はちきんIzyのアメリカ丼

料理にすると丼カップル
はちきんイジーとアメリカンいごっそうバッキーの
山あり谷ありの国際結婚ブログ

大切な人達を訪問とシニアのアパートは

2016-11-07 | 友人たち


土曜日

 けいちゃんのバスケトーナメントがあったので

今週末は

 バッキーがアイオワで数日過ごした。


けいちゃんのバスケ観戦以外に

大きな目的もあったバッキーは

まず 町のモールで

  ワールドシリーズチャンピオンの記念キャップ

     5つ購入し

それらをカブスファンである大切な人達に贈るため

    訪問した。



 バッキーにとって

  大切なカブスファンは

バッキーが少年だった頃から

  毎年 カブスのバス旅行を催していた

 母親の兄にあたるピート伯父さんと

   彼の友人、、ネスタ―小父さんだ。


彼らの事が 心にはあっても

  訪れることなく年月が過ぎていたので

 バッキーの訪問をとても喜んでおられた。


     


90歳を過ぎた ネスタ―小父さんは

  奥様を亡くし 一人暮らしになり

   10年近くになる。

一度 脳溢血で倒られたが

  一人暮らしが出来るほどまで

     回復され

今も同じ家で暮らされている


  なんと インテリアが6-70年代と

    変わりない  のも 珍しい。

そこにいると

まるで その時代に

   タイムスリップでもしたような気になる。



   


80代のピート小父さんが

  二階建ての自分の家を売り

  車いすの生活になった奥様と

     シニアのアパートに移られた のは

  5年ほど前、、、。

   
 



義母が住んでいたシニアのアパートも

  設備が整い綺麗だったが

  ピート小父さんご夫婦のアパートも

 新しいせいか 

    キッチンの付いたホテルのよう


  



 2ベッドルームに 居間 キッチン ダイニングと

  洗濯場のある広いバスルームに

地下には広いパーキングも付き


  

 月5万円ほどと言うことだ。


   


”お前は いくつになるんだ?”  と

ピート小父さんに聞かれたバッキーが

 ”57歳になりました。”  と答えると


  


”このアパートは55歳から

  申し込めるぞ。”
  と

アパートのパンフレットを手渡してくれた。^^


まだ先の事だが

  将来、

こういったアパートに住む事も

    考え始めている。


考え始めてはいるが 

小さくてもいいから

自分たちの家に住みたい気持ちも

   心の底に まだある、、、。


イリノイの家を売ったら

  もう家は買わないと 言われた私である。

『北アメリカ』 ジャンルのランキング
Comments (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 呪いキラーの彼は、、 | TOP | 亡き友と義母の言葉と、、 »
最近の画像もっと見る

7 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (小父さん)
2016-11-07 14:52:45
こんにちは

いぇーい!
カメ君いいぞ~。
ワールドチャンピオンになることってそうそう簡単なことではないですよね。
カッブスが来年も強いチームであっても他球団もチャンピオンをめざして球団作りをするでしょうから・・・。

ネスタ―小父さんの満面の笑み!
バッキーさんはすばらしいです。
なかなか出来ることではないと思いますよ。

お袋が亡くなった年の正月に帰った時はこんな表情してましたね。

>まるで その時代にタイムスリップでもしたような気になる。

そういうことになりますね

>”お前は いくつになるんだ?”  と

わっはっはっは

いやー、バッキーさんもとても心が満たされた日だったと想像します。

私も近年では昭和3年生まれの寝たきりの従兄(故人)もこんな感じでしたし、
高齢者大学でも誰も話相手のいない孤独な方が、
ちょっとしたきっかけで嬉しそうに話しはじめられると
私も満足感が残ります。

ことに、血のつながったピート伯父さんならば特別なお土産を持ったバッキーさん訪問の喜びははかり知れないでしょう。

カッブスのチャンピオンはたくさんの人への大きなプレゼントなんですね!
今日もお天気のいいアイオワ北部です (小父さんへ)
2016-11-08 01:06:04
バッキーは年齢巾広く 人々とうまくお付き合いが出来ますね
小さいころから沢山の従弟や親せきの小父さん伯母さんたちと多く接していたこともあるんじゃないでしょうかね

野外でのびのび育ったでしょうし、、。

老後の生活も 人それぞれですね
ナスタ―小父さんの事は 年齢も高い事や
すでに脳溢血で倒れている事から 一人暮らしが心配ですが、、
きっとご本人の望みなんでしょう。

今後のカブスがどう進んで行くかも楽しみですね
オリンピックを見ててもそうですが
記録は限りなく伸びていますよね
Unknown (ree)
2016-11-08 03:21:24
ネスター小父さんも、バッキーさんの訪問にさぞ喜ばれた事でしょうね~。
55歳から入れるんですか?
私は子供達の世話にはなりたくないんで、こう言う場所も将来視野に入れなくちゃ、と思ってます。
後数時間で二人を迎えに行かなくては、、今日はおにぎりを持っていきます (reeさんへ)
2016-11-08 03:31:57
カブスの勝利は 人と一緒に喜んでこそ、、、ですものね
ピート叔父さんとは行き来もあるようですが
90代になると 親しい人も少なくなりますよね。

バッキーが亡くなったら こうしたアパートに入居する予定ですが
その前に二人で住むようになるかもしれません
メンテがかからず いいですが
自分の好きな土地に小さな家を持ち 老後は夫婦で住みたいと 今も願う私です、、、。

シニアのアパートのお家賃はその人の持ち金?でまた違ってくるようです
Unknown (もに香)
2016-11-08 06:50:09
バッキーさんは年齢層に関係なく慕われる人柄ですね。
実の母、義母も年老い、ナナと訪問する施設の老人達を見ていて 自分の老い方を考えるようになりました。
誰もが楽にポックリ逝きたいと望みますが、現在義母は体力の限界と戦かう一方 認知症も進み、はやく楽になってほしいと言う自分の気持ちがあります。
Unknown (Neko★)
2016-11-08 09:10:44
素敵な訪問ですね

90歳でひとり暮らしですか。
素晴らしいですね。
わが母も、そんなに遠い先の話ではありません。

ほとんど住んでいない持ち家のローンを
せっせと支払っている私達
時々考えてしまいます。
定年まで、払い終えるわけではありませんしね~≪職金で?≫
子供には、できるだけ頼りたくはないし・・・
はあ~これも遠い未来のことでは、なくなっています。
けいちゃんはバスケの練習 カメ君はフットボールのパーティー (コメントありがとう)
2016-11-08 09:23:57
*もに香さんへ

私は義父が癌になってから
死を意識するようになりました。
皆生まれたら死ぬわけですが
あまり意識した事がなかったので
義父には感謝です。

どう死ぬかは 自分で選択できなくとも
その時 どんな心でいられるかは
それまでの自分次第ですよね

私もCAにいる義母の事は考えます


*Nekoさんへ

一人暮らしが出来る許可?が下りる為には
自分で洗濯したり トーストを作ったり
そんなことをする必要があったそうです

彼は自分の家で死にたいんでしょうね。

人それぞれですね。
アメリカの場合 家は投資になるから
まだいいですが
日本は価値が少なくなるとも聞きますね。
住居税とかも支払ってるんですよね

イリノイはそれが高く 一人しか住んでいない家を売る事になったんですが
家がなくなるのも 気分的にきついです

post a comment

Recent Entries | 友人たち

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。