izumishのBody & Soul

~アータマばっかりでも、カーラダばっかりでも、ダ・メ・ヨ ね!~

2016年の終わりに

2016-12-31 14:36:43 | 日記・エッセイ・コラム

12月31日午後2時45分

注文していたおせちも届き、これで明日のお正月の準備OK !

 

毎年、過ぎた一年を振り返ることなく、すぐ次のことを考え、追われ、で幾年月。。。(?)

今日も、来年1月早々からの太極拳の行事の下準備やら、2月の練習会場の予約やら、団体に回す連絡事項、提出書類等々の準備をしている。。。

3年前から参加している「神奈川県武術太極拳連盟選手権大会」が、例年3月開催が今回は1月29日に前倒しになっていて(!!)、この用意はま〜〜ったく出来ていないしっ!

 

でもね、考えるから追われるンだ、と思って、作業を中止。この一年を振り返りをやってみたの。

 

今年は、夏から秋にかけて親しい友人が亡くなり、いつになく心に染みた秋だった。

蜷川幸雄さん、永 六輔さん、デヴィッド・ボウイ、ジョージ・マイケル(つい2〜3日前だが)・・・・若い頃から仕事で付き合いがあったり、その時代を共有していた著名なアーティストの訃報も続いて、なにかの折りに「あ、年取るって、こういうことなんだ」と感じることが多かった。 

長生きするって、人を(友人を)見送るってことなんだね〜・・・・(?)

 

また一方、映画や展覧会や本や公演や、素晴らしい作品に出会ったことも多かった。

ロパート・キナの「孤高の白鳥」に、マシュー・ボーンのバレエ「眠れる森の美女」。。。世界のトップのバレエダンサーの美しい舞台と、ダンサー1人1人の高い精神性と肉体の完成度の高さ、より高みを目指す孤独などなどに思うこと多大でありました。

夏にコレゾ室町で見た「アクアミュージアム」も、その情熱と熱意、努力があってこその素晴らしいパフォーマンスに感動!強い気持ちがあればできないことはないっ!って感じ。

シャーロット・ランプリング主演の映画「さざなみ」、ハーベイ・カイテルが出演していた「グランド フィナーレ(=YOUTH)」、福間健二監督の「秋の理由」・・・・外国の(特にイギリスやヨーロッパ系の)映画では最近は年を取ること(にまつわる話)がテーマになった作品が多い。だから、身に染みることが多いのね。

「ピエール・アレシンスキー展」では、89歳の現代美術家による自由奔放な作品に、年を取るって枠がなくなっていくことなんだ〜!と感じ入り

佐藤愛子さんの「90歳、何がめでたい!」には抱腹絶倒!

いいね〜〜。。これ読むと、楽しくなる。

(本では、宮下奈都作「羊と鋼の森」の美しい文章に感動。日頃の言葉使いの悪さを反省)

 

若い頃は、自分より年上が好みだったけど、今となっては年上は老齢にさしかかり、自分が『年上と思っていた年代』になっている。

付き合う遊び(男)友達は昔から年上が多かったから、彼らが年取るにつれて、最近はライブやバーや夜遊び系はすっかり遠ざかり。

ではあるが、本や映画や、展覧会などを観ると、やっぱり人生の先輩の生き方や心情に興味が引かれるのでありました。。

 

 

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 形意拳講習会の続き~太極拳... | トップ | クラーナハ展で、”怖〜い絵画... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。