はちきんIzyのアメリカ丼

料理にすると丼カップル
はちきんイジーとアメリカンいごっそうバッキーの
山あり谷ありの国際結婚ブログ

イースターのお祝いは、ここで、、

2017-04-18 | パーテイーとバーあちこち


青い家がある市から

  30分ほど

 車を走らせた田舎町に建つレストランは

ブログでも以前 紹介した 

   ビーガン料理がメニューにある店で

遠い親戚が経営している。

  (バッキーの義弟のお姉さん夫婦)





今年のイースターは その店に 

数えきれないほどの家族が集まった。



  


デッキに出ると

  パノラマの景色が広がり 


 


 もう少し暖かくなったら

  ビールやワイン片手に 

  知人たちとお喋りするのに 絶好の場所 



食事の後

 子供たちは 野外でエッグハンティング


 


プラスティックの卵の中には

  お菓子やお金が入っている。


  



けいちゃんやカメ君、、そして小学校5年生になる姪っ子も

  まだまだ この催しを楽しみ

  本気で卵を探し回るから  可愛い 




大学生や高校生の甥っ子たちは

 私がまだ 上手くプレイできない

  ユーカー(euchre) と呼ばれるカードゲームをするようにもなり


  

    じわんと 月日の流れを感じた。


  




 春のイースター、夏の独立記念日、

    秋の感謝祭、冬のクリスマスなどの祝日に

 家族が集まる習慣のあるアメリカ。


 こういう機会を通じて

  市街に住む甥っ子たちとは

 最低 年2度は会える。


 とってもいい習慣、、だ。






親戚の子が持ってきていた丸いケーキ


  
 

  キットカットとM&Mを使って

    イースターバスケットにデコレートしたもの



 これも良いアイデア。



  <おまけ>

遠くから見ると

  長袖のドレスを着ているように見える


   

     彼女の腕の刺青は、素晴らしい!


<もういっちょ おまけ>


  

このレストランに置かれている

  数種類のドラフトビールの一つである”Potosi” は

     隣のウスカンセン州のクラフトビール 

    



  美味しかったので 機会があったら  どうぞ!


 


   (イースター セルフィー )

 今年も笑顔で迎えられたイースターに  感謝を込めて、、。

『北アメリカ』 ジャンルのランキング
Comments (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イースターだ。春版サンタか... | TOP | 心から喜べないのは、、 »
最近の画像もっと見る

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ree)
2017-04-18 00:55:26
すごいですね、それだけの親戚が集まるって。
うちは親戚も少ないから、義母の家に材料を持って行ってお祝いディナーでした。
もうエッグハントもしないので、本当に静かなイースターでした。

本当、見事なタトゥ!!
Unknown (Leah)
2017-04-18 01:27:44
のどかないいところですね。
既に芝生がグリーンで夏をイメージしました。
お二人のセルフィー、とっても素敵です!
これからワンズと散歩に、、。 (コメントありがとうございました)
2017-04-18 02:11:13
*reeさんへ

バッキーの家族もそうですが
義弟の家族も 誰でも歓迎してくれる 気持のいい方ばかりです
皆さんと 会話は持ちませんでしたが
気兼ねしませんね。

*Leahさんへ

そうもう初夏の様な気候ですね
風が強くて ちょっと肌寒かったですが、、。

去年の今頃は雪だったんですよ
Unknown (悩めるうさぎ)
2017-04-18 04:52:55
親戚が沢山集まり、お天気も良いし、
素敵なイースターを過ごされましたね!
子供たちの成長はあっという間、楽しい思い出に残りますね。
Unknown (Neko★)
2017-04-18 09:50:52
タトゥじっくり見てしまいました
背中もなんですね~
本当に、ドレスと一体にんまってますね。

親族が集まるって
素敵なことですね。

こちらは冠婚葬祭以外で、こんなに大勢の親族をみることは
ないです。。。

冠婚葬祭もなかったら?
・・・
本当に会えないです。
これから仕事です (コメントありがとうございました)
2017-04-18 23:26:45
*悩めるうさぎさんへ

お天気がいいですね
去年の今頃は雪の中だったのと対照的です

このレストランの家族とも これから仲良く出来たら、、、と思います。

*Nekoさんへ

きっと この刺青にあわせ ドレスを買ったんでしょうね

日本では お葬式  というか なんでしたっけ

人が亡くなってするおまつり、、
それがある度に親族が集まっていたように思います

その度にご馳走が食べれたので
覚えてるんですが、、、苦笑

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。