はちきんIzyのアメリカ丼

料理にすると丼カップル
はちきんイジーとアメリカンいごっそうバッキーの
山あり谷ありの国際結婚ブログ

夫の料理と気になる言葉と、、

2017-03-17 | 食べ物


イリノイの家に帰ると バッキーは毎回

  私を お客さん扱い でもするように

 部屋の中はピカピカ にし

 今回は シーツまで洗い

   清潔なべディングで

  迎えてくれ 

 
後片付けも含め 

  夕飯の支度もしてくれる。


 土曜の夜は 

  ポークソテーに 野菜炒め


  (ブロネタにするつもりでなかったので 写真なし。)



ところが 翌日の日曜日も

二日続けて夕飯を作ってくれたので

  これは ブロネタにさせてもらおうと 

 
翌日の夕飯は  写真付き、、、


 


 エビ、ソーセージ、野菜をすべて

   アルミで包み グリルで焼いてくれた。



もちろん  エビは美味しいけど

  食べがい、、、噛みがい、、 のあるコーンが

    満足感を妙に満たした。


   

月曜は バッキーが仕事だったので


   私がシェフ 


写真1枚では物足りないので

  ついでに 私の料理の写真も、、、、アップ 



  


 チキン コードンブルー(Cordon bleu) と同じ材料を

  フライパンで調理

  フレンチオニオンスープのパン抜き

   アスパラのバター炒めに

  カリフラワーはオリーブオイルとスパイスをふりかけ 

    オーブン焼き


これに チリまで作り

  作り過ぎと𠮟られた、、、。



デザートは 

  

  
 市販のチーズケーキ


  あーー 満足 満足! 




食事をしながら テレビ観て

    早めに就寝 



 リタイヤーしたら

  こんな暮らしで日々が過ぎるのだろう。



 
 そんな日々が待ち遠しい が

  この春には売りに出す予定であるイリノイの家が

    売れると

 私たち夫婦の家は、、、 なくなる。 


 イリノイで働くバッキーは

  その町に小さなアパートを借り

私は今と同じく アイオワの家で

  娘一家と暮らす事になるのだが、、、




 




ソファーに座っていたバッキーが 

   疲れた顔をして 

 ぼそりと こう呟いたのが

  妙に心に残ってしまった、、。





 

 ”何十年も 一生懸命働いたのに

  何も残る物がない、、、。

 これ以上 働くのが バカバカしい、、、。”
  と、、、。 

『北アメリカ』 ジャンルのランキング
Comments (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 風邪もひかないのは、、 | TOP | 家を売るにあたってと夫のや... »
最近の画像もっと見る

8 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (フロリダおばば)
2017-03-17 01:02:32
ご無沙汰してます、毎日楽しみに読ませていただいてます。イリノイの家を売ったらアイオワに同居かと思ってました・川の近くでチュービングも楽しめて羨ましいなあと。お嬢さんの近くに住むのはどうですか?当分はレントに出し旦那様がリタイアしてから移り住むことにして。
Unknown (Leah)
2017-03-17 04:11:53
なんだかほんと、心に残る言葉ですね。。。
生きるために働いてきたのか、それとも働くために生きてきたのか、みたいな(すみません、ちょっと意味不明で^^)
Unknown (ree)
2017-03-17 04:45:29
うわぁ~~~~バッキーさんすごい!!
イジーさんが羨ましいです。
うちのはBBQは出来ても他のものが何一つ、洗濯だっていちいち教えないと出来ないですもん。

何も残らない?
沢山残しているじゃないですか!!
家族ほど素晴らしい産物はないと思いますよ。
これからイリノイに帰ります (コメントありがとう)
2017-03-17 07:33:21
*フロリダおばばさんへ
毎日も読んでくださりありがとうございます。

私はリタイヤーしたら 小さな家をもう一軒買うとばかり思ってたんですが、、、。
買いたくないというバッキーの気持ちも分かるので
任せる事にしました。

レンタルは多分しないと思います。
それで上手くいく地域ではないでしょうね。
普通 家の価格は上がるものですが
それもないようで 売るのも難しい地域です。

*Leahさんへ

すみません コメントを何度読んでも可笑しくなって 笑ってしまいました、、。

ボソリと言ったこの言葉、、、聞いてよかったな と思います
バッキーの心の隅にある 虚しさでしょうか、、。

*reeさんへ

バッキーはなんでもできるので
定年後が楽しみです。
義父もそうだったんですよ
皿洗いから掃除までしてました。

バッキーも家族を持つ事への感謝はあるとおもいますが
ふと それプラス、、、を 望んだ時の虚しさでしょうか

この35年間 贅沢もせず
暮らしてきたバッキー、、、を知っているから
この彼の虚しさが 心にズキンと来るのです。
Unknown (Neko★)
2017-03-17 12:05:31
お客様扱い?(笑)
凄いですね~バッキーさん

「何も」は、「家」ってことですか?
その時々の生活にあった家に暮らすって
とても合理的っていつも拝読していました。

私ごとですが
家・・・住んでもいない家(旦那実家)に
この先、どうなるの?のお墓。

母がひとりで住んでいる家?持ち物?
それよりなにより己の持ち物?

ため息ばかりの日々です
残したところで、息子は困るのだろうなあ~
なあ~んて思います。

生きていると、結構いろいろな物がありますよね~
贅沢してきた覚えもないのですけど・・・
皆寝てしまいました 私もそろそろ (Nekoさんへ)
2017-03-17 12:24:09
今日けいちゃんたちを連れ 帰ってきたら
夕飯も何も用意されず 食料さえありません

気分的な物でしょうか

お客さん扱い
毎回そうだったように思ったけど、、。

まあ いいんですが、、、笑

>「何も」は、「家」ってことですか?

そう具体的に訊かれると
私にも分からなくなるんですが
何というのか 家もそうでしょうが
お金とか 俺は やったぞ  という それを証明するもの、、と言う意味ではないでしょうかね

私は 何か 物への執着がどんどん薄れ
夫婦で住む家は欲しかったけど
それもどうでもいいや  って 思い、、、。

お金にしても 心配したらきりはないし、、
飢える事なく 暮らしては行けると思うんですがね、、、

只今 持ち物の整理をしています
アメリカは 人が使ったものを買う人もいるので
寄付したり また 売ったり、、、です。

娘に残せるような 良い物はほとんどありませんから
もっと年をとったら もっと 物の片付けはするでしょう

そうそう こちらの人は親が残したものをオークションで売ったりもします
ガラクタであることは多いですが、、。

これからは 少ない物の中で暮らしていきたいですね
Unknown (小父さん)
2017-03-17 23:20:28
こんばんは

なんだか共働きの新婚さんのご家庭みたいですね!

バッキーさんはイジーさんがイリノイの帰ってくる日を心待ちにしておられるのがよく分かります。

>後片付けも含め 

うわー、すばらしいですね。

イジーさんも、とてもくつろげるのではないですか!

>食べがい、、、噛みがい、、 のあるコーンが満足感を妙に満たした。

私も見習わなくては!

>これに チリまで作り作り過ぎと𠮟られた、、、。

ははは、ちゃーんと注意はされるんですね。

>これ以上 働くのが バカバカしい、、、。”  と、、、。 

私の想像です。
今、現在の仕事に疲れてあるだけだと思います。
今日は皆で映画を観に行きます (小父さんへ)
2017-03-18 00:22:47
家事が上手な主人なんで
助かります
まあ その分 うるさいですが、、、。
リタイヤーしたら ほとんどの家事はバッキーがするようになると
期待もしています

私は ヨガしたり 霊気したり 瞑想したり エッセンシャルオイルをかいだり、、、笑

チリは私がアイオわに帰った時に食べればと 思い作ったんですが、、、

>私の想像です。
今、現在の仕事に疲れてあるだけだと思います。

はい その通りと思います
我慢して 嫌なこともしながら 働くことへの疑問  でしょうか

小さな会社の良さもありますが
自分と考え方が大きく違う人の元で
管理職を務めるのは 精神的に大きなストレスになりますね

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。