はちきんIzyのアメリカ丼

料理にすると丼カップル
はちきんイジーとアメリカンいごっそうバッキーの
山あり谷ありの国際結婚ブログ

亡き友と義母の言葉と、、

2016-11-08 | アメリカの家族


カブスファンの叔父さんを訪れた後、

その町の墓地に眠る二人のカブスファンを訪問


一人は義母の父親、、、バッキーのグランパだ。

私たちが20代の時に

  購入した最初の家は

 グランパの家の斜め前だったんだが

彼がカブスファンであった記憶が

   全くない、、私だ。 ^^;







もう一人は

 45歳で亡くなったバッキーの友達ボーン。


シングルで

  これと言ってガールフレンドもいなかったボーンは

ベースボールシーズンになると

毎週末のように

我が家に来て

  バーベキューをしながら野球観戦をしていた。


チケットも安かった8-90年代のその頃

バッキーはボーンと 

 シカゴのリグリー球場まで 

  何度も 足を運んでもいた。





”ボーン、 

 カブスがやっとワールドチャンピオンになったぞ!”



 ボーンの墓石に

  カブスのステッカーを数枚貼り

   亡き親友にバッキーが報告する姿に

      ジーーン



   


80年代の私は

アメリカでの生活に不満が多く

  日曜日になると

娘をバッキーに任せ

 モールに買い物に行くことが多かった。


  ショッピングに行き

 留守にしていた ある日の日曜

いつものように 

ボーンとバーベキューをしながら

 酔っぱらって野球観戦をしていたバッキーを

  近所に住む義母が訪問、、。



その時 何があったかは知らないが

あとで その日の事を 



”まったく あの子は飲んでばかり

貴方が毎週買い物に出かける訳だわ。”
  と

  義母が私に言った言葉が

   その時の私には 

 買い物ばかりしている嫁に

     思われている 
  

   と感じられ

買い物に行くのは 

  ちょっと 控えたほうがいい   と

    思ったことだ。


日本から来たばかりの私から見て

  義母が使っていた衣類や基礎化粧品などが

    非常に質素だった事も

   あったと思う。




ボーンと娘が写るこの写真を見ると

  何よりもそれを思い出す、、、。



今は母親想いのバッキーだが

  20代の頃は

 母親との口論も多く

 ”家に来るな!”  とさえ

  言ったことがあったらしい。

『北アメリカ』 ジャンルのランキング
Comments (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大切な人達を訪問とシニアの... | TOP | カチンと来たのは、、 »
最近の画像もっと見る

5 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (小父さん)
2016-11-08 15:21:10
こんにちは

カッブスのチャンピオンはバッキーさんの人生を振り返る機会も作ってくれたんですね!

しみじみと読ませていただきましたよ。

>一人は義母の父親、、、バッキーのグランパだ。

うわー、歴代カッブスファンなんですね。
ん?先日もちょっと書きましたがレッドソックスファンの
義父さまはカッブスの応援はされていましたか?(笑)

45歳とはお若いですね~。

>我が家に来てバーベキューをしながら野球観戦をしていた。

幼馴染なんですかね?
その雰囲気よくわかります!

>”ボーン、カブスがやっとワールドチャンピオンになったぞ!”

なんだかもらい泣きしそう!
ボーンさんはバッキーさんの心の中でずっと生きているんですね。
ボーンさんも幸せです。

あれっ、ボーンさんの右でペナントを広げているのはコロラドの長女さん?

>”まったく あの子は飲んでばかり貴方が毎週買い物に出かける訳だわ。”  と

へへへ
このあたりの雰囲気も想像できますね。
嫁と姑の関係も

もちろんイジーさんの心境も分かりますいや想像できますよ。

>ボーンと娘が写るこの写真を見ると

ああ上↑は、やっぱりそうかな。
長女さんの面影があります。

>20代の頃は母親との口論も多く

へへへ、イジーさんに時々発せられる同じ口の悪さですね。
バッキーさんは情とそんな態度が同居しているんだと思います。
私も似ていますよ
今日は遅い時間から仕事です。 (小父さんへ)
2016-11-09 01:59:00
私が持つ喜びとは比べものにならないものでしょうね
今回のカブスの勝利にはたくさんの人たちから感動する話も聞きます。

義父はどうだったんでしょう
昔、私はさほどの野球ファンでもなかったんですよ
日本にいた頃はプロ野球には興味なかったですし
ただ 野球を楽しむ事でこのシーズンを共に楽しめると思い 見始めました。

義母は大ファンでカブスが不調だと 貶す言葉も凄かったです
バス旅行ではとても酔っ払い 末の弟が嫌がってたのも記憶に残っています。

ボーンは鼻の手術後 一人でアパートで過ごしていたある夜 血栓が心臓にいき 亡くなったそうです
亡くなって数日後に発見されたんです。

思いもしませんでした。
Unknown (Leah)
2016-11-09 02:41:14
80年代でのアメリカ生活は今の生活とは全く違う環境だったでしょうね。
今でこそ、スーパーで寿司が買えたり、ネットで日本のテレビ見たり、携帯で日本と連絡出来たりしますが。
私は90年代からアメリカですが、あの頃は大変なことの方が多く、つらいことも多かったです。
でも、そのお陰で今の私がありますが^^
Unknown (ree)
2016-11-09 02:57:13
お墓まで訪問されるとは、バッキーさんのお優しさを感じます。

分かります!!
うちはそれがベースボールじゃなくフットボールですが、昔はよくうちに父ちゃんの友達が集まってたんですよ。
そのうちの子供達の事で忙しいのもあって、集まる事はなくなりましたが、あの頃は日曜になると私もストレスになっていましたもん。
開票が始まりましたね、接戦 投票はしたけれど何方になってもいい気持ちになりそうでない、、、私です。 (コメントありがとう)
2016-11-09 11:39:32
*Leahさんへ

30年でずいぶん変わりましたね
これからの30年はどうなるんでしょう
それ見たさに 長生きしたくもなります ^^

あのデカイ日本の新聞をとったり
友人や伯母に電話したりしていたのを思い出します。

恵まれない子供時代でしたが
アメリカでの生活が人生で最も辛かったです。
私もこのお陰で強くなれたと思います。

*reeさんへ

カブスファンのいろんな話を聞く事もあったと思いますが
墓地を訪れた事はバッキーらしいですよね
ボーンは大のファンでしたしね、、。

日曜に彼らが野球を見る事は然程ストレスではなかったんですが
毎日が嫌だったように思います
何だったのか 思い出せませんが、、、^^

post a comment

Recent Entries | アメリカの家族

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。