IZUNOHANA’s blog

古稀人(コキビト)の戯言

「イライラ」と「怒り」について関連考!

2017-06-13 12:39:57 | この頃思う事

    

とりあえず四種類ある「花しょうぶ」・・・2年前?に、根が固く張ってしまっている株を、必死の思いで株分けしたものにも、今年は、かなりの花が咲いた・・・苦労(?)が報われた。

 



最近、診察室で聞く機会が増えたことばの一つに、「イライラします」というのがある。「ムシャクシャする」や「あと一歩で爆発しそう」というのも同じだろう・・・これまでは「気が重い」「何もする気になれない」などという“落ち込み系”が多かったが、それにかわって“吐き出し系”が増えたと言ってもいいかもしれない・・・私は、「それはさておき作戦」という話をよくする・・・とはいえ、そうやってすべての怒りやいきどおりを抑えればよい、というわけではない・・・自分が損するだけのイライラと、きちんと相手に伝えたほうがよい怒りとは違う。その見分けはむずかしいけれど、とても大切なことではないだろうか。(6月6日付毎日新聞「香山リカのココロの万華鏡」から抜粋転載・・・伊豆の花)

 

昨年中の殆どの日々を、多分、私は「イライラ」していたと思う。
それには、「それはさておき」では解消されず、結局、すべてから離脱する方法を取った。
現在、実に軽やかな気分である(肩の荷と心の縛りが取り払われた感じ)。
但し、その後の私は、「怒り」も感じないくらい無関心になってしまった。
何回かあった選挙にも忘れていて行かなかったし、ニュースなど見たくもないからチャンネルを切り替えてしまうし・・・

このコラムを読んだ時、私は人間としての務めを、何もかも、放棄している・・・と、かなりの衝撃を受けたのだ。
巷には、腹の立つ事、納得できない事、このままで良い筈がない事が、散乱・横行しているというのに・・・
私自身が高齢によるエネルギー不足なのだ等とホザイていては、他のご高齢の方々にお叱りを頂いてしまうだろう。
すべてに無関心でいる事が、少~しだけ、安住していられないと思い始めた現象の一つなのだろうか。

偶々観ていたTV映画(ブエノ・ビスタ・ソシアル・クラブ・・・キューバ・古参ミュージシャンの日常をドキュメント風描いていた)に、何時の間にか引き込まれ、意外!感銘を受けた。
生きるって、なんと美しい事か!そんな思いに駆られたのだった。

私の生きる目標も目的も、イイ加減人生では、何一つ果されていないけれど、生きているならば、まだ、何かをしなければいけない・・・そんな気持ちにさせてくれた。


「花しょうぶ」には「水田」が良く似合う・・・なぁんてね、スミマセン、名作からのパクリでした。


 

ジャンル:
おもしろい
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 収穫出来ました! | トップ | 日本の「自然と農業」を守ろ... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うんうん・・・ (kyon)
2017-06-14 08:05:37
何だかすご~く共鳴してしまった(笑)
でも、凄いですね・・・
伊豆様は自己診断した上に処方箋までご自分で処方してしまった・・・それって、凄いことだと思うなぁ。

こんな言い方は人生の先輩に対しては失礼に当たるかもしれないけれど・・・
伊豆様の処方以前の状態は鬱系だったのかな・・・そこを冷静に正確にご自分を分析しておられる・・・中々出来ません。
そこが出来ての処方なんですよね・・それはとても凄いことだと思うのです・・・
人って一種のパニック状態に陥ると冷静に第三者の目で自分を見られないじゃないですか・・・ご自分を突き放して見つめている・・・いや、しっかりとご自分と対峙されているのは凄いです。常々そうは思うんですが、中々自分と折り合いをつけるのはシンドイね・・・
勝手なワタシの思い込みかもしれない・・・あしからず・・・(^_^;)
伊豆の花さんへ (ソナタ)
2017-06-14 16:13:03
こんにちは~♪♪

花ショウブの育つ土を、柔らかくされたんですね!
花数が増えたのは、きっとショウブからのお礼ですよ。

人間も余裕のない汲々の生活では、毎日が追われてしまって、生きる意義など考えられなくなりますから、
自分で風通しを良くして余裕を生み出す必要があると思いますよ。
そんな事で、私も度々毎日の生活から飛び出すんです。 
優先順位が・・・ (伊豆の花)
2017-06-14 22:05:26
kyon様:

私、単細胞で持久力が無いというか、何事にも、長く、モンモンと考える事が苦手なんですね。
で、まず抜け出る事を優先してしまうのです。
何もスゴイ事では無いのですよ、何時も、後で、早まったかな?・・・と思ったりするのですが、もう後戻りは出来ませんから、前を見るだけなのです。

自分で決めた事ですから、何処にも文句は向けられないのですのもね。
空気の入れ替え? (伊豆の花)
2017-06-14 22:17:34
ソナタ様:

今年の花しょうぶは、気候の所為もあるのでしょうか、一気に花が咲いてしまいました。
何か、桜より潔い感じがしましたね、面白いです。

ソナタさんの濃密な日常を思うと、旅で解放される気持ちが推察出来ますよ、私の現役時代のようですもの。
現在、現役時代と違って、殆どストレスのない生活なので、旅に出たいと思う度合いが違いますが、メリハリのない日々に疲れる事がありますよ。

だから、私が、時々起こす反乱は、窓を開け空気の入れ替えをしているのであって、深い意味は無いのです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。