はちきんIzyのアメリカ丼

料理にすると丼カップル
はちきんイジーとアメリカンいごっそうバッキーの
山あり谷ありの国際結婚ブログ

心から喜べないのは、、

2017-04-19 | 



イリノイの家が売れる事になってから

  複雑な思いの中でいる。


  先の事を考えると

家を手放すのが 一番いいのだが

 自分の家が無くなる、、と言う事もあり

  心から喜べない私でもある。





ホームレスになる訳でもないし

 住む家はあるのだから

  贅沢な悩みかも知れないけど、、、、





これが 現在の正直な気持ち、、、だ。





気分が沈みがち なので

  気持を切り替える為に

アイオワの家で使っている寝室の模様替えをしようと

  ベッドを移動したら


  

スペースが広くなった、、。


 



ここは地下室で

 こういった部屋にテレビやソファーを置き

  ファミリールームとして使う家庭は多い。



それもあり だだっぴろい部屋の為

スタジオ(studio)アパートメントのように

家具や仕切りを使って こんな感じに


 

  寝室と居間に分け

衣類を入れるクロゼットも作ろうと

  思案中



現在は 箪笥もなく

 部屋の小さなコーナーに衣類を置いてある。


 


これでは 十分なスペースがなく

  季節が変わるごとに豆に

    衣類交換をしているが

そんな作業をしていると

 無駄な衣類の数の多さに ため息


お洒落は楽しみたいけど

  衣類の数は少なくし

コーデで違った雰囲気を出す方法を

   心がけたい と思う。。



 

この隣はネットをするコーナー 


 


ここにはイリノイにあるデスクを

  持って来る予定


 
 階段から降りた通路は


 

  結構広いので

ここも部屋として使う事が出来る。




 階段を下りてすぐの この壁に 


  



棚を組み合わせ 

  こんな感じ にしてもいいな


  

   と あれこれインテリアを考えていると

  気分もアップ してくる  単純な  わ  た  し  である。

 

そして

出来る限り 少ない物で暮らす生活

  魅力を感じ始めるこの頃、、、だ。




将来 

 小さな小さな小さな家を買うのが  夢  でもある。

『北アメリカ』 ジャンルのランキング
Comments (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イースターのお祝いは、ここ... | TOP | 契約書にサイン その5 »
最近の画像もっと見る

8 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Leah)
2017-04-19 00:31:55
家を売ったり買ったりって人生の中で大きなイベントですもんね。
いろいろな思いが心の中にあることと、お察しします。

それにしても広いですね~、地下室。
私も最近は、出来るだけモノを買わないようになりました。
案外、なければないで慣れるもんですね^^
わかります (フロリダお婆)
2017-04-19 02:09:25
思い出の物を手放すって寂しいですよね其れが家なら尚さらで一杯詰まってますものね苦しかった事嬉しかったアレコレが。それに丹精こめたお庭も・・・。バッキーさんの住む家も決まり全てがとんとん拍子。青い家の近くに川が眺められて気持ちの良い家が見つかるといいですね。中西部の暑さはドライなのでしょうか、芝刈りが100ドルと言うのはハーフエーカーでしょうか、夏はかなりキツイですね、勿論ビールはいけません。
Unknown (悩めるうさぎ)
2017-04-19 02:24:21
今までずっとあったものがなくなっていくという
過程を見るのは確かに寂しい気持ちになりますよね。
我が家も過去、ヤドカリのように何度も家を売り、買い、
旦那がリフォームしてまた売り、そして買い・・・
と繰り返してきましたが、お気に入りの家を手放した時は本当に寂しかったです。

でも地下室、広くていいですね!
仕切りがない分、自分の好きなようにアレンジできるので
張り切ってデザインしてくださいませ~~
Unknown (ree)
2017-04-19 07:03:18
分かります~。
私は生まれ育った家を3年前に手放してるので、実家に帰っても実家じゃないんです。
その家がなくなると言う事、あの頃は私も気持ちが沈みがちでした。
地下がこんなに広いんですね~。
このスペース、いいですね~。

二人はスポーツで皆留守 今仕事から帰宅しました。 (コメントありがとうございました)
2017-04-19 07:58:38
*Leahさんへ

バッキーとしては あのファームハウスで暮らし
リタイヤーしたら シニアアパートに入る、、というのがプランのようですが

私はまだ そういう ホテルのような寮のような中での生活に飛び込む気持ちになれないんです。
それは伝えたんで
後は 家探しですが、、、どうなるか、、。


物を少なくした中での生活って
心にもよさそうですよね
そう 慣れれば いいだけでしょうね

何が自分に必要なものであるかを考える過程も心の整理になりそうです

*フロリダお婆さんへ

>思い出の物を手放すって寂しいですよね


実は そうではないんです

この家に住んで15年ほどですが
子供たちも家を出た後で 夫婦二人の生活でしたし
ひっそり暮らしていた分 これと言って 想いでもないんです。

>家の近くに川が眺められて気持ちの良い家が見つかるといいですね


そうなんです

それが見つかると いいんですが
なかなか なくて、、、。
小さな集落なんですよ、、ここ

あるにはあったんですが
どうも上手く行きそうでなく
ただ税金の関係で
 娘にこの家を売るのは2年後にする予定です。
買うのはその後がいいでしょうね


こちらは フロリダに比べれば湿度は低いと思いますが
ドライなコロラドに住む娘に言わせると 湿気があると、、、

日本ほどではないとも 日本人の方がおっしゃってましたがね、、。

夏中 湿度が高いと言うより 日によって 不快数の高い日があると言う感じでしょうか

あそこの庭はどのぐらいでしょう?
ハーフエイカーはないようにも思いますが、、、

*悩めるうさぎさんへ

>今までずっとあったものがなくなっていくという
過程を見るのは確かに寂しい気持ちになりますよね。


、、、と言うか
自分がくつろげる家と言う意味の  自分の家が無くなる   と言う事に気持が沈んだんですが
バッキーの借家に帰ればいいんですから
これも 贅沢な気持ちなのかも知れません

成人した子供との同居生活には いろいろあります
親子だからこそのむつかしさ、、が、。

私も何度か引っ越し 家の売買をしてきましたが
何でしょうね
あまり執着もなく
寂しさを感じた事がないんです。

多分 毎回 少しずつでも 良い家を購入して行けたからでしょうか、、。

この部屋は 一人の寝室にするには広い部屋です
イリノイの地下室は3つの部屋に分かれていましたが
その中の二つは
このぐらいの広さがありました。

はい ゆっくりと デコしながら
気持ちを高めていきます。

自分だけのスペースが欲しいだけでしょう

*Reeさんへ

>私は生まれ育った家を3年前に手放してるので、実家に帰っても実家じゃないんです。


私の高知の家も もう無くなりました。
曾祖母が亡くなってからは
行き来も出来なくなってはいましたが
外から家の姿を見る事は出来たので
帰国すると 必ずそばをとおていましたが

子供の頃に育った家って 想いで深いですよね

でも今回 私の気持ちが沈むのは それではなく
単に 自分の家 自分がくつろげる家が無くなる事に対して、、、です。

帰る所がない、、と言うか
まあ バッキーの借家に行けばいいんですが、、、

そのうち慣れるでしょう  

この部屋だけは自分の好きなように出来るので
自分の好きな物に囲まれた空間にしたいと思います







Unknown (小父さん)
2017-04-19 22:20:32
こんばんは

なるほど現在のご心境が表れていますね。

とても広いスペースなんですね。

トレーニングジムのマシンも置けそうな気がします

反対に私が70で家内が65歳に今年なりますが、物を増やさないことも意識しています。

その割にはガラクタが増えて行っていますが、もう使いそうにないものはどんどん処分してもいます。

人生は謳歌したいですが、残された者が処分するのもとても大変なようですね。

ネットをするコーナーは、私の遊び場に似ています!

>小さな小さな小さな家を買うのが  夢  でもある。

細かな事情は分かりませんが、「お離れ」の二所帯住宅というプランも面白いのじゃないかと今ふと思ってみました(笑)

一昨日のブログに孫娘を載せましたのでお笑覧ください。
    ↓
http://blog.goo.ne.jp/goo221947/e/151db17d0ec1bdd07c96a7a726358c7c
Unknown (サニー)
2017-04-20 00:45:30
とっても良くわかります。
前住んでいた北東部の家は生涯最も長く住んだ家で子供達との思い出もあり、引っ越しはとても寂しく感じました。税金が安かったらずっと居たい場所でしたが、追い出されるような気分でした。
引っ越しのための物を片付けるのも一々考えてしまって捨てるもの、そうで無い物などの選別もスムーズにいかず、どうしても子供達が小さかった頃を思い出していました。
今、もうその家は完全に壊されて大豪邸が建ってます。
完全に無くなって良かったかもしれません。

ここが今はとても好きになっていますが、北東部には娘が少し離れたところに住んでいるので、訪れる時は前の家周りから近くをただドライブだけでもしたくなります。
やっぱり結婚した娘や息子のところへ行っても落ち着かず、今ここにいるのが一番居心地が良いです。
イジーさんもバッキーさんの借家に直ぐに慣れるとおもいます。
仕事から帰宅しました (コメントありがとうございました)
2017-04-20 08:12:08
*小父さんへ

>トレーニングジムのマシンも置けそうな気がします

そういったものを置いている家庭もありますね

今回家を売ったら かなり多くの物を処分するようになると思います
毎週末 その片付けをしているんですが
まだまだ山のようにあり
驚きます

こちらでは親の持ち物をオークションで処分する家庭もあります
それこそ ガラクタがだんぼーるの箱に入り
1ドルなどで売られるんですよ。

大きな家電  古いテレビとか 困りますよね

>、「お離れ」の二所帯住宅というプランも面白いのじゃないかと

私も家の庭を眺めながら ここに小さな家を建てるのはどうだろう  とおもったりしますが
娘は庭を失くしたくないんですよね

まあ 気長に 探してみます。

お孫さんの柔道姿 観ています
コメント残しませんでしたが、、、
大きくなりましたよね

ほんとに 時間が過ぎるのが 速くて、、。


*サニーさんへ

引っ越しの為の片付けって
結構時間かかりますよね

子供たちの成長期の想いでのものは 捨てるに捨てられないですよね、、。
その選別に時間がかかります


イジーさんもバッキーさんの借家に直ぐに慣れるとおもいます。

私もそう思います
時間が必要なだけで、、、

アパートでない分 良かったです


post a comment

Recent Entries |

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。