はちきんIzyのアメリカ丼

料理にすると丼カップル
はちきんイジーとアメリカンいごっそうバッキーの
山あり谷ありの国際結婚ブログ

知るべきでない事を知ってから、、

2016-10-15 | 


死んだ  と言われていた母が

  生きている事を知ったのは

  7-8歳の時だった。


知ってはいけない事を知ってしまった  と

     思った私は

  誰にもその話をしなかった。


母が家を出たのは

私が18か月だったので

顔も覚えてはいない が

どこにいるのか分からない母を想って

  泣きながら眠った夜の記憶も

   ぼんやりとある、、、、、が

小学も高学年になると

  母を恋しく思う事もなくなり

精神を患っていた父と離婚した母が

  私をおいて出て行った事を

   自分なりに理解していた。




アメリカでの生活も12-3年になったある年

 突然 母から手紙を受け取った私は

母に会いに行く為 

    帰国することにした。


アメリカに来て 初めての帰国、、、だった。



アメリカで知り合った日本人の友人に

   その話をすると


”それで お母さんには

  なんでアンタをおいて

    家を出たのか聞くの? ”
  と


 彼女に言われた私は


”そんな事 聞く必要はないわ

女一人で子供を育てるのが

  大変な世の中だったから

裕福な暮らしをしていた私の祖父母に

   私を預けたのよ。”
  と


応えたら

”ふーん でも 

ほんとにそう思ってたら 

  聞けるんじゃない?” 
 と

彼女に言われ

 心が硬直した。



 私は母に捨てられた、、


 ほんとは  そう感じていたんだ、、でも

 

愛されていない自分

  必要とされていない自分


そう思う自分を

   認める事が出来なかった


 

   





 それは些細な出来事で

  心がチクりとし

思い悩む時

 若いころは 泣くことが多かったが

今では その事柄や人物を

 心の中で

  せめることが多くなった、、、^^;


何にしろ いい気持ちではない

 

心をかき乱す正体

  探り出してみると


”自分が必要とされていない”  と

 思われる内容である事は多い。

  
  
子供の頃に出来た傷に触れ

  異常に反応するのだろう、、。 

『北アメリカ』 ジャンルのランキング
Comments (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分だけの時間を増やしたほ... | TOP | 結婚式のお祝いに選んだ商品... »
最近の画像もっと見る

10 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ree)
2016-10-15 05:19:03
一緒に住んでいても母に愛されない場合もありますし、私は未だにそれが心の中にあるので、母との関係は悪くはないけど、母娘って状態とは違うんです。
イジーさんもそうでしょうが、私も同居の祖母と曾祖母に愛されて育ったので、それはそれでいいと思ってます。
コメントありがとう (reeさんへ)
2016-10-15 06:36:27
一緒に暮らしていると
もっとひしひしと感じられたんでしょうね。
reeさんが お子さんと気持も近いのは
その痛み?が逆に子を上手に愛することに繋がったんではと 想像します

私の場合は子供をも愛するのが下手で
上の娘が 私に愛されていないと 思いながら育ったようです。

それは彼女の傷になってしまったんでしょうね。

Unknown (小父さん)
2016-10-15 09:52:34
おはようございます。

>知ってはいけない事を知ってしまった  

この間はピンと来ませんでしたが、このことは以前にもどこかに書かれていたような・・・。

>突然 母から手紙を受け取った私は母に会いに行く為 

そうでしたか!

>彼女に言われ心が硬直した。

・・・なんだか理解できるような気がします。

>そう思う自分を認める事が出来なかった

そういうことなんでしょうね。

>今では その事柄や人物を心の中でせめることが多くなった、、、^^;

うんうん、この年の私でさえ似たような感情を持つことは多いです。

>心をかき乱す正体を探り出してみると

だけどイジーさんの場合は一生涯そのような感情がもたげてくるでしょうね。

下のレスの

>バイトしていた当時はお酒におぼれていましたね ^^;

が、何かからイジーさんを逃避させる大きな役を担っていたのかと想像します。

現在のとても明るい素敵なイジーさんの心の奥をまた知ることが出来ました。
イジーさんの場合は (biko)
2016-10-15 15:48:18
事情が事情だったから、ある意味、仕方なかったと思います。

お母様も、お気の毒だったと思います。

可愛い盛りのイジーさんをおいて婚家を離れなければならなかったから。

何が辛いといっても、自分のおなかを痛めた子と別れなければならないことに勝るものはないと私は思います。

わが子とは、わが身の分身ですからね。
はちきんイジーさんへ (くりまんじゅう)
2016-10-15 19:07:56
お母さまも きっとつらかったと思いますよ。
でも今は相当な歳になられ 高知でない他県で暮らして
おられる そのお母さまにイジーさんはカツオのタタキを
送ったり 高知のヤマモモをなんとか送れないかと思ったり
歳と共に心の広さを身に付けられた 今はそれが
イジーさんの徳になっています。私が続けているお四国巡礼も
これに参加する方たちは それぞれの悩みや心の葛藤を
持っており 心のよりどころをお大師様にすがろうとしています。
昔母に捨てられ もう母とは絶交だと思わず今も遠い
米国から母上のお好きなものを送るイジーさんが私は好きです。
夕べからアイオワ北部のホテルにいます (コメントありがとう)
2016-10-16 01:08:28
*小父さんへ

タッピングで まず 負の感情を言葉で言い
それを認める ことから始まります

嫌な感情が湧くときって
心の傷に触れる事が多いと思うのです

他人にすると 些細な事も 当人には大きな事になるのは
そういったりゆうである事は
多いのではないでしょうかね。

いろんな面で 私は遠回りをしながら生きてきたように思いますが
今は
悪くはない地点に立っているとは思います。

*bikoさんへ

母もつらかったと思います
特に子を持ってから それは感じるようになりました。
父が追いかけたようでしたし
それから逃げるためにも
私の前に姿を現さなかったのでしょう
陰で応援はしてくれていたんでしょうね。

*くりまんじゅうさんへ

子供の頃にできた傷、、
 自分を恐怖から守る為に心には様々なガラクタが積み重なってきていると思います
それらが悩みや心の葛藤になるのでしょうね
お四国巡礼は 神に自分をゆだねる  事なんでしょうね。

母に捨てられた、、という言い方が悪かったかもしれません、、この言葉からは
なにか 憎しみが出てきますよね。

でもそれはなかったんです
そうですね こういった体験から
自信のない自分に繋がってもいますね。
それと 愛するのが下手というか
愛情はエネルギーですよね
それをうまく通い合わせ深めるのが下手です

友情にしても言えますが、、
聞いたところで (よつば)
2016-10-16 13:53:06
こんにちは。
私は昨年、1才になるかならずで生き別れた実母から連絡が来て会いました。

ほぼ60年ぶりということになりますが、こちらは記憶が無いので初対面と同じで、呆れるほど情は湧きませんでした。

記憶なんて、本人だけの物語・・・なので、何故置いていったか?なんて聞いても仕方が無いと思っています。

だから・・・あえて尋ねてもあまり「満足」は得られなかったのでは?

う~ん、上手く伝えられなくてもどかしいけれど、質問→回答で解決されないこともたくさんあると思います。
コメントありがとうございます (よつばさんへ)
2016-10-17 13:27:49
結局母に理由を聞くことはありませんでした

おっしゃるように
私が満足する答えなど ないでしょうしね。

母に会った時 涙も出ませんでした
よくそういった出会いで泣くシーンをみますが
その気持ちが私にはわかりません

ちょっとした会話で  お母さん、、 と私が呼んだ時
母が驚いたような表情を見せましたが
おかあさん  と呼ぶことにも何の抵抗もなかった私です。

お話ありがとうございました
Unknown (Leah)
2016-10-18 02:13:07
うちの旦那がいじーさんと全く同じことを言っていました。
自分は必要とされていない、愛されていなかった、と。
今でもそのトラウマから抜けられず、ちょっと落ち込んだことがあったりすると、やっぱりすべてがその原点にあるようで、「自分が必要とされていない」と感じるようです。
もちろん、毎日そう思いながら暮らしているわけではないのですが、今でもそう思うことはあるそうです。
なんか、少し旦那の気持ちが理解でたようで、いじーさんに感謝します。。
コメント ありがとう (Leahさんへ)
2016-10-18 11:09:32
何かちょっとしたことで
気持が沈んでいくことがあると
その多くは心の奥の傷に触れることがあったのが理由である事は多いですよね。
でもその傷のおかげで 繊細だったり 優しくなれたりもするし
どうそれをうまく活かしていくかかもしれませんね。
自分を否定する考えは 負のエネルギーになるわけでしょうがそれを自分で認め そしてポジティブなものにかえることも出来るようです
潜在意識にアフォーメーションを植え付けるような、、、。

夫婦って 相手が持つそういった傷、、、(、どんなに環境に恵まれて育った人も、、、誰でもそれなりの傷は持っていますよね、、、)を 理解し支えてあげる事なんだろうな  と思う事です。

私は愛を受けたり与えたりし深める、、、そんな作業?が苦手です。
そこがヘリさんと違うのでは  とも思う事ですが、、、。
お話ありがとう。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。