き出しにありました。
子供心に 写真のネガフィルムかな と思っていました。
黒い布を敷く。。。
はあ そういえば 昔のアルバムは黒い紙でした。
あれにのせれば よく見えるのかな。
ルーツ 知りたいと思う年頃がありますね。むかし うちも家系図があったのに
親戚の人が ちょっと貸してくれと持ち帰ったきり 返してくれないんだと
祖母が嘆いていました。
Unknown (サニー)
2017-08-13 19:56:09
私も信州産です。
検索すると祖母方の先祖と諏訪氏は何かと戦国時代に連携しています。
不思議ですね。
実家にも同じような書き物があって額にいれてます。

こんばんは (いなかのばぁば)
2017-08-13 20:28:17
イジーさんスゴイ、古い物をお持ちなんですね、
家系図、由緒有るお家だったんですね。
湿板写真ですか?これも初めてみせてもらいました、
貴重品大事になさって下さい。
諏訪家のこと (すみれ)
2017-08-13 21:23:38
諏訪のルーツは、長野だったんですね
全然、しりませんでした
それにしても、引っ越しを何回もしているにもかかわらず、大切に保管しているとは、すごいですね。写真の人はライスイ氏のお父さんでしょうか?
日曜の今日は義理妹宅でピクニックです (コメントありがとうございました)
2017-08-14 01:23:46
*ふきさんへ

コメントありがとうございます

>人類は5人の母からスタートしたとの説があります。

遺伝子検査の発達で人種など意味のないものになっていくんでしょうね

最近関心を持ち始めたことです

>我が実家は江戸後期に建てられた古民家です

日本では珍しい貴重なものですよね。
そこにあった沢山の命を思いますよね


*れいこさんへ

またも貴重な情報をありがとうございます
気になりながらも ファイヤーボックスの中で眠っていたこれらは
もっと大切に保管もし 読めないままにせず それを解決する方向に持って行かなくてはと思いました

いつもありがとうございます

*小父さんへ

曾祖母が暮らしていた家はもう壊されたと思います

伯母がいくつかの物を保管してくれ
その中にあったのがこの家系図などでした
これをもらったのは帰国した時です。

古い物って 捨てられる事はおおいですよね

>家系図の文字もりっぱですし、、

筆で書いたわけですが
素晴らしいですよね。

*ようちゃんばあばさんへ

>たくさんの白黒反転したような


そうですね
逆になっておりそのため 黒い布の上で 像がはっきりします

>ルーツ 知りたいと思う年頃がありますね。

今アメリカでは関心を持つ方々が増えてきています
バッキーの親戚の人も家系図のようなものを作ってらっしゃいました

私は何と言っても けいちゃんとカメ君に深い興味を持つ事です

>祖母が嘆いていました。

その親戚の方から 返していただけない物でしょうかね


*サニーさんへ

おおお そうなんですか

どこかでつながっている可能性は大きいですね

私の読み方が正しければ信州から長州にたったのは 
1700年ごろと思います

*いなかのばあばさんへ

>湿板写真ですか

私も今回初めてしった呼名です
分からないままにしていましたが
こうして 少しでもしろう  として行かなければと思う事です

*すみれさんへ

これらは 長女を連れ帰国した時に伯母さんから頂きました
漢字でつづられ ほとんど読めないんですが
最近しりあったれいこさんと言う方がこの方面で詳しい方で貴重な情報を教えていただいています

諏訪頼水の父親はヨウサイ(よう斉)  と云うので
この人ではないと思います
ヨウサイも医者でしたからこういう洋装はしなかったのでは、、、?

家系図の中に 山内家に使えていた人たちの名前も載っており 土佐史だんという団体にその名を送ろうかとも考えることですが、、。




post a comment

Recent Entries | 日本の家族