はちきんIzyのアメリカ丼

料理にすると丼カップル
はちきんイジーとアメリカンいごっそうバッキーの
山あり谷ありの国際結婚ブログ

ちゃっかりした娘

2017-07-16 |  次女

地下の寝室で横になっていた私も

 ニックママたちが夜中の12時過ぎに帰宅した事に

  気づいたけど

眠りかかっていた私は起きずに

 そのまま朝までベッドにいた。




翌朝 まだ7時ちょっと過ぎだと言うのに

  ニックママは手押しの芝刈り機で

  グラスをカットしている。



(あー そうだった

  この夜 バッキーがアイオワにやって来るんだ、、)





怖い父親だったバッキーを

     恐れていたニック少女 



3歳ぐらいだったニック少女が

  駄々をこねて わめいていたある日

  ニック少女の後ろに出入り口のドアがあったので

  そっちに目を向けた私が

 ”アッ  パパが帰って来た。”  と嘘を言うと

びくっ となった ニック少女は

途端に黙り

 わめき顔から 

 にたぁーと 笑顔になったあの瞬間が

  未だに忘れられない。


  

そんなニック少女は ずっと

 父親の機嫌には敏感だったようにも思う。




もう父親を怖がる事は 勿論ないが

あれこれ 文句を言われるのが嫌なんだろう。


それとも 父親に

 良く思われたい気持ちがあるのだろうか、、、。


疲れているのに 早起きして

   伸びすぎた芝を刈る、、。






芝刈りを終えたニックママが家に入って来て

  昨夜の事を話し始めた。



どうやら エンバーと始めた手作りのクラフト

 フェイスブックのコミュで販売し始めた所

   注文が入り

その作業を遅くまでしていたようだ。


  


”そうだったの

  で、、その売り上げは

 全額エンバー家族に行くのよね” 
 と


私が確かめると


”半分分けよぉー” 
 と

目をまん丸くして 

  それが 当たり前の事 のように言う。


ちゃっかりした  娘 

 
  


私はこの  鳥小屋の金網が張られた額が

  気に入ったんでオーダー 

”この分は全額エンバーに渡してね。”  と

 額の売り値である15ドルを手渡したら

 ケタケタ 娘が笑う。

にほんブログ村
『北アメリカ』 ジャンルのランキング
Comments (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浸水 その後 | TOP | メイドイン日本です。 »
最近の画像もっと見る

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (姥桜)
2017-07-16 00:30:19
ニックママは次女さんでしたね、我家の次女も父親にはとても良い顔を?しますよ、私にはちっとも。手押し式の芝刈り機懐かしい~ご近所さんに来るローンサービスは最初の仕事なのでしょうかまだ薄暗い7時前からあのトラクターのようなので始めるので煩くてたまりません。金網の張られた額良いですね、小さな写真を何枚か・・・小さな洗濯ばさみ?クリスマスの時だけの活躍ですがこういう使い方も愉しいですね。
Unknown (Neko★)
2017-07-16 08:24:01
手作りクラフト
作家さん仲間入りですね~♪

イジーさんをはじめ、お嬢さんたちのセンス素敵ですものね

旦那が、長男ですが末っ子(下の子)なので?
甘え上手です(笑)
性が違う場合は、同じかな?
わが弟は、そうでもないし。。。
Unknown (小父さん)
2017-07-16 09:41:16
ふぇー!
ニックママは深夜に戻って早朝から芝刈りですか!
働き者ですね~。
何と言っても体力がおありになると想像します。

>(あー そうだったこの夜 バッキーが・・・

はっはっはお忘れでしたか!

>途端に黙りわめき顔からにたぁーと 笑顔になったあの瞬間が

いやー、すばらしいですね。
私も親父が怖かったので良い子に育ちました(笑)
最近のパパどもの貫禄のないこと・・・不思議でなりません。

>あれこれ 文句を言われるのが嫌なんだろう。

へへへ
いや、バッキーさんって存在感がありますね~

>注文が入り その作業を遅くまでしていたようだ。

それは良かったですね。
ネットの力って大きいですね。

>”半分分けよぉー”  と目をまん丸くして 

いやいや、いいと思います。
エンバーさんも気持ちがいいのでは。

>”この分は全額エンバーに渡してね。”  と 額の売り値である15ドルを手渡したら

楽しいです!
夕飯の休憩時間です (コメントありがとうございました)
2017-07-18 10:15:14
*姥桜さんへ

ニックは次女です。

姥桜さんのご主人も厳しい父親であられたんですか?
最近 そんな父親が少なくなり 父親の存在が薄いという話も聞きます

私は、、なんでしょうね
自分では厳しいと思うんですが
甘く見られています

金網の額、、楽しみに待っています。
写真とかメモとか 絵とかでもいいような、、


*Nekoさんへ

忙しそうにしてるんですよ

驚きました
エンバーのご主人も 手伝っているようです

旦那様は優しい方ですよね
話し方とかも、、

そんなイメージです


*小父さんへ

>私も親父が怖かったので良い子に育ちました

怖い人は必要ですよね

私は祖母しかいなく
思い出しても いつも寝てました

中学時代は私の口は達者で ひどいものでした。

>バッキーさんって存在感がありますね

そうです
いい面も含め

私はそれがないです。

思ったよりエンバー夫婦は金銭的な心配をしていないように感じました

きっと 保険もきき 大丈夫でしょ

post a comment

Recent Entries | 次女

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。