はちきんIzyのアメリカ丼

料理にすると丼カップル
はちきんイジーとアメリカンいごっそうバッキーの
山あり谷ありの国際結婚ブログ

彼の悲しみ

2017-06-02 | 友人たち


メモリアルデーで祭日だった月曜日,


バッキーの職場仲間が集まって

プールパーティーがあった。



  


気温はさほど高くはなかったが

青空には恵まれた


プールの水が温かくされていたので

1人でプールに入れない

恥ずかしがり屋のけいちゃんと

私も ドボン



  



この家の持ち主であるティムさんは

5-6年前に

 90代半ばだったお母様を亡くされ

それ以後 一人暮らしをされている。









お母様が亡くなられてから

庭にプールが作られ

キッチンも新しく改装された、、、が

リビングはお母様がおられた頃と

何一つ変わらない。


 彼女のコレクションだった

小さな置物たちが

埃一つ被らず

テーブルの上に

    列になって並べられていた。


まるで そこだけが 時間が止まったかのよう

一瞬、身体が硬直した。







そして

"ティムは 未だに

母親を亡くした悲しみから

立ち直れていないのよ、、。"


言った知人の言葉が

思い出され

胸がキュンとなった。



知人がその時 呆れたかのように

その話をしていたのは

 亡くなられたお母さまが90代半ばで高齢だった事や

 亡くなられてから

   5-6年の歳月が経っている事からかも知れないけど



彼の癒されない悲しみを

そんな風に 捉えたくない、、、と

 そう思う。


ただ

家族を亡くした 深い悲しみが分からない私は

  言葉もなく


”リビングは母さんがいた時と

  同じまま、、、手は一切つけていないんだ。"


と言うティムさんの顔を見る事さえ出来ず

黙って頷ずき 聞くだけだった。



"今日は楽しかったよ。

今度は カメ君も連れてきたいけど 良いかな"


帰り際 バッキーがティムさんに訊いた。

この夏

又 ティムさんと時間を過ごす機会が出来そうだ。

にほんブログ村
『北アメリカ』 ジャンルのランキング
Comments (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一番好きな人 | TOP | 最悪なサービスを受けた夜 »
最近の画像もっと見る

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ree)
2017-06-02 03:46:26
恐らく親が高齢であろうとなかろうと、何年経ってようがその気持ちは変わらないと、父と義父を亡くした私は思います。

父はうちの2人はおろか、父ちゃんの事も知らずでしたが、義父は娘がキンダーの時だったので、事あるごとに思い出してます。
例えば娘がバスケで頑張れた日に、義父がいたら「That's my baby」って言うだろうし、息子とは時々釣りをしてるだろうし・・・そう思うたびに今でも涙が出ます。
Unknown (Leah)
2017-06-02 06:23:25
私は祖父母は既にみんななくなっているのですが、両親はまだ健在で、なので、いざそうなった時の自分の心の中は想像もつきません。
そして、現実逃避で想像したくもありません。。。
私の知り合いは、10年かかってやっと涙なしで故人の事を語れるようになったと言っていた人もいました。
素敵なデコレーションですね
Unknown (フロリダお婆)
2017-06-02 12:34:24
肉親、特に親を亡くすのは辛い事ですよね、私は20代始に両親を亡くしたのですが当時は幼子2人抱えての子育て真っ最中で悲しみをそれ程感じることが無かったのですが、少し経って子供達の手が離れたころに悲しみが襲ってきました。人の感情は個人差がありますから一概には言えませんね。居間は当時のままに、何という優しい方なのでしょうね。
お天気もいい日です さて 何をして過ごしましょう (コメントありがとうございました)
2017-06-02 21:09:37
*Reeさんへ

人それぞれですよね

そこにあるその人の悲しみ、、、それを見つめていたいと思います

自分の物差しで測ることではないですよね。


私も亡くなった義父や自分の家族をふと思う事があります
旨が一杯になり涙があふれても来ますが
霊媒師の方と時間を持った事で
霊の存在が自分の中ではっきりし始め
亡くなった家族がそこにいると思うと 悲しみの形が変わります

*Leahさんへ

人間生まれれば死があり
家族とも別れはいつか来るんですよね
海外に住む方にとって
ご両親の年齢が高くなってくると 心にかかることと想像します、、が
まだ来ないその日を心配するより Leahさんのように
毎年帰国し 時間を持つ事ですよね。


*フロリダお婆さんへ

ご両親ともに亡くされたのは 辛かったでしょうね
このお話で 思ったのが
私が祖母を急に亡くした時
祖母の遺体を前にしても 涙もこぼれなかったことです
伯母の家での生活にもなり 悲しみを悲しみとして感じる事が出来なかった、、、とでもいううんでしょうかね

私は数年前に霊媒師さんから祖母の言葉を聞き
それが大きな救いにもなっています。 

罪悪感や後悔は少なくなり 感謝に変わったというか、、、。
Unknown (小父さん)
2017-06-02 23:03:20
うわ~、大きなプールですね!

屋外プールで温水も出るんですね。
凄い、すご~い!

バッキーさんと写真に写っているティムさん、なんだか広島の甥に似た感じです。

私の2番目の兄の子なんですが、兄は65歳ですい臓癌で亡くなり
未婚で義姉との二人暮らしですが、義姉が認知症気味でとことん世話をしているようです。

ティムさんのことを読んでいたら、甥もそんな雰囲気になるのじゃーないかと思いました。

>彼女のコレクションだった小さな置物たちが埃一つ被らず テーブルの上に・・・

なんだか寂し気ですね。

でも、想像するにイジーさんの「顔を見る事さえ出来ず」というのは返って不自然に思えます。

もちろんイジーさんの心の内は別であっても、ティムさんの日常に普通に接することがティムさんにとっても楽しさが増す気が私にはします。

>・・・今度は カメ君も連れてきたいけど 良いかな"

バッキーさんのこの言葉こそ素晴らしく思います。

人間は感情の動物ですから、ついつい正直に気持ちが出てしまいますが、
バッキーさんの態度に私は尊敬できます。
二人を連れプールに行ってました (小父さんへ)
2017-06-03 06:46:38
温水だったので
中に入れましたが
そうでないと 私は無理な気温でした。

>バッキーさんのこの言葉こそ素晴らしく思います。

私もそう思ったので
この事を書きました。
ティムさんには勿論 沢山お友達もいますが
人が訪問し 時間を共にする事を喜んでくださる方なので
そんな時間を持つ事が一番に思えました


>「顔を見る事さえ出来ず」というのは返って不自然に思えます。


そうですね。
確かにこの時 彼の顔はみていないんですが
この時 彼は私の後ろにいて この言葉をここにいた私ともう一人の婦人に言っていたので
私が振り返らなくとも そこに不自然さはなかったと思います

私はあの時 居間が見える廊下に立ち
二階に上がる階段をじっと見つめながら
ティムさんのお母さまの寝室だった部屋を見ていました

彼女はここにいると そう思ったのですが
それを口にするのはいけない と  そんな事を思っていました。

ティムさんが悲しみから立ち直れない事を
呆れたように言う友人も 彼女なりに 彼を心配しているのです。

PCの調子が変わり 打ってしまった言葉を見返すことが出来なくなったので
読み返すことが出来ませんが
言い訳がましいおへん時になっていましたら お詫びします
今回の話は 非常に複雑な事に感じます




post a comment

Recent Entries | 友人たち