はちきんIzyのアメリカ丼

料理にすると丼カップル
はちきんイジーとアメリカンいごっそうバッキーの
山あり谷ありの国際結婚ブログ

地下が浸水し30時間の停電も重なる

2017-07-14 | アメリカのニュースあれこれ

火曜日の夜 この町をストームが襲い

 強風で木々が倒れたり

  大雨による浸水の被害を受けた家が多く出た。



幸い郊外にある我が家は

 フランクの小屋以外




  何の被害もなくすんだ、、。


それだけでなく ストームがあった事さえ知らずに

  眠りこけていた私たち、、、だ。


私の睡眠は深く

 夜中に目を醒ます事はまれだけど


この青い家は窓を閉め切っていると

  外の音が殆ど聞こえないからでもある。





”エンバーの家の地下が水に浸かって

  庭の木も倒れてしまったらしいから

今から 皆でヘルプに行ってくるね。”
  

 と云うカメ君の声で

 水曜の朝目覚めた。





エンバーはニックママの大学時代からの友達、、。

  教師ではないが 

学校勤務なので夏休みに入るや

   仕事は休みになる。

それもあり

 先週からニックママとエンバーは

  手作りのクラフトをガレージセールで売り

    小遣い稼ぎをしていた。




そのクラフト部屋が水に浸かったと言う。



家にあるカーペット洗浄機や除湿機やら 

 おおきなホースが付いた吸い取り機?やらを車に入れながら


 ”あー ほかに どんな物がヘルプになるかしら、、。”  と


オロオロして 

  ニックママが独り言のように言い

 エンバーの家に向かった。





その夜 8時過ぎに仕事から帰宅すると同時に

  ニックママの車が駐車場に入って来た。


すっかり疲れ切った様子のニックママ、、、

   機嫌も悪いので 長話は出来なかったけど


ストームによるダメージは大きく

 エンバーの家は未だ停電中だと知る。



地下はカーペットなので

  すべて剥がす必要がある。


自己負担1000ドルかかるが

   保険がある
  と言っているらしいけど

水害って 

 普通の保険ではカバーしなかった ように思う私は心配


どうか 私が間違ってますように、、、。


にほんブログ村
『北アメリカ』 ジャンルのランキング
Comments (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こんちきしょー | TOP | 浸水 その後 »
最近の画像もっと見る

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (姥桜)
2017-07-14 01:15:08
昨日はこちらも1日中バケツを引っくり返したような雨が続きましたし雷も凄かった、雨で向かい側が見えずまるで雪のような状態、アメリカ中おかしいですね。こちらでは水害は又別の保険に入らねばならないです。これが結構高く、これに入ってなければ家を売ることが出来ません。州に依って色々でしょうけど家を売る予定の無い人は入ってないという人が結構居ますし我が家も売るときに入ろうと。地下室が無いので水は安心してます。水に漬かると後々まで匂いが大変とか・・・聞きますが。
Unknown (ree)
2017-07-14 01:25:58
浸水はきついですね~。
ここは雨期になるとほぼ毎日すごい雨になりますが、必ず停電もあり、先日は短時間ですが一日3回もあったんですよ。
一番酷い時で3日間停電だった事があります。
エンバーさんのお宅の停電、早く復旧しますように。
カーペットの張替えも100%カバーされますように。
Unknown (小父さん)
2017-07-14 09:53:20
うわ、そちらも大変でしたか!
今日本では大雨で福岡、大分で大変な被害が出ています。

>幸い郊外にある我が家はフランクの小屋以外

それは良かったですね。

あっ、イリノイで大洪水があった時、確か地下室は大丈夫だった気がしますが
家屋には浸水しないように高く作られているんですか?

>ストームがあった事さえ知らずに眠りこけていた私たち、、、だ。

ははは、最高ですね

>窓を閉め切っていると外の音が殆ど聞こえないからでもある

ということは冬場に窓は結露(汗をかいたような状態)しませんか?

>今から 皆でヘルプに行ってくるね。” と云うカメ君の声で

カメ君いいぞ~!

>そのクラフト部屋が水に浸かったと言う。

最悪ですね。

>ニックママが独り言のように言い

そうでしょうね。

>すっかり疲れ切った様子のニックママ、、、

想像つきます。

停電だと生活が出来ませんよね~。

>水害って普通の保険ではカバーしなかった ように思う私は心配

適用除外条項ってありますよね。
保険に含まれていたらいいですけど・・・。
Unknown (Neko★)
2017-07-14 10:37:08
それはそれは・・・

日本も今、北九州の方たちが
川の氾濫と、流木で日常が奪われています。

そちらは、地下室はあるのが普通だと知りましたが
そのお陰で?逆に住んでいる部屋とかは守られるのでしょうか?

でも浸水はいやですよね。
家具も電化製品も、何もかもダメになりますものね。
浸水に限らず、自然災害はなんでも怖いですけど・・・

自然災害にきく保険って、確かに少ないですよね。

早く日常を取り戻されることを
祈っています
Unknown (Leah)
2017-07-14 18:33:33
大変でしたね(汗)
うちはflood insurance は別で、mortgage に必要とされていない地域に住んでいるから買いませんでした。
ほんと災害は大変ですね
停電とかあると普段どれだけ生活の中で電気使っていたか思い知らされます
早く元どおりになるといいですね
金曜の朝は快晴 今日は午後から半日仕事です (コメントありがとうございました)
2017-07-14 22:59:36
*姥桜さんへ

そちらも大雨ですか
今年は川の水位も高いです
メモリアルウイークエンドに賑わうキャンピング上も水の下で静かな物でした。

以前イリノイの町が洪水で知人の家は壊すしかない程の被害を受けたんですが
その時は国の援助で利子の安い30年ローンが出来
家を建て 暮らしています
それ以後 その区域はFloodインシュレンスが必要になっていますね

街や教会などからの基金もあり ゆったり暮らせるようになった知人も数年前にリタイヤーしました。

エンバーの地下も 臭いを放っているようです
バクテリアはこういった環境で強いし
一時も早く 作業を開始しなくてはいけませんね。


*Reeさんへ

80年代の終わり頃だったか
ミシシッピーの氾濫でこの町の多くの家が浸水することがあったんですが
その時も被害を受けずに終わった私たち、、。
自然災害を受けずにここまで来たのは 本当にラッキーとしか言えませんが
今後何があるか分かりませんから こうした事から 学んでいかなくてはと思う事です

エンバーの家は36時間の停電で回復したようです
私はそんな経験もなく
想像もつきません

イリノイの家は電線が地面の下を通っているので
その分停電も少ないですが
青い家は 周りは電線で一杯です
その近くの木が心配ですね。

*小父さんへ

日本もそうなんですか
日本では土砂崩れが多かったように記憶します。
私が育った高知には毎年台風が訪れたことでしたが
その時も被害なくすみ
自然の怖さを体験した事のない私です。

>イリノイで大洪水があった時、確か地下室は大丈夫だった気がしますが
家屋には浸水しないように高く作られているんですか?


そんな事もないのですが
家を買う時に浸水した事はあるか  という記入欄があり
元の住人の話では同じ住宅地で浸水した家があった時もここは大丈夫だった  とは聞きました

*Nekoさんへ

北九州なんですか
九州は熊本の地震といい 自然災害にやられていますね
早く復旧される事を祈ります


>そのお陰で?逆に住んでいる部屋とかは守られるのでしょうか?

それはないんじゃないでしょうか

浸水で一番にやられるのは 地下ですが

うーーん あまり考えた事ないです 汗



自然災害にきく保険って、確かに少ないですよね。

やはり日本もそうなんですね

こちらは 特別に水害用の保険を加える事になると思いますが
エンバーはどうなのか、、、そうでないと 大変な出費です


*Leahさんへ

flood insuranceは結構高いですよね
今まで必要ない地域に住んでいたので
私たちも買った事ないです
この青い家も丘に立っているのでそれは必要なくすんでいます。

36時間後に何とか 電気が通り始めたようです


post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。