IZUNOHANA’s blog

古稀人(コキビト)の戯言

やっと実現・・・

2017-07-12 08:09:41 | この頃思う事

正面奥にかすかに見える島影は、多分、「伊豆大島」・・・熱海・M美術館からの眺望。

 


    ←美術館パンフより転載・拡大出来ます。

今年2月頃だったろうか、熱海・M美術館がリニューアルされたという事を聞いて、一度、その変化を確認に行こうという話を、友人としていた。
7月の私的イベントが終わった後に、企画展も開催されているようだから、そろそろ見学に行ってみようという事になった。

日時を7月11日と決めた後、友人の知人(私も知っている人)も、一緒に行ってもイイか・・・という電話が来た。
その日で良いならば、どうぞお出で下さい・・・と返事をした後に、その知人から電話が来て、別の日に変更できないか?と言う。
ハッキリ言って、私自身は別な日でも構わない状況ではあるが、11日と決めたのだから、知人の都合が悪いとしても、こちらが変更する義理は無いだろうと、無理だと断ってしまった。
知人は、では、11日で構わないのでお願いします・・・と、納得してくれた。

近頃、特に外出する場合、前もって焦点を合わせてエンジンを掛けておかないと、起動エネルギー不足で動けないのだ。
知人には、ランチを取りながら、私の体調が不調気味で、昔のように、さっと変化に対応できないから・・・と言い訳をしたけれど、多分、了解してくれたと思うが・・・

企画展「美人画の系譜」を、やはり美人は美人だなぁ(正しい理解では無いわなぁ)・・・と、感嘆しながら鑑賞した。
しかし、本日の主目的は美人画観賞ではなく、リニューアル観賞であって、友人は変わった所もあるとは言うけれど、私には、さっぱり分からず・・・つまり、日頃から注意深く見ていないという証拠だろうな。
午後4時に帰宅、その後爆睡・・・目覚めたのは真夜中12時10分前だった。

猛暑の中、日本国中、軒並み30℃以上という酷暑(風は涼しかった)を押しての観賞会であったが、ま、熱中症にもならず、程良い疲労感もあって(ランチに付けたビールの所為?)、ぶら散歩には、丁度良い距離であったと思っている。

 


 

雨を予感すると咲く(みたいな)「サフランモドキ」・・・今年も、花壇からはみ出して、アチコチで花を付けた。


 

 

『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« それなりに・・・ | トップ | 夏の、とある日は・・・ »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様~ (kyon)
2017-07-13 07:45:30
お暑いのに・・・体力温存で実現出来たのですね、良かったですね~
ステキな展望ですね・・・大島かぁ・・・懐かしや・・・
船で行きました・・・二度ほど・・・風とか波の状態で大島の寄港は二か所の内のどちらか・・・だったような記憶があります・・・見えるんですね・・・そちらから。

美人の変遷・・・なんて洒落てますね・・・カタログを大きくして見て、あぁ・・・なるほど・・・と納得・・
美人の形態が時代と共に変わるんですよねぇ・・・でも、美人は美人かぁ・・・という伊豆様のご意見、とっても正当な気がしますよ~(笑)
何が美人の元かは分からないっすけど(笑)
今の時代は化粧美人が多過ぎる気がするワタシです・・・化粧は魔物・・・ですね(苦笑)
汗だくで化粧もする気にならない状態であります・・・タハハ
見返らない美人? (伊豆の花)
2017-07-13 09:41:06
kyon様:

今日も暑いです!
そう、「大島」に行かれた事があるんですね、私は見てるだけ・・・で、一度も行った事が無いのですよ。
特に理由はないのですが、しいて言えば、何時でも行けるような気がして・・・でしょうかね。

最近、美術館通いの趣旨が変わって来まして、美術館特有の静謐感乃至世俗からの隔離感とでも言いましょうか、しばし、違う世界に漂う感じが気に入っているのでして、美術観賞には程遠い感がありますね。

「見返り美人」と言う絵もありましたが、私は「見返らない美人(つまり、後ろ姿に妙があるような)」が目標です。
えっ、化粧を怠る言い訳をしているようだ・・・ですか?
はい、その通りです!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。