はちきんIzyのアメリカ丼

料理にすると丼カップル
はちきんイジーとアメリカンいごっそうバッキーの
山あり谷ありの国際結婚ブログ

軍服の花婿

2016-10-17 | アメリカのニュースあれこれ


花嫁の教会で催された結婚式は

 アイオワ北部の町のカトリック教会であった。


バッキーの家族親戚には

 カトリック教徒が多いので

  彼らの結婚式に参列した日が

  懐かしく思い出されもした。


    


入口で手渡される紙には

  お祈りの言葉や

  歌われる聖歌の番号
がプリントされている。


成人して教会に行かなくなったバッキーだが

  お祈りの言葉も 

   聖歌も見なくとも言えるのには

  毎回 驚くことだ。


  


軍人である花婿は軍服を着用

   それは感動的な式であった。


  
『北アメリカ』 ジャンルのランキング
Comments (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 結婚式のお祝いに選んだ商品... | TOP | ホテル事情は、、 »
最近の画像もっと見る

7 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Neko★)
2016-10-17 11:16:48
儀式って、厳格な方が重みを増す気がします。
軍服の敬礼だけで、身が引き締まるのに

サーベルアーチですか~
カッコいい
道に外れたことはできませんね(笑)

花婿さん、白ではなく黒の軍服なんですね~
Unknown (小父さん)
2016-10-17 15:53:58
こんにちは

>お祈りの言葉も聖歌も見なくとも言えるのには毎回 驚くことだ。

それだけ、宗教が根付いているということですね。

私は今の日本にそう不満はありませんが、結婚式の神式に葬儀の仏式、そして八十万神(やそよろずのかみ)を崇めて、最近の若い子が、みんな十字架の前で誓いを立てる光景をみると、宗教心に対するもの足りさを感じます。

いぇーい!
私の父は軍人だったので、家にセイバー(英語: sabre, saber)がありましたので、中学時代に(サーベルで)よく遊んでいたものです。

花婿さんは海兵隊の士官ですか?

今日はこれから仕事です (コメントありがとう)
2016-10-17 22:45:08
*Nekoさんへ

素敵な結婚式でした。
このカップルのような夫婦に子供をたくさん育ててもらいこの国を支えてもらいたいと思うような方たちです。
セレモニーは良いものですよね
バッキーも なんだかんだ言いながら
感動し涙ぐんでいました


*小父さんへ

義父母はカトリックの信者で週に3回は教会にもいっていたと思います。
バッキーも8年生までカトリックの学校でしたし、、。

花婿はmarineです。
奨学金をもらい4年間の大学生活をしながらトレーニングを受けていました
ですから すでに位も高いようです。

写真後ろに立っている白い軍服をきているのは
彼の弟さんで コースト ガードで プエルトリコからやってきました
Unknown (ree)
2016-10-18 01:06:56
カソリックは教会の造りもウエディングも華やかなんですよね~。
うちはプロテスタントなんで地味です。

お祝いの品ですが、はしごでよかったかと私は思います。
2人で入れる寝袋、案外実用性がないから、最初のうちだけで使わなくなりそうな・・・はしごは10年後も20年後も使えますもん。
コメント ありがとう (reeさんへ)
2016-10-18 11:14:29
カトリックの信者が親戚にも多いので
こうしたカトリックの結婚式に参列することが殆どでした。

今年は続けて3つのウエディングに行きましたが
この式はけばけばしくなく 質素というかエレガントでしたね。

はしごが良かったですか
それは嬉しいです
結婚式 (阿波の踊り子)
2016-10-18 14:58:26
こんにちは
10月も半ばを過ぎたのに昨日も今日も暑いです。

昨日は琴平へ妹と行って来ました。
外国からの観光客がたくさんいらっしゃってました。

私達はお参りでなく買いものです^^

参道入口には素敵なお店が増えています。

軍服って引き締まって良いですね!

バッキーさんお祈り言葉も聖歌も見なくても大丈夫なんですね!

それだけ教会に通われていたんでしょうね!

日本では見られない結婚式のお写真ありがとうございました*^^*
コメント ありがとう (阿波の踊り子さんへ)
2016-10-18 22:35:58
琴平に行かれてたんですか
あそこは観光客でにぎわうでしょうね
バッキーは学校も8年生までカトリック系だったこともあるでしょうね
あの頃の先生はシスター  尼さん?で それは厳しかったようです

私もこの軍服の式は初めてでした
ほんと気持もひきしまりますね

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。