元サラリーマン大家!山田里志のリタイア徒然記

元サラリーマン大家の山田里志が、主に海外暮らし中の更新用に新規開設したブログ(徒然記)です。よろしくお願いいたします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヤクザと創価学会の真実

2015年06月20日 | 旅行
日本の平和とくらしを毀損し続けるサイコパス総理&自公政権が暴走を続けられるのは、安倍自民党&公明党の選挙を支えている創価学会の存在があり、創価学会本部(信濃町の貴族)らが思考停止の貧困集団を選挙活動に駆り出すことで、自公政権安泰という政治状況にあるからである。
 
したがって戦争や原発再稼働、庶民の貧困化などの悪政を止める為には、カルト教団である「創価学会」の真の姿を公にして学会員の洗脳を解き、弱体化させることが急務である。
 
なおマインドコントロールされた学会員は、こうした池田大作や創価学会を批判するマスコミや記事等は「見ない、読まない、買わない」そうだが、もしもこれを見ているあなた(学会員)がこれを避けようとするならば、それは真実から目をそむける現実逃避であり、自分がマインドコントロール状態にあることを疑った方がよい。

ヤクザと創価学会の真実http://www.amakiblog.com/archives/2010/05/15/

img002

発売中の写真週刊誌フライデー(講談社)の5月28日号に、「元後藤組組長が明かしたヤクザと創価学会の真実」という驚愕の記事を見つけた。

その記事は、きょう5月15日発売の自叙伝「憚りながら」(宝島社刊)のなかで元組長が告白しているという、創価学会と後藤組の驚くべき癒着関係を紹介している。

それは一言で言えば、創価学会が巨大権益にまつわるトラブル処理のため後藤組を用心棒として使ったうえ、ダーティワークも任せていた、という告白である。

後藤氏がかくも衝撃的な告白本を世に出したのは、義憤にあるという。

「創価学会は人を利用するだけ利用して、用済みになれば簡単に切り捨ててきた」
「池田教が国家権力の中枢に入り込み、日本を乗っ取ろうとしている」
「一番の悪はやっぱり裏で(他の者に)汚れ役をさせといて、表で善意に満ち溢れた教祖様面してる池田大作だろうな」

おどろくべき痛烈な批判だ。

このような批判は誰もこわくてできない。

国民にとって逆らう事のできない絶対的暴力が組織暴力団の暴力である。
その組長が覚悟して告白したから何でも書けるのだ。

Yama1  

公明党は自民党との連立政権を組んで日本を動かしてきた公党だ。

その公明党の支持母体である創価学会が暴力団組織とこのような関係を続けていた。その事を当事者が告白したのだ。義憤にかられて。

政治がまともに機能していたなら国会で大問題になるところだろう。

果たして政治はまともに機能しているのか。

後藤氏自身もそれを覚悟して書いたのだろう。次のように語っているという。

「池田や学会、公明党がガタガタ言ってくるんなら、いつでも相手になってやるよ。なんなら民主党も、学会と反目になって『黒い手帳』とかいう本を出した矢野さんと俺を、国会で証人喚問したらどうだ」

物凄い挑発だ。物凄い覚悟だ。

Yama2

http://roxytap.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-d4c6.html

国家に入り込んだ宗教

 それともうひとつ、創価学会、いや「池田教」が、この日本という国家を乗っ取ろうとしていることが、見過ごせないんだよ。
 日蓮正宗という宗教を利用して、人を集めて、会員にして、その学会員から莫大なカネを上納させて、さ。日本では信教の自由が認められているから、キリスト教だろうが、日蓮正宗だろうが、わけの分からん新興宗教だろうが、宗教を持つこと自体は構わんよ。けど、それ以上のこと、公明党を作って政治に入り込んだり、創価大学作って、〝優秀な人材〟を官僚にしたり、法曹界を牛耳るために人を送り込んだりしちゃいかんだろう。
 外務省には、池田にノーベル平和賞を取らせるためだけに働く、学会員の組織があるらしいじゃないか。法務省にも、池田を守るための組織ってものがあるんだろ?だいたい神崎(武法・元衆議院議員、公明党常任顧問。元検事。09年に政界引退)にしろ、浜四津(敏子・参議院議員、元弁護士)にしろ、もともとはあの山崎の弟子だしな。
 どんな宗教信じるかは勝手だ。しかし、その宗教のために国会や官僚組織に入り込むというのは、筋が違うんじゃねえか。特定の宗教の利益を目的とする人間が、国家権力の中枢にいるのはまずいよ。あいつら(学会)が何を信じようと勝手だ。また池田個人がどんな考えを持っていようと構わん。だけど、その宗教の理屈を国に持ち込む、さらにはそれで牛耳ろうとするのは、少なくとも自由主義国家じゃ許されることじゃねえだろ。そもそもこんな組織(創価学会)が、「自公連立政権」だとか書って、国家の中枢でデカイ面してきたこと自体が、間違いなんだよ。
 でも、誰かが言ってたな。「公明党はいずれ自然に消滅するだろう」って。なぜって、党員も学会員もじいさん、ばあさん、貧しい人が多い。新しい血が入らないんだ。10年、20年経てば年寄りは死んでいくし、貧しい人には上納する金なんかない。かといって、ここまで悪事がバレてたら、今さら「折伏」されて、学会員になろうっていう者もいないだろう。「公明党の最大の支持層がこれじゃあ、消滅していくしかない」って。これには納得したなあ。
 池田や学会、公明党がガタガタ言ってくるんなら、いつでも相手になってやるよ。なんなら民主党も、学会と反目になって『黒い手帳』とかいう本を出した矢野さんと俺を、国会で証人喚問したらどうだ。

f:id:Takaon:20100515103625j:image


 もっとも、それまでに民主党も、学会票欲しさに、公明党とくっついちゃうかもしれないけどな。実際、小沢(一郎・民主党幹事長)さんも昔は、学会と仲良しだったわけだから(小沢は新進党時代、公明党と連立政権を組み、当時の市川雄一・公明党書記長とは「一・一ライン」と称されるほどの密接な関係を持っていた)。
 過去、創価学会とはいろいろあったが、今回、池田大作にはあらためてモノを言っておくよ。
この国の将来を憂うひとりの元極道としてな。


創価学会・創価学会員の組織犯罪

http://hironori0915.blog.shinobi.jp/東村山市議転落死/

 

 

東村山の闇
矢野穂積(やの・ほづみ)・朝木直子(あさき・なおこ)〔著〕

怪死
乙骨正生(おっこつ・まさお)著

特集 東村山女性市議「転落死」で一気に噴き出た「創価学会」疑惑

特集 東村山女性市議「転落死」で一気に噴き出た「創価学会」疑惑
週刊新潮 1995年9月14日号(P136~140)
  
 
 東村山事件とは、平成7年9月1日の夜、東村山市の現職の市議会議員朝木明代氏が、東村山駅そばのビルから転落しているのが発見され、搬送された病院で死亡した事件のことです。この市議会議員は、創価学会と池田大作創価学会名誉会長を弾劾する活動をしていたことで有名でした。

 創価学会元副教学部長の野崎至亮氏は、「倉さんも東村山事件のことは聞いたことがあると思うけど」と前置きして、以下の発言をしました。

 「平成7年9月1日夜、創価学会の最高幹部から朝木議員を脅すように命じられた暴力団員2名が、朝木議員の体をビルの6階の外側に抱え上げて、創価学会に敵対する活動を止めなければ落とすぞと脅していたんです。ところが、誤って朝木議員を落として死亡させてしまった、この暴力団員2名が、創価学会の幹部のところに顔面蒼白になって駆け込んで来たんです。そこで、この創価学会幹部は、朝木議員のことは自殺として処理するので、ほとぼりが冷めるまで身を隠せと暴力団員に命じたんです。」
 
なぜ、公明党が自民党との連立を解消しないのかということについては、自民党の最高幹部の方々が東村山事件の真相を掌握しているからです。もちろん、安倍首相も、その報告を受けているとのことです。

 

 

今度は公明議員がヤジで陳謝 民主・辻元氏に「バカか」

産経新聞 6月19日(金)19時6分配信  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150619-00000589-san-pol

 安全保障関連法案を審議中の衆院平和安全法制特別委員会で、公明党の浜地雅一衆院議員(比例九州)が質問に立っていた民主党の辻元清美衆院議員に「バカか」とヤジを飛ばしていたことが19日、分かった。浜地氏は同日、事実を認め、辻元氏の事務所を訪ねて「申し訳ない」と謝罪した。


『週刊現代 1997年11月22日号』 P52~55
・元公明党都議会議員の龍年光氏が、創価学会と暴力団の関係を告発

◆◆犯罪行為はやめろ!.jpg

http://ameblo.jp/jmuzujmuzu/entry-11883545910.html

政経宣伝カー


民主・石井氏 公明党と創価学会の関係追及<日本テレビ10/16 17:06> 

 
 
民主党・石井一議員は、16日の参議院予算委員会で、公明党と創価学会の関係について追及した。審議が数回にわたって中断するなど、緊迫したやり取りとなった
 石井議員は、公明党の国会議員が「創価学会」池田名誉会長に献金をしているなどと指摘して「政教一致だ」と批判した。しかし、公明党・冬柴国交相はこの献金を否定した。

 石井議員「『P献金』というのがある。プレジデント(創価学会の)池田名誉会長を指す。国会議員一人当たり30万円徴収。公職選挙法違反なのか。これは、政治資金規正法違反なのか」

 冬柴国交相「『P献金』が何物か知らないが、そういうことはしていない」

 石井議員「よくその閣僚の席に座っていられる。この言葉は重いですよ」

 冬柴国交相「もし(P献金が)ないとなったら、あなたも(予算委員会の)委員を辞めますね?」

 石井議員「常軌を逸した発言だ。公明党というのは創価学会なんです。票を通じて今の政府を支配している。こんな構図があっていいのか

 石井議員は「政教分離を定めた憲法20条に抵触する問題だ」と指摘し、公明党を離党した福本潤一前議員の国会招致を求めた。公明党と創価学会の関係を明らかにしていきたいとの考えで、「必要に応じて池田名誉会長らに国会に来ていただきたい」と強調した。

朝日新聞(朝刊)1968年7月19日 15面
創価学会・創価学会員の組織犯罪である替え玉投票


赤旗1983年12月16日 17面
創価学会・創価学会員の組織犯罪である替え玉投票


私は、日本の国主であり、大統領であり、精神界の王者であり、思想文化一切の指導者・最高権力者である」

c7f1d7b0_convert_20120308014205.jpg


創価学会を脱会した杉田かおるさん

「杉田」 杉田かおる著
  
 
 

※創価学会・・・信じる者は救われない! 

『自由の砦』とは?

創価学会による"反社会的活動"や"人権侵害行為"によって、被害を受けてきた人々が、
創価学会の恐ろしい実態を広く世間に訴え、同じく学会の被害に苦しむ人々を救済しよう、との志によって「創価学会による被害者の会」を結成しました。
この「自由の砦」は「被害者の会」のホームページです。
支持
政党や思想の違い等を超え、創価学会問題を直視してください。 

★池田大作の問題発言【大御本尊モノ発言】

創価学会草創幹部・柏原ヤスの御供養指導

【必須】
創価学会の最新情報を得るにはこの情報

【必須】
政教分離の目指す所」を知る上で必須の参考文献


注目
創価学会の本質を知るならこの情報

政教分離を考える会

 

創価学会は仏教ではありません!日本支配を謀る〝諸悪の根源〟です! http://joshoji-hokkeko.jp/

創価学会事件簿特集「これが創価学会の実態だ!」←クリック
創価学会員へ「一日も早く脱会し、大石寺へ行こう!」←クリック
顕正会員へ「一日も早く脱会し、御本尊様を拝そう!」←クリック
◆日蓮大聖人の仏法を学びたい  ◆功徳が無い  ◆今後に不安を感じる  
◆今の大石寺を見学してみたい ◆比較して真実を確かめたい  ◆極秘で相談したい 
 など、疑問を感じている会員は、遠慮なくお寺へご相談下さい。拘束はしません。
《必見!》カルト・悪徳宗教の被害まとめ  創価の脱会者増加
「お寺に行く勇気はまだ無いけれど、疑問はたくさんある」という方は、
【こちらのフォーム】へご相談ください!誠意をもってご対応致します(秘密厳守)。  

 

『海外旅行』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 創価学会幹部の夢のような高... | トップ | 元側近中の側近(一番弟子)... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む