IZUNOHANA’s blog

古稀人(コキビト)の戯言

観ました!「中秋の名月」です

2016-09-15 20:03:34 | この頃思う事

‎                2016‎年‎9‎月‎15‎日、‏‎20:01:43撮影

 

昨晩から、夜空を仰ぎ、「中秋の名月」を撮影してやろうと待ち構えていたのですが、デジカメの多機能な操作を、全く、覚えられません(否、覚えようとしないのですが・・・)。
だから、暗闇の中の写真は、この程度にしか撮れませんが・・・現物の月は、もっと、輪郭がはっきりして、明るかったですね。

肉眼で見る「中秋の名月」は、とても幻想的な輝きで、現実離れしていて・・・まるで、地球に近づく「未確認飛行物体」を思わせるようでした。



可笑しなもので、自分で企画した催しが、無事、終了したような・・・何とな~く、ほっとしています。
2日掛かりの、「観月疲れ」です。

 


 

 

『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日の「中秋の名月」は・・・ | トップ | しば~し、幽玄な時間を・・・ »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
幻想的… (ガチャピン)
2016-09-16 00:06:52
こんばんは。
伊豆から、そして鹿児島から…中秋の名月リレー、
私も同じ月を見上げておりましたよ~。
名古屋も最初は輪郭が霞んだ様に幻想的な月でした。
のちに少し明るくハッキリと見えましたが…

たぶん雨!と勝手に決め込んで
二日前に団子を食べた私を
あの幻想的な月はなんと思っているのでしょうね…
月より・・・ (伊豆の花)
2016-09-16 07:54:38
ガチャピン様:

良いんです、良いんです!
我らは、何時でも「月より団子(あっ、花でしたっけ?)」ですから・・・

私は、昨日「お月見」をしたから、今日は「団子」にしようと、思っていますよ。
名月 (kyon)
2016-09-16 09:38:10
おお~、デカい!
やはり、画面が大きいのは見応えがありますね~~
綺麗でしたよねぇ・・・
ピッカピカで・・・どうしてあんなに輝くのかね・・・こちらは眩しい位でしたが、このくらいのホノホノした感じが優しい感じです。
う~む・・・堪能・・・(^^ゞ
伊豆の月! (モコモコ)
2016-09-16 10:16:08
こんにちは
ふふっ!1年に一回、月に奔走する(笑)

今年こそはと 去年デジカメの月の撮り方のセットを書いて壁に貼っておりましたが、いざデジカメを取り出すと充電が切れておりました(';')

まさしく、
「無事、終了したような・・・何とな~く、ほっとしています」・・一年に一回感じるところすね(笑)

どうぞ、ゆっくり観月のゆうべを楽しんできてくださいね。
妖気に・・・ (伊豆の花)
2016-09-16 19:13:51
kyon様:

ゴメンナサ~イ、観月疲れか、昼食の後、爆睡してしまいました・・・目覚めたのは、午後6時過ぎだったです。

いやいやいや、観月も出来ない(大体、徹夜してまで観察する方がオカシイですが・・・)なんて、悲しいですよねぇ。
いや、もしかして、満月の妖気に惑わされたのか・・・そう思う方が、愉快ですけれどね。
余韻を・・・ (伊豆の花)
2016-09-16 19:23:41
モコモコ様:

全く、その通りで・・・“年に一回、月に奔走”してしまうのです。
ま、この症状は、私だけでは無く、日本人皆様の満月狂い現象ですよね、そうだと言ってくださいな。

正午から6時間爆睡をしまして、ただ今、書道仲間から頂いた「ミョウガ」のお天婦羅(ご承知の通りで、姉が揚げてくれたものです)をツマミに、例のストロングを飲んでいます・・・ようやく、のんびりと満月の余韻を楽しんでいる所です。
伊豆の花さんへ (ソナタ)
2016-09-17 09:01:33
こんにちは♪♪
私もこちらで綺麗な名月を見上げましたよ。

子どもの頃、祖母が作って縁側に飾ってあった足つきの小さな赤い膳に積んだお団子を思い出します。
今の様に砂糖を余り入れなかったのか、冷めると硬くなって美味しくなかったですね。
昔の人は、何でも手作りだったので大変でした。
今はそれぞれ専業化して商品経済が発達した事を、思い知らされます。
懐かしい・・・ (伊豆の花)
2016-09-17 09:37:20
ソナタ様:

我家では、姉が孫のために、最近まで「お月見」飾りをしていましたが、もう、下の孫が中学生ですので、どうやら、止めたようですよ。
孫たちの記憶に残っていてくれたら、幸いですが・・・

昔は「盆も正月も無く・・・」と言ったら、日々の忙しさの言い訳みたいなものでしたが、現在では、ホントに、盆も正月も特別なものでは無くなりましたね・・・やはり、商品経済に呑みこまれて、その家、独自の風習が無くなりつつあるのでしょう。

私が、「中秋の名月」に惹かれるのは、そんな昔の風習が懐かしいのかも知れないですよね。

コメントを投稿

この頃思う事」カテゴリの最新記事